ボトルネックが会社の成長を阻害する!

ボトルネックの解消方法

ボトルネックの解消方法

 

ボトルネックとは瓶の首にあたる部分で、流れをせき止めている部分、つまり、流れの障害になっている部分を表す。

 

経営課題、会社の弱み、顧客の要望など等、会社の成長を阻害する要因は全てボトルネックといえる。

 

「ボトルネックなどひとつもない」という会社はあり得ない。

 

どんな会社にも、成長を阻害するボトルネックが潜んでいる。

 

例えば、毎日毎日、どんなに綺麗に掃き清めていても、あすになれば塵が積もる。

 

会社のボトルネックとは、どこからともなく溜まってゆく塵のようなものである。

 

ボトルネックはそれほど身近にありながら、会社の成長を阻害する厄介者でもある。

 

当然ながら、ボトルネックを解消せずに放置したままでは、会社の成長は鈍化、或いは、衰退する一方となってしまう。

 

会社経営に潜んでいるボトルネックを如何に見つけ出し、そのボトルネックを如何に素早く解消できるかが会社の成長を決定づけるといっても過言ではない。

 

 

最大のボトルネックは何か?

 

会社経営の本質は、黒字経営の持続と利益の最大化にある。

 

つまり、会社経営において最大のボトルネックは、赤字経営(ギリギリの黒字経営も同様)である。

 

赤字経営は成長投資の原資となる利益を生み出さない。

 

当然ながら、企業の成長に欠かせない投資なくして、会社の発展はない。

 

赤字経営とは、会社の成長を阻害するだけでなく、明るい未来の可能性を全て消し去るほどの、大きなボトルネックといっても過言ではない。

 

この最大のボトルネックを解消しない限り、成長発展の道筋は見えてこない。

 

赤字経営というボトルネックを解消する方法は様々なアプローチがあるが、最も手っ取り早い解消方法は「利益の最大化」である。

 

利益の最大化は、「売上の最大化×経費の最小化」という公式で成し遂げることができる。

 

早速、赤字経営というボトルネックを解消する簡単かつ実践的な方法を紹介したい。

 

 

ボトルネック解消法「経費の最小化」

 

経費の最小化は赤字経営というボトルネックを解消する有効な手段である。

 

なぜなら、経費削減は、即、利益の増加に繋がるからだ。

 

赤字経営とは、売上よりも過分に経費がかかっている極めて歪な損益状態に陥っているということなので、経費削減は赤字脱却に欠かせない取り組みでもある。

 

経費削減は下記ステップで行う。

ステップ1

売上総利益高経費率を求める。計算式は、〔(経費÷売上総利益)×100〕で求めることができる。

ステップ2

適正水準90%を超過しているパーセンテージを算出する。(例:売上総利益高経費率が102%であれば、90%-102%=▲12%)

ステップ3

コスト削減の目標金額を算出する。計算式は、〔売上総利益×超過パーセンテージ〕で求めることができる。(例:売上総利益が1億円で超過パーセンテージが▲12%であれば、1億円×▲12%=コスト削減目標金額1.2千万円)

 

ボトルネックの探し方

経費(科目毎)の合計を降順(大きな値⇒小さな値へ)に並び替えて、上位5つを選別する。ボトルネックは大きな経費のなかに潜んでいる。大概の会社は1位が人件費になるが、2位以降は業種業態によって変わる。

 

ボトルネック解消のしかた

合計金額の大きな経費を削減する方法を考案し、経費削減を実行する。大きな経費は改善余地が最もある経費であり、少しの改善で大きな効果(ボトルネックの解消)を生み出す経費でもある。

 

どう考えても経費削減の余地が見つからない場合は、売上総利益の絶対量が足りないということだ。その場合は、売上総利益率(粗利率)の改善に取り組み、ボトルネックを解消する。

 

 

ボトルネック解消法「売上の最大化」

 

売上の最大化も、赤字経営というボトルネックを解消する有効な手段である。

 

売上を最大化するために最初に行うことは、売上のABC分析「20:80の法則(パレートの法則)」である。

 

20:80の法則(パレートの法則)とは、全体の数値の大部分(80%)は、全体を構成するうちの一部(20%)の要素が生み出しているという理論だ。

 

売上であれば、全体の80%の売上は、20%の顧客が生み出している、ということである。

 

売上のABC分析は下記ステップで行う。

ステップ1

取引先別の売上一覧表を作成し、降順(大きな値⇒小さな値へ)に並び替える。

ステップ2

総売上高に対する取引先別の構成比率を算出する。

ステップ3

降順に沿って、構成比率の累計合計を算出する。

 

ABC評価は下記の通りである。

A評価

累計構成比率50%未満の取引先

B評価

累計構成比率50%~80%未満の取引先

C評価

累計構成比率80%以降の取引先

 

ボトルネックの探し方

A評価とB評価の取引先が全体の20%であれば標準だが、20%を下回っている場合は、貢献度の高い取引先が少ないと判断できる。言い換えると、売上に貢献していない取引先(ボトルネック)が多すぎるということだ。

 

ボトルネック解消のしかた

売上に貢献していないC評価の取引先に対して、会社の労力(生産性)を振り向けず、すべての労力をA評価とB評価に振り向ければ、自ずとC評価が自然消滅し、A評価とB評価の売上金額が増え、ボトルネックが解消されていく。

 

➡NEXT「製造業の生産性向上方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談