経営指標の活用は黒字経営の基本

中小企業の経営指標一覧表

中小企業の経営指標一覧表

 

経営指標とは、経営の目標となりうるひとつの基準のことです。

 

・目標のある経営

 

・目標のない経営

 

ハッキリとした将来が見えるのは「目標のある経営」です。

 

中小企業の会社経営の道筋を立てるうえで経営指標は大変有効に機能します。

 

しかしながら、経営指標を有効に活用している中小企業の数は意外と多くありません。

 

下のグラフは経営指標を運用する管理会計の導入率と赤字率を示したものです。

 

 

中小企業の管理会計導入率と赤字率は相関がとれています。

 

つまり、黒字経営と赤字経営の分かれ道は経営指標の活用次第ということです。

 

 

経営指標は中小企業の黒字経営を支える!!

 

経営指標の分析に用いる主なデータは財務諸表に記載されている「会社の数字」です。

 

会社の数字は経営判断の重要な根拠になります。

 

なぜなら、事業結果のすべては、会社の数字に表れているからです。

 

会社の数字と経営指標の関係性を理解すれば、様々な局面において自信を持って経営判断を下せる根拠材料を手にすることができます。

 

・根拠のある経営判断

 

・根拠のない経営判断

 

倒産の危機に瀕する中小企業に共通する特徴は「根拠のない経営判断」を繰り返している、ということです。

 

 

根拠のない経営判断ほど恐ろしいものはありません。

 

中小企業が活用すべき経営指標を財務諸表毎に一覧表で紹介しています。

 

それぞれの経営指標の意味と機能を理解し、根拠のある経営判断材料の一端としてご活用ください。

 

 

貸借対照表を用いて分析する「使える経営指標一覧表」

 

現金・預金

貸借対照表の資産項目です。会社はお金で始まりお金で終わります。つまり、お金が無くなると死(倒産)が訪れるという事です。「現金・預金」残高は常に増加傾向が望ましいです。最低でも横ばいです。

 

純資産

貸借対照表の純資産項目です。純資産とは、会社の総資産から総負債を差し引いた純粋な資産価値のことです。中小企業の場合は会社の売買価値と考えても差し支えありません。「純資産」残高は常に増加傾向が望ましいです。最低でも横ばいです。

 

当座比率

当座比率は会社の支払能力を示す経営指標です。当座比率は、1年以内に現金化される流動資産の中でも換金性の高い現金、売掛金、受取手形等の当座資産と1年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて算出します。

当座比率=(当座資産÷流動負債)×100

 

流動比率

流動比率は会社の支払能力を示す経営指標です。流動比率は、1年以内に現金化される流動資産と1年以内に支払期限が到来する流動負債を用いて算出します。

流動比率=(流動資産÷流動負債)×100

 

固定比率

固定比率は購入した固定資産が自己資金でどの程度まかなわれているかを示す経営指標です。固定比率が小さければ自己資本の占める割合が大きく、固定比率が大きければ自己資本の占める割合が小さいということになります。

固定比率=(固定資産÷自己資本)×100

 

負債比率

負債比率は返済義務のない自己資本と返済義務のある負債である他人資本のバランスを示す経営指標です。負債比率が小さければ返済余力が高く、負債比率が大きければ返済余力が低いということになります。

負債比率=(負債÷自己資本)×100

 

自己資本比率

自己資本比率は会社の総資本(負債の部+資本の部の合計)に占める自己資本の構成比率のことで、会社の資本力や安定経営の度合を示す経営指標です。

自己資本比率=〔自己資本(純資産)÷総資本(負債の部+資本の部の合計)〕×100

 

 

損益計算書を用いて分析する「使える経営指標一覧表」

 

売上

損益計算書の収益項目です。商品やサービスの対価として受け取る会社の収入です。「売上」は増加傾向~横ばい維持が望ましいです。

 

売上原価

損益計算書の支出項目です。売上に対応する仕入等の支出です。少ない売上原価で大きな売上を作ることが儲かる経営の原則です。

 

売上総利益

損益計算書の収益項目です。売上から売上原価を差し引いた会社の収入です。売上総利益のことを「粗利(あらり)」ともいいます。売上総利益が多いほど販売管理費(経費)を賄う余力が大きくなります。

 

販売管理費

損益計算書の支出項目です。売上に対応する経費の支出です。売上原価同様、少ない経費で大きな売上を作ることが儲かる経営の原則です。

 

営業利益

損益計算書の収益項目です。売上総利益から販売管理費を差し引いた会社の収入です。営業利益は本業の儲けを示す重要な経営指標です。営業利益がプラスであれば黒字経営で、マイナスは赤字経営です。常にプラスが絶対条件です。また、営業利益は中小企業が最も重要視すべき利益指標です。

 

売上総利益率

売上総利益率は、売上に占める売上総利益の構成比のことで、会社の収益性を示す経営指標です。粗利率(あらりりつ)ともいいます。売上に占める売上総利益の構成比が高ければ高いほど、商品、またはサービスの付加価値が高いといえます。

売上総利益率=(売上総利益÷売上)×100

 

売上原価率

売上原価率は、売上に占める売上原価の構成比のことで、会社の収益性を示す経営指標です。売上に占める売上原価の構成比が小さければ小さいほど、商品、またはサービスの付加価値が高いといえます。

売上原価率=(売上原価÷売上)×100

 

売上成長率

売上成長率は、会社の売上が、どの程度成長したかを示す経営指標です。売上成長率をみれば会社の将来性が見えてきます。また、会社の売上成長率の適正具合が判定できれば現時点の立ち位置が分かり、今後の対策を立てやすくなります。

売上成長率(単年成長率)=〔(当期売上高-前期売上高)÷前期売上高〕×100

 

売上総利益高営業利益率

売上総利益高営業利益率は、売上総利益に占める営業利益の構成比率のことで、どんな業種業態にも共通して使える適正な利益目標を示す経営指標です。売上総利益に占める営業利益が大きければ大きいほど収益性の高いといえます。

売上総利益高営業利益率=(営業利益÷売上総利益)×100

 

労働分配率

労働分配率は、会社の分配可能な収益である売上総利益が、どの程度労働の対価(人件費)に支払われているかを示す経営指標です。労働分配率の高い会社は沢山の労働力を要する人的投下が大きい労働集約型の企業で、労働分配率の低い会社は少ない労働力で済む人的投下の小さい資本集約型の企業といえます。

労働分配率=(人件費÷売上総利益)×100

 

付加価値

付加価値は会社の収益性を計る経営指標です。付加価値は、ある「モノ」が有している価値と、それを生み出す元となった「モノ」の価値との差のことです。一般的には、付加価値の金額が大きいほど、社員の給与水準と会社の利益水準が高い傾向にあります。

付加価値=総人件費+営業利益

 

1人1時間当たりの付加価値

1人1時間当たりの付加価値とは1人の社員が1時間働いて生み出す会社の付加価値のことです。社員1人1時間当たりの付加価値は、会社の収益性と労働生産性を計る経営指標です。

1人1時間当たりの付加価値=付加価値÷総労働時間

 

損益分岐点売上高

損益分岐点売上高とは、損失が出るか利益が出るかの境目、つまり会社の採算ラインを示す経営指標です。

損益分岐点売上高=固定費÷(1-売上高変動比率)

 

借入限度額

借入限度額は返済能力の安全性を計る経営指標です。会社が銀行借入を検討する際に活用する経営指です。

借入限度額=過去3年分の経常利益の平均×50%×”5~10”

 

在庫回転率

在庫回転率は、商品が効率よく売上に転換されているかを計る経営指標です。在庫回転率は、主に、製造業、小売業、卸売業で重要視する経営指標の一つです。在庫回転率が高いほど、効率よく商品が販売されているということです。

在庫回転率(回)=〔年間売上高÷(商品在庫数×商品売価

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

経営カテゴリ一覧に戻る

 

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ