低コスト体質が中小企業の成長を加速する!

コスト削減/経費削減の方法

コスト削減/経費削減の方法

 

コスト削減(経費削減)は、会社の事業価値を高めるうえで必要不可欠な活動である。

 

なぜなら、同じ商品を競合他社よりも低コストで提供できれば、市場競争を優位に展開することが可能になるからだ。

 

市場での優位性が高まれば、結果として事業価値も高まり、会社の競争力はますます強化される。

 

会社の事業価値、いわゆる、利益(収益)は、売上の最大化と経費の最小化の掛け算で大きくなるので、コスト削減(経費削減)は会社経営に一生ついて回る、最重要課題といっても過言ではない。

 

また、資本力に乏しい中小企業にとって、低コスト体質は成長に不可欠な条件である。

 

会社が低コスト体質であれば、営業力、販売力、機動力、開発力、など等、すべての経営活動の収益力が高まり、成長スピードが加速するからだ。

 

低コスト体質を構築するには、持続的なコスト削減が欠かせないが、コスト削減に頭を悩ます中小企業経営者は少なくない。

 

事実、コスト削減は、中小企業庁に寄せられるお悩みトップ3に入るほど多くの経営者が悩んでいる課題である。

 

わたし自身も、コスト削減に取り組もうにも「どこから手をつけて良いのか分からない」、「経費削減の効果が出ているのか分からない」など等、コスト削減の方法に悩みを抱える経営者を数多に見てきた。

 

早速、今日から簡単に実行できる、中小企業に適したコスト削減(経費削減)の方法を紹介していこう。

 

 

コスト削減/経費削減の第一歩

 

売上を作るために必要な経費のことをコストという。

 

必要不可欠なコストばかりであれば、すべてのコストが無駄なく売上に貢献しているということになるが、そのような状況の会社は現実的には殆どない。

 

どんな会社にも無駄なコストが存在する。

 

とはいっても、コスト削減は闇雲に進めても正しい効果が出ない。

 

場合によっては、会社衰退のきっかけを作りかねない。

 

例えば、コストを削減した途端に品質やサービスが劣化した、コストを削減した途端に売上が減少し始めた、など等の状況を誘発してしまっては元も子もない。

 

正しいコスト削減を進めるうえでの必須条件は、現状把握である。

 

つまり、売上に対してどのような経費が、どのくらい使われているのかを集計することが、コスト削減の第一歩である。

 

コストの集計は、必ず年単位で行う。

 

なぜなら、コストの中には1年の内にひと月しか発生しない一過性の経費が混入しているからだ。

 

(ちなみに、経営分析をする場合、単月比較や単月集計は殆ど役に立たないので、この年計の集計手法は是非覚えてほしい)

 

1年の売上、つまり、年商に対して、すべての経費の科目(種類)と、それぞれの経費の金額が正確に集計されると、その会社の売上と経費の実態(関係性)が明確に表れる。

 

 

コスト削減/経費削減のターゲット

 

経費の集計が終えたら、次のステップへ移行する。

 

まずは、経費の金額を降順(金額の大きいものから小さいものへ並べる)に並べ替える。

 

続いて、上位トップ5の経費をコスト削減のターゲットに選定する。

 

殆どの会社はトップ1が人件費になるはずだ。トップ2からトップ5までは会社の特性によって変わってくる。

 

売上に対するコスト構成比率が大きな経費は、売上への貢献度が大きい反面、コスト削減の効果が大きいというメリットがある。

 

この他にも、一般的に費用対効果が低い、「保険料」、「諸会費」、「地代家賃等の固定費」なども、お薦めのターゲットだ。

 

なお、将来の効果が見込まれている意図的な先行投資費用などは、コスト削減のターゲットから外す。

 

 

コスト削減/経費削減のマイナスリスク検証

 

コスト削減のターゲットが決まったら、後は、コスト削減方法の検討、並びに、コスト削減方法のマイナスリスクを徹底的に検証する。

 

マイナスリスクとは、そのコスト削減策を実行した場合に起こるかも知れない経営悪化要因のことである。

 

例えば、売上が下がる、顧客が離れる、顧客や取引先の不満が高まる、など等の経営悪化要因だ。

 

マイナスリスクの検証を疎かにすると、経営改善のためのコスト削減が、経営悪化のきっかけを作りかねない。

 

従って、マイナスリスクの検証は慎重を期して緻密に行わなければならない。

 

▶マイナスリスクが低い場合は「コスト削減を実行」

 

▶マイナスリスクが高い場合は「コスト削減を見送り」

 

▶コスト削減後に想定以上のマイナスリスクが表面化した場合は「元に戻す」

 

といったマイナスリスクの検証を繰り返しながらコスト削減に取り組むと、経営悪化のリスクを抑えながらコスト削減の効果を上げることができる。

 

 

コスト削減/経費削減の効果測定に使える経営指標

 

コスト削減の効果測定に使える経営指標は「売上総利益高経費率」である。

 

計算式は下記の通りだ。

売上総利益高経費率=(経費÷売上総利益高)×100

 

売上総利益高経費率の優良ラインは80%である。

 

コスト削減と共に売上総利益高経費率をモニタリングすると、削減効果をリアルタイムで把握することができる。

 

経費水準のモニタリングは、コスト削減の効果が実感できるばかりではなく、コスト上昇の早期発見も可能になるので、是非、導入してほしい。

 

➡NEXT「会社の成長は仕事の優先順位で決まる」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談