経営リスクの管理手法

経営のリスクマネジメント手法

経営のリスクマネジメント手法

 

リスクマネジメントは中小企業の安定経営に不可欠な要素です。

 

なぜなら、資本力に乏しい中小企業の安定経営の秘訣は、徹底したリスクマネジメント(リスクヘッジ・リスク回避)にあるからです。

 

経営のリスクマネジメントには様々な手法がありますが、最も有効なリスクマネジメントの手法は「小さなリスクを放置しない」ということです。

 

例えば、上場企業の大型倒産、航空機の墜落事故、ホテルの大規模火災など等、日常では起こり得ない大事故は、“小さなリスクを放置した結果”として、起こるべくして起こったと云われることがあります。

 

リスクは、時間の経過と共に大きく育ちます。

 

当然ながら、大きくなる手前でリスクの芽を摘むことができていれば大きな事故に繋がることはありません。

 

リスクマネジメントが甘くなり、小さなリスクが大きく成長してしまうと前記のように大事故に繋がってしまうことがあるのです。

 

小さなリスクを放置しないというルールは、リスクマネジメントの基本です。

 

これは中小企業の会社経営のみならず、ヒトの人生においても同様です。

 

 

どんな会社にもリスクが点在している!!

 

わたしが経営診断の仕事を引き受けて依頼先企業の内情を分析してみると、どんな中小企業にも小さなリスクの芽が点在しています。

 

指摘されてゾッとする中小企業経営者もいれば、指摘されても深刻に捉えない中小企業経営者もいますが、リスクマネジメントを会社に導入し、リスクヘッジ(リスク回避)された後に、改めてリスクの深刻度を説明すると、大概の経営者が大きく安堵します。

 

中小企業がリスクマネジメントを怠ると、ほんの少しのきっかけで会社が大きく傾くことがあります。

 

日頃からリスクの芽を捉え、リスクマネジメントを怠らない姿勢が大切です。

 

それでは一体、中小企業が抱えている経営のリスクは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

中小企業が抱えている経営のリスクは、業績低迷の原因を辿ると見えてきます。

 

中小企業の業績低迷は「自社にマッチした経営ノウハウが蓄積されていない」ことが最大の原因です。

 

なぜなら、経営資源と経営環境が会社によってまちまちだからです。

 

そして、自社にマッチした経営ノウハウが蓄積されていない最大の原因が「経営判断の誤り」と「経営課題の見落とし」のふたつです。

 

この二つのリスクを放置し続けると、いとも簡単に会社が倒産することもあります。

 

 

経営のリスクヘッジの手法は?

 

中小企業の安定経営を阻害する二大リスクは、次のふたつです。

 

経営判断の誤り

 

経営課題の見落とし

 

経営判断の誤りは、経営者の行動と結果のうえに成り立つことですので、発見しやすい面があります。

 

例えば、経営判断の結果、会社の数字が悪化した、或いは、取引先やお客様に誤りを指摘されたなど等、ある程度、事業活動の結果を注視していれば誰でも誤りに気付くことが可能です。

 

経営判断の誤りに気が付いた時点で即座に誤りを正せばリスクヘッジが完了します。

 

主観と客観の要素がある経営判断の誤りに対して、「経営課題の見落とし」は、基本的に経営者の主観でしか発見することができません。

 

経営者の能力如何で経営課題を見落とす事態が起こり得ますので、経営者としてのプロの眼が問われる非常にシビアなリスクです。

 

業績の良い会社の経営者の多くは、経営ブレーンを側においているケースが多いですが、これは経営課題を見落とさないために、プロ経営者の客観性を会社に導入しているということです。

 

(余談ですが、これは非常に賢い選択と言えると思います)

 

高い精度で経営課題を見落とさないためには、経営者自身がプロ経営者の能力を身につけるほかありません。

 

 

リスクマネジメントの先にあるものは?

 

継続的に小さなリスクの芽を解消していくと、経営者の経営能力がどんどん高まっていきます。

 

また、正しい経営判断と経営課題の解決が繰り返されていきますので、自ずと、自社にマッチした独自の経営ノウハウが蓄積されていきます。

 

自社にマッチした経営ノウハウが蓄積されるということは、競争力が高まるということです。

 

つまり、大企業や競合他社からの脅威に怯えることなく、安定した経営が実現されるということです。

 

リスクマネジメントが中小企業の安定経営に不可欠であると云われる所以は、ここにあるのです。

 

➡NEXT「ボトルネックの解消方法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ