指示待ち人間では経営者失格

指示待ち人間から脱却できないダメな社長

指示待ち人間から脱却できないダメな社長

 

社会人たる者、指示がなければ動けないという「指示待ち人間」では、社会で通用しない。

 

ましてや会社の経営者が指示待ち人間であれば、社長失格である。

 

社長が指示待ち人間という事は、経営者に強い意思が備わっていないというだ。

 

意志も向上心もない経営者のもとで、中小企業が成長するわけがない。

 

中小企業の経営成績は、経営者の能力で決まるのだ。

 

また、経営者に強い意思がない場合、社員はどこに向かって働いていいのか分らず、問題や課題に直面してしまうと、会社全体がオロオロしてしまう。

 

こうなると、最早、倒産しか道がないといっても過言ではない。

 

過去に再建調査に入った中小企業での話である。

 

地方の同族企業で年商が40億円弱の規模の会社だったが、この会社の社長が指示待ち人間だった。

 

誰の指示を仰いでいたかというと、両親ではなく、専務として会社経営に参画していた義理の兄である。

 

義理の兄であっても専務として会社の経営をしっかり支えているのであれば問題ないが、この会社の年間の赤字額は1億円、借金は10億円にも達していた。

 

資産状況も損益状況もすでに危機的状況にあったにも関わらず、経営陣含め、会社の数字を理解している者は皆無だった。

 

数字を把握していないので、経営改善の対策は合理性のない精神論からくる対策ばかりである。

 

対策を講じても効果を検証することができないので、会社経営は、まるで暗闇の海の中をもがいているような状況であった。

 

☑社長としては専務の指示通りに動いているが結果が伴なわない、、、

 

☑専務としては社長と社員のやり方が悪いと思いこみ自身の失敗を反省しない、、、

 

お互いさまといえばそれまでだが、会社の経営は、社長が陣頭指揮をとり、皆が望む方向に導かなければならない。

 

指示待ち社長のもとでは、会社の業績を上げることは至難の業なのだ。

 

 

指示待ち人間の社長の特長とは?

 

指示待ち人間であるということは、他人の意思に従って働いている、ということである。

 

これでは経営者としての自覚が芽生えることはない。

 

また他人の意思に従っているだけなので、経営者としての成長も期待できない。

 

中小企業の経営成績は、経営者の能力に比例する。

 

会社を良くするも悪くするも経営者の能力次第である。

 

つまり、経営者自身が成長しなければ、会社が成長することはないのだ。

 

また、指示待ち人間は、常に不安げな要素を持っている。

 

実際、この会社の社員の目は、的確に社長の特徴を捉えていた。

 

兄の言うことに逆らえない

リーダーシップが全くない 

社員になめられている

おぼっちゃん社長

社員を大切にしない

経営を放棄している

迷走している

私利私欲が甚だしい

無能な幹部社員を放置している

経営理念や意思が不明

社長を辞めたほうが良い

組織管理能力が著しく低い

 

上記は全て社員(約100名)の面談を通じて判明した、社長に対する社員の声の一部である。

 

指示待ち人間からの脱却は並大抵の努力ではなし得ない。年齢が50歳を超えている場合は、治らないと思っても良い。

 

 

指示待ち人間から抜け出す方法はあるのか?

 

指示待ち人間から抜け出すには、経営判断に自信をつけることが一番の近道である。

 

経営判断に自信をつけるには、基本に忠実に、会社の数字を診る練習を繰り返すことが大切だ。

 

会社経営の結果は全て会社の数字に表れる。つまり、経営者が指揮する事業活動、経営者の経営判断等々、全ての経営結果は会社の数字に集約されるのだ。

 

日頃から、売上が上がった、若しくは、売上が下がった等々の業績結果を追いかけていれば、徐々に正しい経営判断を下すためのピントが合ってくる。

 

そして、経営判断の経験と体験が蓄積されれば、自ずと経営判断に自信がつき、指示待ち人間からの脱却も見えてくるものだ。

 

➡NEXT「ブランド志向のダメな社長」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ