情報力は経営力を高める

経営力を高める情報収集法

経営と情報|経営力を高める情報収集法

 

情報を制するものは、経済を制するといわれていますが、情報の影響力は経済だけに留まりません。

 

権力、政治、戦争、そして会社経営に至るまで、情報の優劣如何で勝敗が決する領域は数多にあります。

 

たとえ相手よりも能力が劣っていたとしても、情報の優劣如何で勝負に勝てることもあります。

 

例えば、日露戦争はロシアよりも優位な情報を掴んだ日本が勝利しましたが、第二次世界大戦では、連合国よりも情報に劣った日本が敗北しました。

 

また、情報先進国の英国では、情報交換を主としたクラブが数多にありました。

 

有益な情報を持っている人間はすんなりクラブに入会できましたが、情報に乏しい人間はクラブに入会することもままならないケースもあったようです。

 

多くの先進国では、メディアからは得られない有益な情報を、未だに人と人のコミュニケーションで入手するという文化が残っています。

 

大きなメディアほどスポンサーの支配下にありますので当然と言えば当然ですが、何れにしても、情報の価値というのは勝敗を決定づける大きな要素であることに変わりありません。

 

 

会社経営における情報の価値とは?

 

情報の価値は、会社経営においても重要なものになります。

 

例えば、利に敏感なユダヤ人や華僑のビジネスマン、或いは、江戸時代の大阪商人などは徹底して有益な情報を集め、相場支配を強めていました。

 

当然ながら、有益な情報をもとにした相場取引は経営として成り立ちますが、情報のない中での相場取引は、ただの賭博と変わりありません。

 

ただの賭博ですから儲かるのは至難の業でしょう。

 

経営と賭博、、、

 

情報の優劣ひとつで、会社経営の性格は全く異質なものになってしまいます。

 

 

経営力を高める情報収集法とは?

 

中小企業の経営者が何か経営で困ったことに直面した場合、その筋の専門家、或いは役所に足を運んで情報を確認するという行動が普通だと思います。

 

法律問題であれば、弁護士さんや法務局へ、

 

税務問題であれば、税理士さんや税務署へ、

 

経営問題であれば、経営コンサルタントや中小企業庁へ、など等です。

 

近所のおじさんおばさんに意見を求める中小企業経営者はいないでしょうし、テレビ等のメディア、或いは、インターネット検索で入手した知識がそのまま通用すると思っている中小企業経営者はいないでしょう。

 

情報が経営に与える影響の大きさを肌で感じている経営者であればあるほど、情報の扱いに敏感です。また、情報を武装してくれるブレーンの活用法も上手です。

 

昨今は情報だけでなく、ビジネスや文化、世間や人間の価値観など等、会社経営を取り巻くあらゆる方面の多様化が進んでいます。

 

最早、単一的、或いは近視眼的な情報収集だけで的確に経営判断を下せるような、単純な経営環境にはありません。

 

このような経営環境において重要なことは、経営者自身が、如何にフラットな気持ちで情報収集を行えるか、そして、その情報を的確に分析判断する技術を如何に身につけるかが大切なポイントになります。

 

 

会社経営に影響を与える情報とは?

 

中小企業の会社経営に大きな影響を与える情報は沢山ありますが、中でも重要な情報を紹介します。

 

会社の数字

 

会社の数字を無視した会社経営は何れ破綻します。

 

どんな売上があって、どんな経費がかかって、どの程度の利益が残っているのか?

 

常日頃から会社の数字を把握していないと、損失の兆しを感知できないばかりか、的確な経営改善もままなりません。

 

経営と数字は切っても切れない関係にあります。

 

会社の数字ほど重要な情報はありません。

 

 

会社の商品・サービス

 

会社の商品・サービスを知らずして市場競争に生き残るのは至難の業です。

 

商品・サービスのどこに強みがあり、どこに弱みがあるのか?

 

常日頃から会社の商品・サービスを深く理解していないと、提供する価値を高めることも、市場で優位な立場をとることもままなりません。

 

中小企業の場合、経営者自身が、商品・サービスのことを誰よりも理解していないと、なかなか経営力が高まりません。

 

なぜなら、トップダウン構造にある中小企業において、営業部隊、開発部隊、管理部隊の先頭に立っているのが経営者自身だからです。

 

会社の牽引者である経営者は、社内のだれよりもプロ意識を持たなければならないのです。

 

 

会社のお客様

 

会社のお客様は、経営力を高める優れた情報源です。

 

お客様の喜びや不満を如何に感知し、如何に経営に活用するかで、会社の競争力は大きく変わります。

 

上場企業の中には、社長自らが素性を隠してお客様と触れ合って、経営に活かせる情報を収集している会社もあるようです。

 

自社と他社の差は何だろうか?

 

自分の会社の優れた部分は何だろうか?

 

自分の会社に不足しているものは何だろうか?

 

世の中に溢れているあらゆる商品、或いはあらゆるサービスを様々な角度から見たうえで選択し、さらには身銭をきって、その会社の商品やサービス利用しているお客様は、その商品やサービスの良し悪しに関わる情報を最も熟知している人物でもあります。

 

お客様からのご意見やご指摘は、会社を成長させる有益な情報と位置づけ、真摯に対応することが大切です。

 

➡NEXT「経営を誤らない意思決定の方法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ