中小企業の管理会計入門

管理会計は会社の経営分析力を高める

管理会計は会社の経営分析力を高める

 

管理会計ほど優れた経営分析手法はない。

 

なぜなら、定期的に管理会計を用いた経営分析を行うと、会社の経営状況が明確になり、経営判断や成長戦略を誤るリスクがグッと低下するからだ。

 

事実、管理会計を用いた経営分析を活用している中小企業の経営状況は極めて良好である。

 

管理会計を用いた経営分析には、たくさんの経営指標を活用する。

 

例えば、売上成長率、営業利益率、自己資本比率、など等である。

 

会社の経営実態を表す種々の経営指標は、経営者の経営判断根拠、或いは、会社の成長戦略を考えるうえで有効に活用することができる。

 

ただし、会社内部の経営分析が主な管理会計は、外部に向けた数字の分析を行う財務分析とは性格が異なるので注意が必要だ。

 

財務分析は、どんな会社であっても、大よそ共通の公式や分析手法で会社の実態を外部に公表するための分析であり公平性が求められる。

 

一方、管理会計は、業種業態によって分析手法が異なる。

 

経営指標の選別、経営指標の適正水準、経営指標の活用方法、など等、会社を取り巻く事業環境によって分析方針が変わる。

 

当然ながら、管理会計の運用期間が長ければ長いほど、自社にマッチした分析ノウハウが蓄積されるので、会社の経営分析力が高まるが、継続性がなければ経営分析力は一向に高まらない。

 

如何にして管理会計を導入し、如何にして管理会計を運用していけばよいのか、順を追って詳しく解説していきたい。

 

 

 

 

管理会計は良質なフィルター!?

 

管理会計とは、財務諸表等の経営データの数値を有益な情報に変換、管理、運用し、会社の経営分析力を高める会計手法のことである。

 

例えば、財務諸表に記載されている数字は紛れもない事実の羅列である。

 

財務諸表をみれば、資産がいくらある、負債がいくらある、売上がいくらある、利益がいくらある、など等、それぞれの実績金額を把握することができる。

 

しかしながら、資産と負債のバランスが適正なのか、売上の成長率は適正なのか、利益の水準は適正なのか、など等、経営の適正度合いを実績金額だけで判断するのは困難である。

 

つまり、何ら手を加えていない財務諸表等の経営データを眺めていても、データの性質や意味を知ることはできないのである。

 

そこで活躍するのが「管理会計」だ。

 

管理会計は、さまざまな経営分析を通して、正しい経営判断を支える良質な根拠情報を生み出す。

 

言ってみれば、管理会計とは、「会社の数字」を「良質な情報」に変換させるフィルターのようなものである。

 

当然ながら、管理会計を導入するか、しないかで、経営者の経営判断の精度と優劣は大きく変わる。

 

事実、中小企業の赤字経営と管理会計の導入率は相関関係にある。

 

 

じつは、中小企業の管理会計導入率は20%程度、一方、管理会計未導入の会社は80%と云われている。

 

中小企業の70%が赤字経営と云われているので、管理会計未導入と赤字経営は相関がとれている。

 

中小企業といえども、経験と勘に頼った経営では、長期的な会社経営を実現するのは困難だ。

 

むしろ、資本力に乏しい中小企業ほど、たった一つの経営判断のミスが致命傷になるので、正しい根拠情報なくして安定経営は不可能といっても過言ではない。

 

例えば、陸上選手が100m走と10,000m走のどちらに出走しているのか分からずにスタートを切った場合、結果はどうなるだろうか?

 

考えるまでもなく、答えは明白だろう。

 

100m走と10,000m走では、出走するまでのトレーニング方法、ゴールまでのペース配分、全ての条件が変わってくる。

 

勘に頼った会社経営というのは、ゴールを知らずに走り出している陸上選手のようなものだ。

 

一等賞はもちろんのこと、一生、競争相手に勝つことは出来ないだろう。

 

 

管理会計は入門者でも簡単に習得できる!!

 

管理会計は、入門者でも簿記や会計の知識ゼロでも簡単に習得することができる。

 

なぜなら、管理会計(経営分析)は、原則、四則演算(加減乗除・+-×÷)の世界だからだ。

 

また、管理会計(経営分析)は会社の活きた数字を使うので、日常的に運用することで経営者の経営分析力がみるみる高まる。

 

運用開始から3ヵ月もすれば、数字に強い社長に変貌することも可能である。

 

但し、管理会計を導入するうえで気を付けるべきポイントがある。

 

それは、「継続性(継続したモニタリング)」だ。

 

管理会計で活用する経営指標、並びに経営指標の適正水準は、事業環境や業種業態、企業文化や経営者の方針によって変化する。

 

それぞれの企業に合った経営指標等は、管理会計を長期的に運用することでみえてくる。

 

継続性なくして、正しい経営指標等は見出せない。

 

従って、会社に管理会計を導入する場合は、まず初めにいくつかの経営指標の分析を定期化し、更に長期間継続することが必須となる。

 

会社に合った経営指標等が明確になると、経営分析の精度と共に、経営改善の効率が飛躍的に向上する。また、赤字経営に転落するリスクも著しく低下する。

 

 

管理会計を導入する場合のはじめの一歩は??

 

会社に管理会計を導入したいと考えても、どこから手を付けたらいいのか分からない、といった経営者もいるかも知れない。

 

そこで、管理会計を用いた経営分析を導入するうえで、はじめの一歩にお薦めの経営指標を紹介する。

 

紹介する4つの経営指標は業種業態関係なく、どんな会社にも通用する指標である。

 

損益面(収益性)

売上成長率売上総利益高営業利益率

資産面(安全性)

当座比率自己資本比率

 

それぞれの単語(ワード)をクリックすると各経営指標の解説がご覧いただける。

 

実際に、ご自身の会社の決算書を3期分手元に用意して経営分析してみてほしい。

 

管理会計を用いた経営分析が意外とやさしい手法であることが理解できると思う。

 

なお、経営指標の分析は、1か月分、或いは、直近の決算書1期分の数字を分析しても、会社の経営状態が見えてこない。

 

決算書であれば、直近から過去3年から5年分の分析が必要だ。

 

点から線へ、線から面へというように、過去から現在までの一定期間の業績推移が分かると、経営状態が明確に浮かび上がり、将来の業績予測も容易にできるようになる。

 

さて、損益面(収益性)と資産面(安全性)の分析結果は如何だったろうか?

 

良い方向に進んでいただろうか?

 

それとも、悪い方向に進んでいただろうか?

 

たった4つの経営指標であっても、過去3年分の数字を並べてみると、会社が良い方向に進んでいるのか、或いは、悪い方向に進んでいるのかを、一目瞭然で判別できる。

 

会社の数字は色んなことを経営者に教えてくれる。

 

例えば、売上総利益高営業利益率の水準が低い会社は、利益を上げるための経営改善策を真剣に考えるきっかけになる。

 

自己資本比率の水準が低い会社は、利益を拡大して、借金を減らし、純資産を増やすための経営改善策を真剣に考えるきっかけになる。

 

会社の数字を抜きにして、中小企業の安定経営を実現することは不可能に近い。

 

経験や勘が鋭いのに越したことはないが、更に数字にも強くなったら、経営者として言うことなしである。

 

管理会計を用いた経営分析手法は、決して難しいものではない。

 

本当に実効性のある僅かな経営指標だけでも、十分に効果のある管理会計を運用することができるのだ。

 

 

伊藤式管理会計の原点とは?

 

わたしが運用している管理会計は、次の3つの経験と体験をベースに独自開発したものである。

 

▶会計の専門知識を習得

 

▶中小企業の経営で実践

 

▶中小企業の経営指導で実践

 

わたしの場合、プロ経営者になるためには会計の知識は抑えておく必要があるだろうと考えて、税理士学校に通って、会計の勉強をスタートした。

 

丸5年間は平日の夜と土日を勉強漬けの日々にしたので、肉体的にも精神的にも大変だったが、会社経営に活かせる基本知識(民法・会計・税法・etc)がどんどん身についたので楽しさの方が勝っていた。

 

会計の知識を習得する過程で思ったのだが、実は、会計や税法には会社経営の実務にそのまま活かせる知識は殆どなかった。

 

例えば、成長発展に有効な経営分析手法、衰退予防に有効な経営管理手法、売上や利益を効率的に拡大する手法、安定経営を実現するための経営手法等々、会社経営の実務に活かせる知識は殆ど含まれていなかった。

 

巷の経営コンサルタントや税理士の先生が持っている会社経営の知識が如何に浅いものか思い知ったのも、この時期である。

 

わたしが幸いだったのは、会計を学びながら、中小企業の経営に参画していたことだ。この時期に、会計の専門知識と会社経営の実学をベースに、会社経営に有効な管理会計の経営分析手法を次々と開発した。

 

更に、経営コンサルティング会社を設立(2008年)してまもなくから数十社の会社再建の仕事にも恵まれた。

 

会社再建は経営力を磨く最短の近道である。経営状態がマイナスからのスタートなので、経営力を総動員しなければ再建は成功しない。

 

1社、そしてまた1社と会社再建に関わるたび、薄皮を一枚一枚重ねるように自身の経営力と共に管理会計技術を高めていった。

 

苦労も多く時間もかかったが、会社経営の原理原則と共に、会社経営の実務に有効な管理会計技術を身につけることができたのだ。

 

 

管理会計は経営者を救う優れたツール!!

 

管理会計ほど中小企業の成長発展を支えるツールはない。

 

なぜなら、中小企業の安定経営の実現、中小企業に適した経営戦略の展開等々、堅実な会社経営を行う上で管理会計ほど役立つツールはないからだ。

 

例えば、倒産の危機に瀕するような中小企業は、例外なく管理会計を導入していなかった。

 

そして、経営者は全員、数字に弱かった。経営者が数字に弱いゆえに、会社が傾いたといっても過言ではないケースもたくさんあった。

 

衰退する中小企業でも、例外なく利益水準が高く、好調な時期がある。

 

好調な時期に、どうして経営者自身の経営能力を上げるための投資をしなかったんだろう?

 

或いは、会社再建の仕事に関わるたびに「好調な時期に管理会計さえ導入していれば」と、忸怩たる想いを抱いたことは数知れない。

 

会社再建に支払う犠牲は半端なく大きい。

 

倒産経験のない経営者には想像がつかないかも知れないが、わたしは、倒産の危機に瀕するような会社は1社でも少ない方が良いと、心の底から思っている。

 

当サイトで貴重な経営ノウハウを無料で公開しているのも「黒字経営のうちに適切に判断できる経営環境を多くの中小企業経営者に提供したい」という想いがあるからだ。

 

会社の数字から顔を背けても何も発展しない。

 

会社の発展は会社の数字と正面から向き合うところから始まる。

 

そして、会社の変調は必ず数字に表れる。

 

普段から数字を理解していれば、きっと数字に救われる。そのためにも管理会計を導入し、経営者の経営分析力を高めることが欠かせないのだ。

 

➡NEXT「中小企業に適した経営指標と経営分析手法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ