経営と数字の密接な関係性

経営と数字|数字に強い経営者はここが違う!

経営と数字|数字に強い経営者はここが違う!

 

経営と数字は切っても切れない関係にあります。

 

なぜなら、会社の事業活動の結果は全て数字に集約されるからです。

 

会社経営は数字そのものと言っても過言ではなく、経営者の数字力の高低が、そのまま会社の業績に直結します。

 

下のグラフは、会社の数字を経営に活用する管理会計導入率と赤字経営率を表したものです。

 

 

ご覧の通り、管理会計導入率と赤字経営率は相関関係がとれており、会社の数字が業績を左右する重要な要因であることがお分りになるかと思います。

 

 

会社の数字を無視した経営とは?

 

会社の数字を無視した会社経営者は、目隠しをして車を運転しているドライバーのようなものです。

 

 

どんなに慣れた車であっても、どんなに慣れた道であっても、勘と経験だけで上手に運転できるドライバーなど、そうそういません。

 

会社経営も一緒です。

 

どんなに慣れた商売、どんなに慣れた顧客や市場であっても、勘と経験だけで上手に経営できる経営者など、そういるはずはありません。

 

それでは、数字に強い経営者は、どのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているのでしょうか?

 

経営に活かせる主な数字の考え方を紹介していきます。

 

 

経営と数字「損得勘定」

 

経営と数字を考えるうえで、損得勘定は欠かせないスキルのひとつです。

 

 

一般的に、損得勘定の上手な経営者は、お金を使うべきポイントと抑えるべきポイントの押し出しのコントロールが巧みですので、会社経営も上手です。

 

損得勘定の基本は、「売上に対応する費用を的確に捉えて、手元に残る儲けの実態を掴む」ところにあります。

 

この基本を疎かにすると会社経営はいとも簡単に危機に瀕してしまいます。

 

ここで、損益勘定の得手不得手が表れやすい一例を紹介します。

 

損得勘定の一例

業態:前金商売(塾など)

収入:1年分を前金で150万円を受け取り

費用:毎月10万円

 

このような前金商売の損得勘定で抑えるべきポイントは、受け取った収入と売上がイコールにならないという原則です。

 

収入と売上がイコールにならないということは、現金収支と損得勘定が合致しないということです。

 

収入発生月の各収支は下表の通りです。

現金収支(通帳上)

150万円-10万円=140万円

損得勘定(経理上)

12.5万円-10万円=2.5万円

 

(収入の残り137.5万円は前受金として売上には計上しない)

※儲けの実態:150万円-(10万円×12ヵ月)=30万円÷12ヵ月=2.5万円/月

 

 

収入発生月の現金収支は140万円のプラスです。

 

一方、損得勘定は2.5万円のプラスです。

 

両者の金額差は137.5万円もありますが、儲けの実態はどちらも同じです。

 

もしも、損得勘定が集約されている月次決算書を見ずに、現金収支の結果である通帳残高ばかりをみて会社経営していると、儲けの実態を誤って捉える可能性が高まります。

 

大して儲けが出ていないにも関わらず手元の現金残高が沢山あるからといって先行きを考えずに設備投資や備品購入をしてしまうと、時間が経つにつれて固定経費の支払いに困窮してしまい経営が行き詰ってしまうこともあります。

 

このケースの倒産事例は沢山ありますので、損得勘定の本質を甘く見てはいけません。

 

 

経営と数字「経営指標の活用と分析」

 

損得勘定同様、経営と数字を考える上で、経営指標の活用力と分析力は欠かせないスキルです。

 

 

経営指標の活用力と数字の分析力に優れている経営者は、業績を伸ばしているケースが多いです。

 

なぜなら、経営指標の活用と分析は、現状と目標を明確に表すからです。

 

何事も、スタート(現状)とゴール(目標)が明確に定まると、効率的に結果が得られるものです。

 

経営指標の活用と分析の一例

売上総利益高経費率=(販売管理費÷売上総利益)×100

 

優良水準:80%~90%

 

売上総利益高経費率とは、売上総利益に占める販売管理費の構成比率のことです。

 

現状の売上総利益高経費率が95%であれば、まずはマイナス5%という具体的数値目標に向かった経営改善策を考えることが出来ます。

 

また、毎月、売上総利益高経費率をモニタリングしていれば、経費の上昇傾向を事前に感知することができ、経営環境が悪化する前に経営改善の手を講ずることが出来るようになります。

 

このように、適切な経営指標と分析を持っていれば、事業構造を点検する際に、正しい点検結果と改善目標を得ることが可能となります。

 

また、適切な経営指標と分析を持って毎月の会社の数字をモニタリングしていれば、業績悪化の予兆を事前に感知することができ、すぐに経営改善の手を打つこともできます。

 

当然ながら、常に会社の健康状態が把握できていれば、大きく経営を誤ることは無くなります。

 

 

経営と数字の密接な関係性

 

会社の数字は無限に広がります。

 

一つひとつの数字から何を読み取り、どう経営に活かすのか?

 

読み取り方ひとつ、活かし方ひとつで将来の会社の業績は大きく変わっていきます。

 

経済環境の多様化は加速しており、経験と勘だけでは乗り切れない経営判断が増えてきています。

 

経営と数字の密接な関係性は今後ますます高まっていくでしょう。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営の勉強を基本原則から学ぶ
経営のことを勉強するのであれば、基本原則から学ぶのが最も有効な方法です。経営者が抑えるべき経営の基本原則と共に、経営の勉強をする上での大切なポイントを紹介しています。
会社経営の手法は何が正しいのか?
巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?
運転資金の把握は経営の基本技術です
運転資金の把握は、普段の会社経営のみならず、新規事業、事業買収や吸収、事業の立て直しなど全ての局面における会社経営を成功に導く基本になります。安定経営と運転資金について説明しています。
持続的成長を支える企業経営を理解する
持続的成長なくして企業の存続はありません。持続的成長さえできていれば経営が行き詰ることはありません。持続的成長を支える企業経営の仕組みを紹介しています。
売上低迷の原因を捉え売上を上げる方法
売上が低迷する原因は低迷の予兆を見逃すところに第一の原因があります。特別な経営技術がなくても売上低迷の原因は見抜けます。売上低迷を見逃さない方法と共に売上を上げる方法を紹介しています。
従業員の不満を捉え満足度を上げる方法
従業員の不満を捉え満足度を上げるには不満の種を見逃さない経営技術を身につけることが大切です。経営者が身につけておきたい従業員の不満を捉える具体的手法と共に満足度を上げる方法を紹介しています。
中小企業の経営指標一覧表
経営指標とは経営の目標となりうるひとつの基準です。中小企業の会社経営の道筋を立てるうえで経営指標は大変有効に機能します。中小企業が活用すべき経営指標を一覧表で紹介しています。
経営目標と経営目標管理シートの記入例
経営目標は将来のあるべき姿を表します。経営目標がなければ経営者も社員達もどこに向かって進んでいいのか分からなくなってしまいます。経営目標と経営目標管理シートの記入例を紹介しています。
使える経営目標と使えない経営目標
使えない経営目標を闇雲に掲げてしまうと、的外れな経営改善、或いは非効率な経営改善に陥ることがあります。使えない経営目標と使える経営目標の一例を紹介しています。
中小企業の社員教育を成功させる秘訣
社員のレベルの低さに思わず嘆く中小企業経営者は少なくありません。中小企業の社員教育は社長自身が積極的に関わらない限り成功しません。中小企業の社員教育を成功させる秘訣を紹介しています。
倒産防止共済に頼らずに倒産を防止する秘訣
倒産防止共済(保険)に頼って日々の経営を疎かにしてしまっては、企業の発展成長は見えてきません。やはり、保険に頼ることなく安定経営の基盤を作ることが最も安全な保険といえます。主な倒産防止対策を紹介しています。
スワット(SWOT)分析で会社の強みと弱みを知る方法
スワット(SWOT)分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長に導く経営戦略を考える情報分析手法のことです。会社の強みと弱みを成長に繋げる具体的手法を紹介しています。
経営管理手法と安定経営の極意
会社経営は何でもかんでも管理すれば良いというものではありませんが、最低限おさえなければならない経営管理を放棄してしまっては不安定な経営に陥ってしまいます。経営管理手法と安定経営の極意を紹介しています。
判断力と決断力|経営の根幹を支える判断と決断
物事を判断し決断する。その判断と決断が正しいのか、正しくないのか、常に検証する。それが会社経営の根源です。経営者の判断力と決断力を磨くコツを紹介しています。
予算管理|経営を支える予算管理の作成と運用方法
予算管理とは事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつです。中小企業に適した実効性のある予算管理の作成と運用方法を紹介しています。
部下の叱り方|できる社長の𠮟り方
叱るというのは人材育成の一環で部下の不足している部分を諭す、教える、励ます、育むといった、前向きな姿勢を意味します。正しい叱り方は人材を人財に育てます。正しい部下の叱り方とは?
経営とブレーン|会社を成長に導く経営ブレーン
元気の良い会社には社内であれ社外であれ、必ず経営者のそばに優れたブレーンの存在があります。経営者が自身の能力以上の経営能力を発揮するにはブレーンの活用が欠かせません。
経営と情報|経営力を高める情報収集法
情報を制するものは経済を制するといわれています。会社経営においても情報の優劣如何で勝敗が決することが多々あります。情報収集法と共に会社経営に影響を与える重要な情報を紹介しています。
経営を誤らない意思決定の方法
経営と意思決定は深いかかわりを持っています。なぜなら、事業活動の結果は経営者の意思決定の連続で形作られていくからです。正しい意思決定を下す方法と秘訣を紹介しています。
安定経営と拡大経営の極意
企業の持続可能な経営環境は事業活動を経て然るべき利益を上げ成長投資へ還元することで整っていきます。そのために必要なのが安定経営と拡大経営です。その極意とは?
経営は計画がなければ成功しない
計画なくして経営の成功はあり得ないといっても過言ではありません。場当たり的経営、勘や経験に頼った経営、など等、計画のかけらもない会社経営は必ずどこかで行き詰ります。計画の重要性を説明しています。
経営のリスクマネジメント手法
リスクマネジメントは安定経営に不可欠な要素です。リスクマネジメントを怠ると、ほんの少しのきっかけで会社が大きく傾くことがあります。経営者が身につけるべきリスクマネジメントの手法を紹介しています。
お客様をリピート顧客に育てる方法とは?
お客様は企業を選ぶことが出来るというのが商売の原則です。そして、企業とお客様との接点で、たった一回でも落ち度があると、リピート率が低下してしまいます。リピート顧客を育てる秘訣を紹介しています。