会社経営に失敗しない秘訣

失敗しない会社経営に役立つ失敗経営学

失敗経営学のススメ/失敗は成功のもと

 

ビジネスに関連する情報世界を見渡すと成功事例をもとにした方法論で溢れています。

 

また、成功する方法から何かを学ぶ姿勢が当たり前のこととして世間に受け容れられているためか、多くの経営者も成功から学ぶことに対して何の疑問も抱いていません。

 

ビジネスの多様化は加速度的に進んでいます。

 

中小零細企業も多様化の例外ではなく、成功の論理、或いは、安定経営の論理は企業の数ほど存在します。

 

会社ごとにヒト、モノ、カネ、情報等の経営資源に大きな差がある中小零細企業の場合、共通の成功論理など、最早、存在しないのかも知れません。

 

何れにしても、ある一つの成功事例が全ての会社に当てはまる時代は過ぎ去りました。

 

それにも関わらず、脚光を浴びるのは未だに成功事例ばかりです。

 

 

中小企業の会社経営に成功事例は役に立たない!?

 

冷静に考えてみてください。

 

成功事例ばかりを学んだ経営者に、

 

・失敗を乗り越える知恵があるでしょうか?

 

・小さな失敗をかわす知恵があるでしょうか?

 

実は、中小企業の安定経営に成功事例が役立つことは殆どありません。

 

逆に、失敗事例は非常に役立ちます。

 

なぜなら安定経営を支えるのは、失敗のない連続性だからです。

 

中小企業の安定経営に、失敗事例ほど役立つものはありません。

 

 

失敗のメカニズムとは?

 

失敗のメカニズムが分かれば、失敗事例が安定経営に役立つ理由が理解できます。

 

 

経営者であろうと、社員であろうと、人は必ず失敗を犯します。

 

失敗の芽が小さければ会社経営に与えるダメージは小さく済みますが、失敗の芽がそのまま放置されると、いつかは会社経営に大きなダメージを与える不祥事に繋がりかねません。

 

失敗には必ず「失敗の芽」があるのです。

 

つまり、事前に失敗の芽を摘むことさえできていれば、会社経営が傾くほどの不祥事が起こることはないということです。

 

失敗は確率現象でもありますので、ハインリッヒの法則で説明することも可能です。

 

ハインリッヒの法則とは、1件の重大事故の陰には29件の軽度事故があり、更にその陰には300件のヒヤリとした事故があるというものです。「1:29:300の法則」ともいわれています。

 

ヒヤリとする失敗の芽は300件のヒヤリとする事故に例えることができます。

 

つまり、300件のヒヤリとする失敗の芽を摘み続けている限りは、29件の小さな失敗も、更に会社経営に大きなダメージを与えるほどの1件の大きな失敗(不祥事)も起こり得ないといえます。

 

会社経営の失敗の芽が摘まれている限りは、経営者が経営判断を誤ることはありません。

 

そして、正しい経営判断が下されている限りは、安定経営が崩れることはありません。

 

これが、安定経営を支える失敗のない連続性の仕組みです。

 

 

失敗事例を会社経営に活かす失敗経営学!!

 

果たして、経営者の中で失敗と向き合っている方はどの程度いるでしょうか?

 

そもそも、成功事例は様々な形態で世に語り継がれていきますが、失敗事例が記録される習慣は殆どありません。

 

ましてや違う会社の失敗事例を記録で残している会社など皆無といっていいでしょう。

 

また、元来失敗というのは、見たくない、忘れたいという心理が自然と働きますので、3の法則の通り、3日、3週間、3ヵ月と経過すると共に殆ど忘れ去られる運命にあります。

 

従って、どんなに大きな不祥事であっても会社経営の失敗事例が貴重な経営資源として活用されることは稀です。

 

「失敗は成功のもと」といわれる通り、失敗事例ほど会社経営に役立つことはありません。

 

なぜなら、失敗事例は成功事例とは違い、どんな会社にも当てはまる教訓として有効に活かすことができるからです。

 

何故、失敗したのか?

 

そして、失敗を防ぐにはどうしたら良いのか?

 

経営者自身が大きな失敗を経験する必要はありません。

 

他人の失敗に学ぶ姿勢ひとつで、安定経営のヒントを見つけ出すことができるのです。

 

 

失敗事例のススメ

 

当サイトでは、下記3つの領域に分けて、会社経営の失敗事例を紹介しています。

 

⇒⇒「倒産しそうな会社の特徴」

 

⇒⇒「持続的成長が難しい会社の特徴」

 

⇒⇒「会社経営に失敗するダメな社長の特徴」

 

ただの失敗事例ではなく失敗を回避する方法論にも及んだ記事となっています。

 

失敗は成功のもと。

 

成功の秘訣は失敗しないこと。

 

成功の論理はいつも失敗の陰に潜んでいます。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「経営に失敗するダメ社長の特徴」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

会社の数字を開示しないダメな社長
会社の数字は会社経営の道しるべとなる重要な情報です。経営者は会社の数字を頼りに経営改善を推進し利益を拡大していくのです。会社の数字の重要性を分かりやすく解説しています。
横領されるダメな社長の現金管理方法
会社のお金を社員が着服する横領事件の原因の殆どは経営者の杜撰な現金管理にあります。経営者が抑えるべき横領を防ぐ現金管理の方法を分かりやすく解説しています。
ブラック社長は社員を使い捨てにする
社員を消耗品のように使い捨てるブラック社長は意外と多いものです。社員を大切にしない会社に明るい未来はありません。ブラック社長の特長と弊害を分かりやすく解説しています。
株式投資で失敗したダメな社長
会社の経営が順風満帆に進むと、つい本業以外の事業や株式投資に手を出して失敗するダメな社長がいます。株式投資失敗の実例と共に、株式投資に失敗しない秘訣を分かりやすく解説しています。
ダメな社長のどんぶり勘定
どんぶり勘定の経営者と聞くとダメな社長と連想する方も多いと思います。経営者がどんぶり勘定に陥ると簡単に倒産の危機に瀕することがあります。どんぶり勘定の弊害を分かりやすく解説しています。
ダメな社長の節税対策は浪費
節税対策に気を取られて浪費を繰り返す経営者はダメな社長です。行き過ぎた節税対策はただの浪費です。節税対策と浪費は似て非なるものです。節税と浪費の違いを分かりやすく解説しています。
会社に宗教を持ち込むダメ社長
ひとたび誤った方向に宗教を持ち込むと弊害が出ることがあります。従って、会社に宗教を持ち込む経営者はダメな社長と言わざる得ません。宗教が原因で会社が倒産した実例を紹介しています。
売上至上主義のダメな社長
会社の利益の重要性を見落とし売上しか見ていない売上至上主義の経営者はダメな社長の典型例です。売上至上主義者が見落としている大切なポイントをわかりやすく解説しています。
ダメな社長ほど公私混同が酷い
ダメな社長ほど公私混同が酷い傾向にあります。そして、公私混同の弊害は会社経営の至るところに表れます。公私混同のケースと弊害を分かりやすく解説しています。
会社の法律違反を見逃すダメ社長
会社の法律違反を見逃す経営者はダメな社長と言わざるえません。また、経営者は法律の範囲なら何でもOKという行動もダメです。長期経営に欠かせない倫理観を分かりやすく解説しています。
愛人を作るダメな社長
愛人を作る経営者はダメな社長の典型です。愛人を作った場合の倒産リスクは高く、わたしが知っている愛人を作った経営者の会社は全て倒産の危機に瀕しました。愛人の弊害を分かりやすく解説しています。
数字に弱いダメな社長
経営者に最も必要な能力は「会社の業績を読み解けるか否か」です。従って、数字に弱い社長はダメ社長といわざるえません。数字に弱い社長の弊害を分かりやすく解説しています。
ブランド志向のダメな社長
会社経営者がブランド志向だと物事の本質を見落として経営判断を誤ったり、自身の経営判断に自信を持てなくなったりすることがあります。ブランド志向の特徴と弊害を分かりやすく解説しています。
指示待ち人間から脱却できないダメな社長
社会人たる者、指示がなければ動けないという「指示待ち人間」では、社会で通用しません。ましてや会社の社長が指示待ち人間では経営者失格です。指示待ち社長の実例と弊害を解説しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ