リピート顧客育成の秘訣

お客様をリピート顧客に育てる方法とは?

お客様をリピート顧客に育てる方法とは?

 

企業はお客様を選べませんが、お客様は企業を選ぶことが出来る、というのが商売の原則です。

 

企業が提供する商品、ないしはサービスは、常にお客様の選択の脅威のなかにあることを忘れてはなりません。

 

つまり、一度買ってくれたら今後も安心という保障はどこにもないということです。

 

また、お客様は物言わぬ存在であるということも忘れてはなりません。

 

商品やサービスに少しでも落ち度があれば、忠告することなく二度とリピート購入しないというのが一般的なお客様の行動原理です。

 

モノに困っている時代であれば「気に食わなくても買わざる得ない」となりますが、モノに溢れている時代は、「気に食わなかったら買わなければいい」という発想が当たり前なのです。

 

例えば、はじめての飲食店などに行き、トイレが汚かったり、ゴミが放置されていたり、或いは、接客が悪かったり、客層が悪かったりなど等、不快に思う印象がひとつでもあればお客様はどのような行動をとるでしょうか?

 

恐らく、リピート顧客になることはないでしょう。

 

別の例を挙げると、会社の雰囲気が悪い、営業マンの態度が悪い、或いは、商品の不良率が高い、トラブルが多いなど等のマイナス要因も同様の結果を生み出します。

 

つまり、企業とお客様との接点で、たった一回でもサービスや品質に落ち度があると、信頼関係にヒビが入り、リピート率が低下してしまうということです。

 

リピート顧客は企業に安定をもたらす重要な存在です。

 

一見のお客様をリピート顧客に育て上げるには、高い品質レベルを常にキープする必要があるのです。

 

 

経営者が気を付けるべきポイントとは?

 

中小企業の場合、商品やサービスの品質に関わる作業チェックや現場チェックを経営者自身が行っていない場合があります。

 

このような会社で経営者がふいに現場に行くと、

 

・こんなことをやっていたのか?

 

・こんな態度をとっていたのか?

 

・ここのチェックを見逃していたのか?

 

など等、商品やサービスの品質を損なう落ち度を発見するということが度々起きます。

 

社員を怒鳴りつけても、後の祭りです。

 

品質低下に直面したお客様が戻ってくることはないのですから。

 

 

抜き打ちチェックの効果

 

先日、知人の飲食店に伺った際に、店内の一部に清掃が行き届いていない場所があったので、後日、そのお店の社長さんに状況をお伝えしました。

 

 

「自分がお店に行くときはいつも清掃が行き届いているにおかしいなぁ」と言うので、お店に行くときに事前に通告していないか確認すると、案の定、事前通告のうえでお店に訪問しているとのことでした。

 

社長の前で良い仕事をしようとするのは社員の性(さが)です。

 

社長の目の前で怠けていたら、昇給どころか、たちまちクビ候補ですからね。

 

ピカピカに清掃するのも、普段以上に声を出すのも、キビキビ行動するのも、社長が目の前にいるからです。

 

社長がいない時にどのようなオペレーションをしているのか?

 

どのような接客をしているのか?

 

という、企業とお客様の接点の真実を知りたければ、抜き打ちでチェックするしかありません。

 

抜き打ちチェックの際に、万が一、落ち度があったとしても、企業の品質向上に繋がる改善点が発見できたと思えば、むしろ喜ばしいことです。

 

よほどの落ち度でない限りは、その場で社員を叱ることなく、店長にそっと耳打ちして、後の改善は店長に任せ、後日、改めてチェックすれば社員にストレスを与えることもありません。

 

 

品質を損なわないチェックの考え方

 

お客様をリピート顧客に育てるためには、企業とお客様との接点に細心の注意を払う必要があります。

 

 

そして、その注意を意識で終わらせることなく仕組み化して、行動が伴うチェック体制を作り上げることが大切です。

 

トイレの清掃であれば点検表を作り記録を残し、更には清掃の合格レベルを下回っていればやり直し等のルールを仕組み化すれば、社員は一定レベルの注意を払って行動せざる得なくなります。

 

行動の仕組み化、又は、合格見本のどちらか一方が欠けると、このチェックは機能しなくなります。

 

行動の仕組み化と合格見本を社員に示すということが、一定の注意レベルをキープする秘訣なのです。

 

経営者と社員の注意レベルが上がれば上がるほど、商品やサービスの品質が上がります。

 

そして、品質が上がれば、自ずとお客様のリピート率も上がります。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「成長発展を支える経営技術」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

経営の勉強を基本原則から学ぶ
経営のことを勉強するのであれば、基本原則から学ぶのが最も有効な方法です。経営者が抑えるべき経営の基本原則と共に、経営の勉強をする上での大切なポイントを紹介しています。
会社経営の手法は何が正しいのか?
巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?
運転資金の把握は経営の基本技術です
運転資金の把握は、普段の会社経営のみならず、新規事業、事業買収や吸収、事業の立て直しなど全ての局面における会社経営を成功に導く基本になります。安定経営と運転資金について説明しています。
飛躍的に業績を上げる方法
飛躍的に業績を上げるには、現状とあるべき姿をしっかり捉えることが必要です。当然ながら、現状認識を誤ると業績は悪化します。しっかり業績を上げる具体的方法を紹介しています。
持続的成長を支える企業経営を理解する
持続的成長なくして企業の存続はありません。持続的成長さえできていれば経営が行き詰ることはありません。持続的成長を支える企業経営の仕組みを紹介しています。
売上低迷の原因を捉え売上を上げる方法
売上が低迷する原因は低迷の予兆を見逃すところに第一の原因があります。特別な経営技術がなくても売上低迷の原因は見抜けます。売上低迷を見逃さない方法と共に売上を上げる方法を紹介しています。
従業員の不満を捉え満足度を上げる方法
従業員の不満を捉え満足度を上げるには不満の種を見逃さない経営技術を身につけることが大切です。経営者が身につけておきたい従業員の不満を捉える具体的手法と共に満足度を上げる方法を紹介しています。
中小企業の経営指標一覧表
経営指標とは経営の目標となりうるひとつの基準です。中小企業の会社経営の道筋を立てるうえで経営指標は大変有効に機能します。中小企業が活用すべき経営指標を一覧表で紹介しています。
経営目標と経営目標管理シートの記入例
経営目標は将来のあるべき姿を表します。経営目標がなければ経営者も社員達もどこに向かって進んでいいのか分からなくなってしまいます。経営目標と経営目標管理シートの記入例を紹介しています。
使える経営目標と使えない経営目標
使えない経営目標を闇雲に掲げてしまうと、的外れな経営改善、或いは非効率な経営改善に陥ることがあります。使えない経営目標と使える経営目標の一例を紹介しています。
中小企業の社員教育を成功させる秘訣
社員のレベルの低さに思わず嘆く中小企業経営者は少なくありません。中小企業の社員教育は社長自身が積極的に関わらない限り成功しません。中小企業の社員教育を成功させる秘訣を紹介しています。
倒産防止共済に頼らずに倒産を防止する秘訣
倒産防止共済(保険)に頼って日々の経営を疎かにしてしまっては、企業の発展成長は見えてきません。やはり、保険に頼ることなく安定経営の基盤を作ることが最も安全な保険といえます。主な倒産防止対策を紹介しています。
数字に強い経営者はここが違う!
経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。
スワット(SWOT)分析で会社の強みと弱みを知る方法
スワット(SWOT)分析とは、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威を明らかにして、会社を更なる成長に導く経営戦略を考える情報分析手法のことです。会社の強みと弱みを成長に繋げる具体的手法を紹介しています。
経営管理手法と安定経営の極意
会社経営は何でもかんでも管理すれば良いというものではありませんが、最低限おさえなければならない経営管理を放棄してしまっては不安定な経営に陥ってしまいます。経営管理手法と安定経営の極意を紹介しています。
経営の根幹を支える判断力と決断力
物事を判断し決断する。その判断と決断が正しいのか、正しくないのか、常に検証する。それが会社経営の根源です。経営者の判断力と決断力を磨くコツを紹介しています。
経営を支える予算管理の作成と運用方法
予算管理とは事業計画の実効性を高めるために収入と支出の計画を作成・運用する管理会計手法のひとつです。中小企業に適した実効性のある予算管理の作成と運用方法を紹介しています。
できる社長の部下の𠮟り方
叱るというのは人材育成の一環で部下の不足している部分を諭す、教える、励ます、育むといった、前向きな姿勢を意味します。正しい叱り方は人材を人財に育てます。正しい部下の叱り方とは?
会社を成長に導く経営ブレーン
元気の良い会社には社内であれ社外であれ、必ず経営者のそばに優れたブレーンの存在があります。経営者が自身の能力以上の経営能力を発揮するにはブレーンの活用が欠かせません。
経営力を高める情報収集法
情報を制するものは経済を制するといわれています。会社経営においても情報の優劣如何で勝敗が決することが多々あります。情報収集法と共に会社経営に影響を与える重要な情報を紹介しています。
経営を誤らない意思決定の方法
経営と意思決定は深いかかわりを持っています。なぜなら、事業活動の結果は経営者の意思決定の連続で形作られていくからです。正しい意思決定を下す方法と秘訣を紹介しています。
安定経営と拡大経営の極意
企業の持続可能な経営環境は事業活動を経て然るべき利益を上げ成長投資へ還元することで整っていきます。そのために必要なのが安定経営と拡大経営です。その極意とは?
経営は計画がなければ成功しない
計画なくして経営の成功はあり得ないといっても過言ではありません。場当たり的経営、勘や経験に頼った経営、など等、計画のかけらもない会社経営は必ずどこかで行き詰ります。計画の重要性を説明しています。
経営のリスクマネジメント手法
リスクマネジメントは安定経営に不可欠な要素です。リスクマネジメントを怠ると、ほんの少しのきっかけで会社が大きく傾くことがあります。経営者が身につけるべきリスクマネジメントの手法を紹介しています。
ボトルネックの解消方法
ボトルネックとは瓶の首にあたる部分で流れの障害になっている部分のことです。経営課題、会社の弱み等の会社の成長を阻害する要因は全てボトルネックです。ボトルネックの解消法を紹介しています。
製造業の生産性向上方法
生産性は会社経営の良否を左右する重要な要素です。事実、生産性を高めたいと考えている経営者は少なくありません。製造業の生産性工場の方法を紹介しています。
コスト削減/経費削減の方法
どんな会社にも無駄なコストというのは存在します。しかしながら、コスト削減は闇雲に進めても正しい効果は出ません。正しいコスト削減の進め方と方法を紹介しています。
経営者の仕事は優先順位を決定すること
中小企業は限られた経営資源を最大化することで競合他社の脅威から逃れることができます。経営資源の最大化に欠かせないのが仕事の優先順位です。仕事の優先順位次第で将来が決まるといっても過言ではありません。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ