持続的成長企業の本質

持続的な成長企業を作る経営手法を理解する

持続的な成長企業を作る経営手法を理解する

 

経営とは、営みを経(続)けるということである。

 

つまり、未来永劫、倒産させることなく会社経営を持続させることが経営の本質だ。

 

企業の存続を支える要素は、持続的な成長である。

 

当然ながら、持続的な成長企業に変貌できなければ、いづれ経営が行き詰る。

 

逆に、持続的な成長企業に変貌することさえできれば、経営は行き詰ることなく、100年、200年続くといえる。

 

ひとことに「持続的な成長企業」といっても、その定義はさまざまある。

 

例えば、右肩上がりの売上を実現し続けている持続的な成長企業は果たしてどのくらいあるだろうか?

 

 

グラフにするとよく分かるが、右肩上がりの売上を実現し続けている持続的な成長企業は現実的には殆どない。

 

ましてや、中小零細企業であればなおさらである。

 

たとえ創業100年、200年と続く老舗企業であっても、右肩上がりの売上を実現し続けている持続的な成長企業は決して多くない。

 

殆どの老舗企業は一定の売上成長の後に売上が横ばい(微増)傾向に移行する。

 

 

右肩上がりの売上を実現していなければ持続的な成長が破綻しているのかというと、そうではない。

 

見た目的には売上が止まっているが、じつは、「売上の中身」を変えながら持続的な成長を遂げている成長企業もあるのだ。

 

 

変化しながら持続的な成長を遂げる企業経営とは?

 

人間の細胞は数年で全てが入れ替わるという。

 

企業も一緒である。

 

企業を構成する商品や社員、そして経営者にも寿命があり、時間の経過と共にすべてが入れ替わっていく。

 

企業を取り巻く経営環境が、持続的に不変であるということはあり得ない。

 

当然ながら、商品を愛用している顧客も一定のサイクルで入れ替わる。

 

じつは、商品寿命に比べて、顧客の寿命サイクル(入替り)は非常に早い特徴を持っている。

 

一般的には、

 

▶安定20%

 

▶不安定60%

 

▶常に入替り20%

 

の割合で、最低20%は僅か1年で入れ替わるといわれている。

 

顧客が入れ替わる原因は、

 

▶競合品の台頭

 

▶品質やサービスの低下

 

▶品質やサービスの陳腐化

 

など等、挙げたらキリがないが、何れにしろ、顧客の離脱は企業の持続的な成長を阻害する由々しき事態である。

 

また、売上の中身が変わるのを傍観しているだけでは、持続的な企業成長が破たんし、売上は減少の一途を辿ってしまう。

 

少なくとも毎年発生する自然離脱(約20%)の売上減少をカバーするだけの企業努力を継続しなければ、持続的な成長企業に変貌することはできない。

 

つまり、右肩上がりの売上を実現するだけが持続的な成長ではなく、現状維持の売上も立派な持続的な成長といえるのだ。

 

 

持続的な成長を遂げるための企業経営とは?

 

持続的な成長企業に変貌するには「弛まぬ企業努力」が不可欠である。

 

例えば、

 

▶生産性と利益改善

 

▶商品やサービスの品質追求

 

▶テクノロジーの活用や技術革新

 

など等、持続的な成長を支える企業努力はたくさんある。

 

弛まぬ企業努力を継続すると、たとえ売上が一定でも、次第に商品の付加価値が上がり、最終利益が増加傾向に推移し始める。

 

この状態のキープ時間が長ければ長いほど、高付加価値&高収益体質が盤石なものになっていく。

 

創業100年、200年と続く持続的な成長を実現する企業経営の秘訣はここにある。

 

つまり、企業の持続的な成長の原点は「弛まぬ企業努力」にあるのだ。

 

メリットはこればかりではない。

 

創業年数が経過すればするほど「信頼」という無形資産の価値が大きくなる。

 

例えば、創業100年という文言が商品にあるとなしでは信頼感に大きな差が生じる。

 

信頼感は購入心理を突き動かす大きな要因になる。

 

また、企業努力の効果を飛躍的に上げる効果もある。

 

例えば、新参企業が10の努力をしなければ購入に結び付かないものが、老舗企業では3の努力で済むことがある。

 

このように「企業の信頼」は優れた経営資源として活用できるのだ。

 

但し、注意も必要だ。

 

企業の信頼が資産価値を帯びるまでには50年~100年という途方もない時間を要すが、失墜するのは一瞬であるということだ。

 

企業の信頼を失墜させないためには、常に油断することなく誠実な姿勢で企業努力に邁進しなければならない。

 

なお、企業の器の大きさは、経営者の器の大きさに比例する。

 

経営者が自分の器の大きさを無視して際限なく売上拡大を追求していくと、何れ経営のバランスは崩れ、持続的な成長が破綻してしまうことがある。

 

「足るを知る」という言葉通り、経営者の器に合った売上規模に達した時点で、足元を固める企業経営に舵を切るのも賢い選択である。

 

何れにしろ、弛まぬ企業努力なくして中小企業の持続的な成長はあり得ない。

 

➡NEXT「売上低迷の原因を捉え売上を上げる方法」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談