中小企業の成長を妨げる節税

節税方法に気を取られて浪費するダメな社長

節税方法に気を取られて浪費するダメな社長

 

中小企業の場合、会社のオーナー(株主)=経営者というケースが一般的です。

 

オーナー兼経営者という支配構造にある会社において、稀に、会社を私物化している社長さんがいます。

 

オーナーという立場にいますので、会社を私物化して好き勝手に経営すること自体は悪いことではありませんが、会社経営の本質は「会社の黒字経営を未来永劫」続けることです。

 

黒字経営を続けるためには会社の利益を継続的に生み出し、その利益を将来の成長投資に回すという循環が何よりも大切です。

 

しかしながら、オーナー色の強い会社の社長さんの中には、会社のお金=自分のお金という考えのもと、成長投資を十分に行っていないケースがあります。

 

会社のお金=自分のお金と考えていますので、なかには利益の一部を税金で徴収されることに強い抵抗感を示す社長もいます。

 

このような社長のとる行動は、ただひとつ、「行き過ぎた節税」です。

 

 

行き過ぎた節税は、ただの浪費!!

 

行き過ぎた節税のパターン例を紹介すると、

 

どうやら今年は利益が出そうだ、となると、車を買い替えたり、什器等の消耗品を購入したり、絵画等の美術品を購入したり、派手な接待交際を繰り広げたり、会社経営に全く関係のない分野の消費を繰り返します。

 

中には、巧妙な手口で節税を行う経営者の方もいます。

 

例えば、贈答の時期に、会社の費用で商品券等の換金性の高いものを大量に購入して、こっそり現金化したり、お客様に贈答せずに自己消費して領収書を二重取りしたりという上級者もいます。(このケースは脱税になります)。

 

また、自身の会社に個人資金を貸し付けて会社から法定金利の上限利息を受取るような、私利私欲で会社を食い物にする経営者もいます。

 

適正な節税であれば問題ありませんが、行き過ぎた節税はただの浪費です。

 

投資ではなく、浪費ですので、会社の成長に貢献することはありません。

 

また、節税方法のことばかりに頭が回って、会社の成長投資に頭が回らないという、本末転倒な状況も生み出されます。

 

従って、節税方法に気をとられて浪費する経営者は、ダメな社長と言わざるえません。

 

 

節税第一では会社の成長発展が鈍化する!!

 

果たして毎年毎年、行き過ぎた節税(浪費)を行っている会社に明るい未来はあるでしょうか?

 

恐らく2代も続けば、倒産の危機に瀕するでしょう。

 

 

会社の投資活動は多岐にわたります。

 

人材への投資、設備への投資、お客様への投資、システムへの投資、経営改善への投資、等々、投資先は多種多様です。

 

会社は利益を生み出し、投資を継続することで、成長し、競争力を強めていくのです。

 

中小企業のみならず、会社経営の基本です。

 

せっかくの利益を投資に回さずに浪費に回すことが得なのか損な行動か?

 

会社を長期的に経営したいと考えている経営者であれば答えは明白です。

 

 

行き過ぎた節税の怖い弊害とは?

 

利益の浪費(行き過ぎた節税)の弊害はまだあります。

 

浪費のような節税を繰り返していると、現金と共に会社の自己資本(※1)が一向に増加しません。

 

利益の浪費を繰り返し、万が一、赤字となってしまったら自己資本は減少します。

 

自己資本が減少し続けると、何れ会社は倒産します。

 

従って、利益が出たら一定水準を利益として確定させて、然るべき税金を支払い、内部留保(※2)として自己資本を増やすことが正しい経営判断となります。

 

 

中小企業にとって節税は大切な経営要素に違いありません。

 

しかしながら、行き過ぎた節税は会社経営に様々な弊害をもたらすだけです。

 

会社の黒字経営が続くと、オーナーと経営者家族の生活は安泰となり幸せが続きます。

 

会社に勤める社員や会社のサービスを享受しているお客様の幸せも続きます。

 

しかし、会社が倒産してしまえば、その幸せは一転して不幸になります。

 

一代限り、自分ひとりの欲で会社を経営するのであれば、それも良いでしょう。

 

会社を次の世代に繋げたいと考えている経営者であれば、自分の欲はほどほどに、行き過ぎた節税を戒めることも大切です。

 

会社の利益は浪費するものではありません。

 

会社の利益は投資するものです。

 

 

※1 自己資本とは、貸借対照表の純資産の金額のことで返済する必要がない資金源泉のこと。

 

※2 内部留保とは、企業が経済活動を通して獲得した利益のうち企業内部へ保留され蓄積された部分のこと。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

失敗経営学のススメ/失敗は成功のもと
中小企業の安定経営に失敗事例ほど役立つものはありません。なぜなら安定経営を支えるのは失敗のない連続性だからです。失敗は成功のもと。成功の秘訣は失敗しないこと。成功の論理はいつも失敗の陰に潜んでおります。
会社の数字を開示しないダメな社長
会社の数字は会社経営の道しるべとなる重要な情報です。経営者は会社の数字を頼りに経営改善を推進し、利益を拡大していくのです。従って、会社の数字を開示しない経営者はダメな社長と言わざるえません。
現金管理を丸投げするダメな社長
会社のお金を社員が着服する横領事件の殆どは杜撰な現金管理にあります。また、横領事件が後を絶たない背景には現金管理にだらしのない経営者の存在があります。従って、現金管理を丸投げする経営者はダメな社長と言わざるえません。
ブラック社長は社員を使い捨てにする
社員を消耗品のように使い捨てるブラック社長は意外と多いものです。しかしながら、会社の経営資源である、ヒト、モノ、カネ、情報の中で最も大切なのは「ヒト」です。社員を大切にしない会社に明るい未来はありません。
株式投資で失敗するダメな社長
会社の経営が順風満帆に進むと、つい本業以外の事業や株式投資に手を出して、失敗するダメな社長がおります。素人が一時の成功に酔いしれて、まったく別の分野に投資するのは愚の骨頂です。
どんぶり勘定のダメな社長
どんぶり勘定の経営者と聞くとダメな社長と連想する方も多いと思います。どんぶり勘定とは、会社の収入と支出のお金の管理がいい加減ということです。どんぶり勘定の典型的な思考に陥ると容易に倒産の危機に瀕することがあります。
会社に宗教を持ち込むダメな社長
ひとたび誤った方向に宗教を持ち込むと弊害が出ることもあります。従って、会社に宗教を持ち込む経営者はダメな社長と言わざる得ません。以前、調査に入ったとある会社は宗教が原因で会社が倒産してしまいました。
売上至上主義のダメな社長
会社の利益の重要性を見落とし売上しか見ていない売上至上主義の経営者はダメな社長の典型例です。経営者の頭のなかに「利益」という意識が常にあると会社の経営判断は全く質の違うものになります。
公私の区別がだらしないダメな社長
公私の区別がだらしない経営者は至るところで会社経営に弊害をもたらします。また、公私混同が酷い経営者は社員だけでなく取引先からもダメな社長という評価を受けやすいです。公私混同がエスカレートすると最後は収集のつかない状況に陥ってしまいます。
法律違反にルーズなダメな社長
法律順守にルーズな経営者はダメな社長と言わざるえません。また、経営者は法律の範囲なら何でもOKという行動も取るべきではありません。倫理観なくして長期的且つ安定的な会社経営を実現することは困難といっても過言ではありません。
愛人を作るダメな社長
愛人を作る経営者はダメな社長の典型例です。愛人を作った場合の倒産リスクはかなり高いです。事実、わたしが知っている愛人を作った経営者の会社は全て倒産の危機に瀕しました。欲は魔物です。時には行き過ぎた欲を戒めることが大切です。
数字に弱いダメな社長
経営者に最も必要な能力は?と問われれば「会社の業績を読み解けるか否か」でしょうか。従って、数字に弱い社長はダメ社長といわざるえません。事実、過去に調査に入った赤字企業は、全ての経営者が数字に弱く業績把握ができておりませんでした。
ブランド志向のダメな社長
会社経営者がブランド志向だと物事の本質を見落として経営判断を誤ったり、自身の経営判断に自信を持てなくなったりすることがあります。従って、行き過ぎたブランド志向の経営者はダメな社長といわざる得ません。
指示待ち人間から脱却できないダメな社長
社会人たる者、指示がなければ動けないという「指示待ち人間」では、社会で通用しません。ましてや会社の経営者自身が指示待ち人間であればダメな社長と言わざるえません。因みに指示待ち人間からの脱却は並大抵の努力ではなし得ません。