節税対策と浪費は似て非なるもの

ダメな社長の節税対策は浪費

ダメな社長の節税対策は浪費

 

中小企業の場合、会社のオーナー(株主)=経営者というケースが一般的だ。

 

オーナー兼経営者という支配構造にある中小企業において、稀に、会社を私物化している社長がいる。

 

会社の私物化が過ぎる社長のなかには、節税対策と言い張り、自己消費や無駄遣いなど等のただの浪費に走るダメな社長もいる。

 

会社を私物化して好き勝手に経営すること自体は悪いことではないが、会社経営の本質は「会社の利益を最大化」することだ。

 

会社の利益を最大化するには、利益を継続的に生み出し、その利益を将来の成長投資に回すという循環が何よりも大切である。

 

しかしながら、オーナー色の強い経営者のなかには、会社のお金=自分のお金という思い込みから、成長投資を十分に行っていない方がいる。

 

会社のお金=自分のお金と考えているので、なかには利益の一部を税金で徴収されることに強い抵抗感を示す経営者もいる。

 

このような経営者のとる行動は、ただひとつ、「行き過ぎた節税対策」だ。

 

 

行き過ぎた節税対策は、ただの浪費!!

 

中小企業経営者の行き過ぎた節税対策のケースは様々である。

 

例えば、「どうやら今年は利益がたくさん出そうだ」となると、車を買い替えたり、什器等の消耗品を購入したり、絵画等の美術品を購入したり、派手な接待交際を繰り広げたり、会社の成長発展に関連しない分野の消費を繰り返す節税対策は、よくあるケースだ。

 

中には、巧妙な手口で節税を行う中小企業経営者もいる。

 

例えば、贈答の季節に会社の費用(接待交際費)で商品券を大量に購入して、こっそり現金化したり、お客様に贈答せずに自己消費して領収書を二重取りしたりという悪徳経営者もいる。(このケースは脱税になる)

 

切手、或いは、新幹線や航空チケットといった換金性の高いものを購入して、現金化を繰り返す悪徳経営者もいる。(このケースも脱税になる)

 

また、自身の会社に個人資金を貸し付けて会社から法定金利の上限利息を受取るような、私利私欲で会社を食い物にする経営者もいる。

 

適正な節税対策であれば問題ないが、行き過ぎた節税対策はただの浪費である。

 

投資ではなく、浪費なので、会社の成長発展には一切貢献しない。

 

また、節税対策のことばかりに頭が回って、会社の成長投資に頭が回らないという、本末転倒な状況も生み出される。

 

 

節税第一では会社の成長発展が鈍化する!!

 

節税対策に気をとられて浪費する経営者は、ダメな社長の典型例である。

 

果たして、行き過ぎた節税対策を続けている中小企業に明るい未来はあるだろうか?

 

恐らく2代も続けば、倒産の危機に瀕するだろう。

 

会社の投資活動は多岐にわたる。

 

会社は利益を生み出し、成長投資を継続することで、更なる発展を成し遂げ、競争力を強めていくのだ。

 

これは、中小企業のみならず、会社経営の基本である。

 

せっかくの利益を投資に回さずに浪費に回すことが得なのか損な行動なのか?

 

会社を長期的に経営したいと考えている経営者であれば答えは明白である。

 

行き過ぎた節税対策(利益の浪費)の弊害はまだある。

 

浪費のような節税対策を繰り返していると、現金と共に会社の自己資本が一向に増加しない。

 

当然ながら、行き過ぎた節税対策(利益の浪費)を繰り返し、万が一、赤字経営に転落すると、その瞬間から自己資本の減少が進み、いづれ会社経営は行き詰る。

 

一定水準の利益を確定させて然るべき税金を支払い、内部留保として自己資本を増強しなければ、ほんの些細な失敗で経営が行き詰るリスクが高まるばかりとなるのだ。

 

 

中小企業にとって節税対策は大切な経営要素に違いない。

 

しかしながら、行き過ぎた節税対策は会社経営に様々な弊害をもたらすだけだ。

 

よく考えてみてほしい。

 

会社の利益が最大化されれば、オーナー、経営者、社員、顧客、取引先、関係者の家族など等、すべての関係者の幸せが続く。

 

しかし、ひとたび会社が衰退してしまうと、その幸せは一転して不幸になってしまう。

 

一代限り、自分ひとりの欲を満たすためだけに会社を経営するのであれば、それも良いだろう。

 

会社を次の世代に繋げたいと考えている経営者であれば、自分の欲はほどほどに、行き過ぎた節税対策は控えた方がよい。

 

会社の利益は浪費するものではない。

 

会社の利益は投資するものだ。

 

➡NEXT「愛人を作るダメな社長」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ