社員教育は社長の仕事!!

中小企業の社員教育を成功させる秘訣

中小企業の社員教育を成功させる秘訣

 

「どうしてうちの社員はレベルが低いんだろうか?」

 

「普通はこれくらい教えなくても出来るだろう?」

 

「普通は、これくらいは気が付くだろう?」

 

と、自分の会社の社員のレベルの低さに思わず嘆く中小企業経営者は少なくありません。

 

普通の20歳代や30歳代だったら、、、

 

或いは、普通の40歳代だったら、、、

 

極めつけは普通の50歳代や60歳代だったら、、、

 

 

社員レベルの比較対象が間違っている!?

 

このような不満を持つ経営者が比較対象として思い描く社員像は普段何気なく接している大手企業で働く社員が多いです。

 

例えば、大手や地銀の銀行員さん、大手や高級自動車のディーラーさん、大手保険会社の外交員さんなどです。

 

 

大手企業と中小企業の社員教育環境は、天と地ほどの差があります。

 

大手企業の社員は、「後輩」、「同期」、「先輩」、「上司」、「人事部」の5つの教育者に常に囲まれた状態で働くことになります。

 

後輩と同期に対しては対抗心が働きますので知的好奇心と向上心が常に育まれます。

 

先輩と上司からは社会常識や業界慣例、TPOや礼儀作法に至るまで様々な面において細かく教育されます。

 

専門の教育機関である人事部からは基本のマナーから時世に応じた専門研修が提供されますので、ビジネススキルが育まれます。

 

このように、大手企業の若手社員は、「後輩」、「同期」、「先輩」、「上司」、「人事部」の5つの教育者に囲まれた状態で社員教育を受けますので、会社に数年も在籍すれば、知らず知らずの内に、あか抜けたビジネスマン(或いはビジネスウーマン)に仕上がっていきます。

 

私自身も上場企業に約10年間勤めていましたので、

 

後輩や同期への対抗心を糧に飽くなき向上心を持って出世競争に挑み、

 

先輩からは、言葉遣いからビールの注ぎ方まで一挙手一投足に至るまで叱責され、

 

上司からは、接待ゴルフ等の機会にTPOや礼儀作法をみっちり教えこまれました。

 

これに加えて人事部が提供する専門スキル研修を数多く受講しましたので、ビジネススキルもしっかり磨くことができました。

 

片田舎の農村出身の私ですら在籍期間わずか10年足らずでそれなりの社会常識が身についたことを考えると大手企業の社員教育環境はなかなかのものです。

 

 

中小企業の社員教育環境は大企業と雲泥の差!!

 

一方、中小企業はどうでしょうか?

 

教育機関である人事部は当然なく、

 

アルバイトやパートさんを除いた正社員だけで考えると、

 

後輩は一人かふたり、同期はいない、先輩は年の離れた50代、60代という組織構造も珍しくないのではないでしょうか?

 

中には、教育者が経営者ひとりというケースもあるでしょう。

 

教育者が極端に少ない中で、社員が自力で成長するには限界があります。

 

普通に考えても中小企業の社員教育環境では大手企業並みの人材が育たないであろうことは容易に想像がつくはずです。

 

大手企業並みの社員レベルを求めるのは、中小企業の社員にとって酷な話なのです。

 

 

社員教育は社長の仕事!!

 

中小企業の社員教育は社長の仕事です。

 

そして、社員教育を成功させる秘訣は、社長が抱いている「普通の概念」を壊すことからです。

 

 

これが普通という目で社員を見ている限り、上手な社員教育は出来ません。

 

「出来ないのが普通」と考え、社長自身が社員の不足に気付いたその瞬間瞬間に教育していく意識が大切です。

 

中小企業の社員教育は、社長自身が積極的に関わらない限り、成功しません。

 

中小企業の若手社員には、良い教育者である後輩も同期も先輩もろくにいないのですから。

 

また、1回言って分かる人間など、そうそういません。

 

同じことであっても、その瞬間その瞬間、初めてのような気持ちで、腹を立てずに繰り返し教え込む優しさが人財を育てます。

 

人材を人財に育て上げるうえで社長に必要なのは「諦めの悪さ」なのです。

 

諦めの悪さは社員教育を成功させる秘訣でもあります。

 

 

社員教育の肝「作業と仕事は違う!!」

 

 

よくある光景ですが、仕事を教えず作業を教えている社長がいます。

 

手順や動作といった作業を覚えることは大切ですが、何のための作業なのかを教えなければ仕事を教えたことにはなりません。

 

作業と仕事は違うのです。

 

本当の意味での仕事を体得しなければ自らの考えで行動し、様々な問題を乗りこえる応用力は身につきません。

 

当然ながら、作業を覚えているだけでは本人が成長することもなく、せっかくの人材が会社に貢献することもありません。

 

仕事の本質を教え込むことも社員教育を成功させる重要な秘訣です。

 




 


人気記事ランキングTOP3


数字に弱い社長が比較的短期間で数字に強くなる方法があります。その方法は「管理会計を導入」することです。簿記や会計の知識ゼロであっても誰でも習得することができます。

管理会計とは決算書の数値を、有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことです。

ワンマン経営の会社は持続的成長が困難です。長期的な会社経営を目指すのであれば、ワンマン経営から脱却するための手を事前に講じなければなりません。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営の勉強を基本原則から学ぶ
経営のことを勉強するのであれば、基本原則から学ぶのが最も有効な方法です。経営者が抑えるべき経営の基本原則と共に、経営の勉強をする上での大切なポイントを紹介しています。
持続的成長を支える企業経営を理解する
持続的成長なくして企業の存続はありません。持続的成長さえできていれば経営が行き詰ることはありません。持続的成長を支える企業経営の仕組みを紹介しています。
売上低迷の原因を捉え売上を上げる方法
売上が低迷する原因は低迷の予兆を見逃すところに第一の原因があります。特別な経営技術がなくても売上低迷の原因は見抜けます。売上低迷を見逃さない方法と共に売上を上げる方法を紹介しています。
従業員の不満を捉え満足度を上げる方法
従業員の不満を捉え満足度を上げるには不満の種を見逃さない経営技術を身につけることが大切です。経営者が身につけておきたい従業員の不満を捉える具体的手法と共に満足度を上げる方法を紹介しています。
中小企業の経営指標一覧表
経営指標とは経営の目標となりうるひとつの基準です。中小企業の会社経営の道筋を立てるうえで経営指標は大変有効に機能します。中小企業が活用すべき経営指標を一覧表で紹介しています。
経営目標と経営目標管理シートの記入例
経営目標は将来のあるべき姿を表します。経営目標がなければ経営者も社員達もどこに向かって進んでいいのか分からなくなってしまいます。経営目標と経営目標管理シートの記入例を紹介しています。
使える経営目標と使えない経営目標
使えない経営目標を闇雲に掲げてしまうと、的外れな経営改善、或いは非効率な経営改善に陥ることがあります。使えない経営目標と使える経営目標の一例を紹介しています。
倒産防止共済に頼らずに倒産を防止する秘訣
倒産防止共済(保険)に頼って日々の経営を疎かにしてしまっては、企業の発展成長は見えてきません。やはり、保険に頼ることなく安定経営の基盤を作ることが最も安全な保険といえます。主な倒産防止対策を紹介しています。
経営と数字|数字に強い経営者はここが違う!
経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。
スワット(SWOT)分析で会社の強みと弱みを知る方法
スワット(SWOT)分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長に導く経営戦略を考える情報分析手法のことです。会社の強みと弱みを成長に繋げる具体的手法を紹介しています。
経営管理手法と安定経営の極意
会社経営は何でもかんでも管理すれば良いというものではありませんが、最低限おさえなければならない経営管理を放棄してしまっては不安定な経営に陥ってしまいます。経営管理手法と安定経営の極意を紹介しています。
判断力と決断力|経営の根幹を支える判断と決断
物事を判断し決断する。その判断と決断が正しいのか、正しくないのか、常に検証する。それが会社経営の根源です。経営者の判断力と決断力を磨くコツを紹介しています。
予算管理|経営を支える予算管理の作成と運用方法
予算管理とは事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつです。中小企業に適した実効性のある予算管理の作成と運用方法を紹介しています。
部下の叱り方|できる社長の𠮟り方
叱るというのは人材育成の一環で部下の不足している部分を諭す、教える、励ます、育むといった、前向きな姿勢を意味します。正しい叱り方は人材を人財に育てます。正しい部下の叱り方とは?
経営とブレーン|会社を成長に導く経営ブレーン
元気の良い会社には社内であれ社外であれ、必ず経営者のそばに優れたブレーンの存在があります。経営者が自身の能力以上の経営能力を発揮するにはブレーンの活用が欠かせません。
経営と情報|経営力を高める情報収集法
情報を制するものは経済を制するといわれています。会社経営においても情報の優劣如何で勝敗が決することが多々あります。情報収集法と共に会社経営に影響を与える重要な情報を紹介しています。