経営者の判断力と決断力を磨く

経営の根幹を支える判断力と決断力

判断力と決断力|経営の根幹を支える判断と決断

 

中小企業の経営者に求められる仕事の代表格は、判断と決断です。

 

会社の最高責任者である経営者が物事を判断し決断する。そして、その判断と決断が正しいのか、正しくないのかを常に検証する。それが中小企業の経営者に求められる仕事です。

 

経営者が、こう判断すれば会社が良くなる、或いは、こう判断すれば会社が悪くなる、といった物事の良否を判断し、その判断をベースに物事を決断するところから会社の歴史は始まっていくのです。

 

そして、最も重要なのは、経営者の判断と決断が正しくなければ、会社の存続はないということです。

 

 

経営者の判断力と決断力を磨くには?

 

判断と決断は、中小企業経営者の最も大事な仕事といえます。

 

なぜなら、判断しない経営者、或いは、決断しない経営者のもとで、会社が成長発展することはないからです。

 

会社を成長発展させるためには、日々、スピード感を持って、正しい判断と決断を行使しなければなりません。

 

・こう判断すれば会社が良くなる

 

・こう判断すれば会社が悪くなる

 

会社の成長発展を実現するには、如何に正しい判断と決断を繰り返すことができるか、が重要なポイントとなります。

 

当然ながら、誤った判断と決断を繰り返していれば、成長発展どころか、加速度的に衰退の方向に傾いて行ってしまいます。

 

経営者の判断力と決断力を磨くには、経営者自身が率先して物事のブラックボックスを排除することが不可欠です。

 

なぜなら、物事がブラックボックス化してしまい原理原則が見えなくなってしまうと、判断の根拠材料が乏しくなり、結果として判断と決断を誤るリスクが高まってしまうからです。

 

あやふやな判断に基づいた選択肢から正しい決断を生み出すのは困難を極めます。

 

やはり、物事の原理原則に則った根拠材料がなければ正しい判断と決断は生まれません。

 

なにも世の中のブラックボックスを全て解明する必要はありません。

 

自身の会社に関わる範囲だけでいいのです。

 

 

判断力と決断力に直結する物事の原理原則とは?

 

中小企業の経営者は最低限、自身の会社の判断と決断に関わる物事についての原理原則を抑えておく必要があります。

 

商売原理、商品製法、サービス原理、会社の数字など等、その範囲は決して狭くはありませんが、コツさえ押さえれば原理原則は簡単に抑えられます。

 

例えば、

 

・簿記や経理作業は覚える必要はありませんが、会社の数字の重要性は知る必要があります

 

・作業や職人技術を覚える必要はありませんが、作業原理や技術原理は知る必要があります

 

など等、現場の仕事を覚える必要はありませんが、会社の仕事と数字の原理原則はしっかり知る必要があります。

 

仕事の原理原則が分かっている経営者は、仕事の苦労や社員の苦労を手に取るように理解するものです。

 

また、会社の数字の重要性が分かっている経営者は、経営判断の結果である数字を根拠にした判断と決断を行使しますので、大きく経営を誤ることがありません。

 

 

判断力と決断力を磨く重要な要素

 

中所企業の経営者が自身の判断力と決断力を磨くうえで不可欠な要素は、会社の「仕事」と「数字」の原理原則を理解するだけにとどまりません。

 

もう一つ、会社の仕事と数字と並んで重要な要素があります。

 

それは、会社の「商品とサービス」の原理原則をしっかり理解することです。

 

商品とサービスの原理原則、つまり、商品とサービスの「強みと弱み」は、会社の中で誰よりも経営者が深く理解していなければなりません。

 

なぜなら、強みと弱みを読み間違えると、会社経営の判断と決断を誤ってしまうからです。

 

資本力の乏しい中小零細企業にとって経営判断のミスほど怖いものはありません。

 

会社の仕事

 

会社の数字

 

会社の商品とサービス

 

この3つの原理原則をしっかり理解した上で、正しく物事を判断し決断する。

 

このサイクルを繰り返していると、判断力と決断力が磨かれて、しかも、それを瞬時に行使できる経営者になっていきます。

 

直感的に、こっちがいい。或いは、あっちがいい、というように、直観力も研ぎ澄まされていきます。

 

「仕事」、「数字」、「商品とサービス」の原理原則の理解度次第で会社経営の存続が決まるといっても過言ではありません。

 

当然ながら、どれが欠けても中小企業経営者の判断力と決断力は鈍ってしまいます。

 

禅僧の開祖である達磨大師は「面壁九年」の末に悟りを開いたと云われています。

 

経営者も時には自身の会社の「仕事」、「数字」、「商品とサービス」とじっくり向き合うことが必要です。

 

中小企業経営者の知恵の源泉は、そのような姿勢から生まれるものです。

 

➡NEXT「経営を支える予算管理の作成と運用方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ