中小企業の生産性向上方法

製造業の生産性向上方法

製造業の生産性向上方法

 

生産性は、常に「経営資源の投下」と「経営資源が生み出す収益」が対の関係にあります。

 

つまり、生産性が高い会社は、少ない経営資源で大きな収益を、生産性の低い会社は、大きな経営資源で少ない収益を生み出していることになりますので、生産性は、会社経営の良否を左右する重要な要素のひとつといっても過言ではありません。

 

事実、できる限り生産性を高めて、収益力を高めたいと考えている経営者は少なくないのではないかと思います。

 

中小企業の生産性には、経済界からも厳しい目線が向けられています。

 

例えば、「生産性の低い中小企業が日本経済の脚を引っ張っている」という大企業経営者や経済学者の論調をたまに見かけます。

 

先般も、大企業の社長を数社歴任した経験のある経営者が同じようなことを新聞取材に答えていました。

 

中小企業の生産性を上げさえすれば日本経済が上向くという考え方は、少し飛躍しているように感じます。

 

なぜなら、大企業と中小企業の生産性のスタンスは、全く違うからです。

 

特に、日本のモノづくりを担う中小零細の製造業は、その違いが顕著に表れます。

 

じつは、中小零細の製造業が大企業と同じ方法で生産性を高めると、誤った方向に経営が誘導されてしまう可能性があります。

 

それでは一体??

 

大企業と中小企業の生産性のスタンスの違いとは、どのようなものなのでしょうか?

 

 

製造業の生産性向上の方法とは?

 

大企業の製造業が実践している生産性向上の方法は、徹底した合理主義の推進です。

 

製造ラインであれば徹底した自動化や無人化、品質管理であれば徹底した数値基準というように、合理主義を徹底することで生産性を高めるという方法が主流です。

 

一方、中小零細の製造業はどうでしょうか?

 

手仕事の工程があり、人の手で品質を管理する、或いは、人の手で最終品質を手直しするといった非合理な部分があり、合理主義を簡単に導入できない会社が殆どではないでしょうか?

 

無理やり非合理な部分を合理化してしまうと、独自性のある商品開発力や機械では再現できない技術力が無力化してしまうという会社もあるでしょう。

 

生産性を高めた結果、会社の付加価値が棄損してしまっては元も子もありません。

 

このように、中小零細の製造業が生産性向上の方法を誤ると、生産性が高まるどころか、会社の存続が危うくなる事態を招くことがあります。

 

 

非合理との決別には危険が潜んでいる

 

大企業の合理主義に習って生産性を飛躍的に高め、事業規模の拡大に成功した中小零細の製造業者がいるのは事実ですが、そのような中小企業には、必ず「匠の手心(たくみのてごころ)」を持っている経営者の存在があります。

 

匠の手心とは、端的にいうと「ものづくりの勘」です。

 

ものづくりの勘は、非合理のモノづくり、つまり、ホンモノ(原理原則)を体得しなければ身につかないものです。

 

匠の手心があれば、「こうすればもっと良くなる」、「この問題の原因はここにある」、「この変化を見逃すと大きな品質事故が起きる」など等、機械や数値だけでは感知できない領域をリカバーすることができ、独自性のある商品開発力や機械では再現できない技術力をキープすることができます。

 

当然ながら、匠の手心を持つ人間が会社からいなくなり、非合理のモノづくり(ホンモノ・原理原則)を知らない社員や後継者だけになってしまうと、独自性のある商品開発力や機械では再現できない技術力が低下してしまうことは容易に想像できるでしょう。

 

 

賢い生産性の高め方

 

合理主義に習って生産性を高めることは悪い選択ではありません。

 

大切なのは、非合理を全て捨て去らないことです。

 

一度、非合理を全て捨て去ってしまうと、匠の手心が会社から失われてしまい、一時的には生産性が高まったとしても、結果として企業の存続が危ぶまれることがあります。

 

長い年月をかけて培った高い開発力や独自の技術力をもっている中小零細の製造業であれば、なおさらです。

 

非合理をすべて捨て去るのではなく、小さな規模でも非合理部分を残すことが、生産性を向上させ、尚且つ、企業の寿命をのばす賢い方法です。

 

事実、大企業の合理主義に習って生産性を飛躍的に高め、事業規模の拡大に成功した中小零細の製造業者のなかには、昔ながらの製造ライン(手仕事ライン)を小さく残し、数量限定の商品づくりを継続している会社があります。

 

非合理と合理が混合した製造体制が確立されると、手仕事の知恵(ノウハウ)、つまり非合理な部分を継続的に合理化する仕組みが作れますので、独自の開発力や技術力が低下することはありません。

 

むしろ、生産性の向上と共に、独自の開発力と技術力も向上していきます。

 

生産性向上という短期的な目線ではなく、先の先を見据えた長期的な目線を持った会社経営こそ、中小企業が長く生き残る秘訣でもあるのです。

 

 

無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」

本書は実務に活かせる労働生産性の改善手法に焦点を絞っていますが、実は様々な経営改善に応用できる経営ノウハウ書でもあります。小さな改善も継続すれば大きな改善に繋がり、会社に多大な利益をもたらします。確実に入手されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」をダウンロードする

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「成長発展を支える経営技術」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営の勉強を基本原則から学ぶ
経営のことを勉強するのであれば、基本原則から学ぶのが最も有効な方法です。経営者が抑えるべき経営の基本原則と共に、経営の勉強をする上での大切なポイントを紹介しています。
会社経営の手法は何が正しいのか?
巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?
運転資金の把握は経営の基本技術です
運転資金の把握は、普段の会社経営のみならず、新規事業、事業買収や吸収、事業の立て直しなど全ての局面における会社経営を成功に導く基本になります。安定経営と運転資金について説明しています。
飛躍的に業績を上げる方法
飛躍的に業績を上げるには、現状とあるべき姿をしっかり捉えることが必要です。当然ながら、現状認識を誤ると業績は悪化します。しっかり業績を上げる具体的方法を紹介しています。
持続的成長を支える企業経営を理解する
持続的成長なくして企業の存続はありません。持続的成長さえできていれば経営が行き詰ることはありません。持続的成長を支える企業経営の仕組みを紹介しています。
売上低迷の原因を捉え売上を上げる方法
売上が低迷する原因は低迷の予兆を見逃すところに第一の原因があります。特別な経営技術がなくても売上低迷の原因は見抜けます。売上低迷を見逃さない方法と共に売上を上げる方法を紹介しています。
従業員の不満を捉え満足度を上げる方法
従業員の不満を捉え満足度を上げるには不満の種を見逃さない経営技術を身につけることが大切です。経営者が身につけておきたい従業員の不満を捉える具体的手法と共に満足度を上げる方法を紹介しています。
中小企業の経営指標一覧表
経営指標とは経営の目標となりうるひとつの基準です。中小企業の会社経営の道筋を立てるうえで経営指標は大変有効に機能します。中小企業が活用すべき経営指標を一覧表で紹介しています。
経営目標と経営目標管理シートの記入例
経営目標は将来のあるべき姿を表します。経営目標がなければ経営者も社員達もどこに向かって進んでいいのか分からなくなってしまいます。経営目標と経営目標管理シートの記入例を紹介しています。
使える経営目標と使えない経営目標
使えない経営目標を闇雲に掲げてしまうと、的外れな経営改善、或いは非効率な経営改善に陥ることがあります。使えない経営目標と使える経営目標の一例を紹介しています。
中小企業の社員教育を成功させる秘訣
社員のレベルの低さに思わず嘆く中小企業経営者は少なくありません。中小企業の社員教育は社長自身が積極的に関わらない限り成功しません。中小企業の社員教育を成功させる秘訣を紹介しています。
倒産防止共済に頼らずに倒産を防止する秘訣
倒産防止共済(保険)に頼って日々の経営を疎かにしてしまっては、企業の発展成長は見えてきません。やはり、保険に頼ることなく安定経営の基盤を作ることが最も安全な保険といえます。主な倒産防止対策を紹介しています。
数字に強い経営者はここが違う!
経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。
スワット(SWOT)分析で会社の強みと弱みを知る方法
スワット(SWOT)分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長に導く経営戦略を考える情報分析手法のことです。会社の強みと弱みを成長に繋げる具体的手法を紹介しています。
経営管理手法と安定経営の極意
会社経営は何でもかんでも管理すれば良いというものではありませんが、最低限おさえなければならない経営管理を放棄してしまっては不安定な経営に陥ってしまいます。経営管理手法と安定経営の極意を紹介しています。
経営の根幹を支える判断力と決断力
物事を判断し決断する。その判断と決断が正しいのか、正しくないのか、常に検証する。それが会社経営の根源です。経営者の判断力と決断力を磨くコツを紹介しています。
経営を支える予算管理の作成と運用方法
予算管理とは事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつです。中小企業に適した実効性のある予算管理の作成と運用方法を紹介しています。
できる社長の部下の𠮟り方
叱るというのは人材育成の一環で部下の不足している部分を諭す、教える、励ます、育むといった、前向きな姿勢を意味します。正しい叱り方は人材を人財に育てます。正しい部下の叱り方とは?
会社を成長に導く経営ブレーン
元気の良い会社には社内であれ社外であれ、必ず経営者のそばに優れたブレーンの存在があります。経営者が自身の能力以上の経営能力を発揮するにはブレーンの活用が欠かせません。
経営力を高める情報収集法
情報を制するものは経済を制するといわれています。会社経営においても情報の優劣如何で勝敗が決することが多々あります。情報収集法と共に会社経営に影響を与える重要な情報を紹介しています。
経営を誤らない意思決定の方法
経営と意思決定は深いかかわりを持っています。なぜなら、事業活動の結果は経営者の意思決定の連続で形作られていくからです。正しい意思決定を下す方法と秘訣を紹介しています。
安定経営と拡大経営の極意
企業の持続可能な経営環境は事業活動を経て然るべき利益を上げ成長投資へ還元することで整っていきます。そのために必要なのが安定経営と拡大経営です。その極意とは?
経営は計画がなければ成功しない
計画なくして経営の成功はあり得ないといっても過言ではありません。場当たり的経営、勘や経験に頼った経営、など等、計画のかけらもない会社経営は必ずどこかで行き詰ります。計画の重要性を説明しています。
経営のリスクマネジメント手法
リスクマネジメントは安定経営に不可欠な要素です。リスクマネジメントを怠ると、ほんの少しのきっかけで会社が大きく傾くことがあります。経営者が身につけるべきリスクマネジメントの手法を紹介しています。
ボトルネックの解消方法
ボトルネックとは瓶の首にあたる部分で流れの障害になっている部分のことです。経営課題、会社の弱み等の会社の成長を阻害する要因は全てボトルネックです。ボトルネックの解消法を紹介しています。
コスト削減/経費削減の方法
どんな会社にも無駄なコストというのは存在します。しかしながら、コスト削減は闇雲に進めても正しい効果は出ません。正しいコスト削減の進め方と方法を紹介しています。
経営者の仕事は優先順位を決定すること
中小企業は限られた経営資源を最大化することで競合他社の脅威から逃れることができます。経営資源の最大化に欠かせないのが仕事の優先順位です。仕事の優先順位次第で将来が決まるといっても過言ではありません。
お客様をリピート顧客に育てる方法とは?
お客様は企業を選ぶことが出来るというのが商売の原則です。そして、企業とお客様との接点で、たった一回でも落ち度があると、リピート率が低下してしまいます。リピート顧客を育てる秘訣を紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ