ブランド志向は経営者の視野を狭める

ブランド志向のダメな社長

ブランド志向のダメな社長

 

ブランド品は誰がどこから見ても、それ相応の客観的評価を得ています。

 

従って、ブランド品を持っていれば周りからの評価を気にせず安心していられるというメリットがあります。

 

もしも、ブランド志向の人がノンブランド品を身に着けると周囲の評価が気になってしまい不安が付きまとうかも知れません。

 

一方、ノンブランド品はどうでしょうか?

 

ノンブランド品には客観的評価が備わっていないかも知れませんが、ブランド品よりも安価で品質が同等、もしくは、それ以上のものがあります。

 

ホンモノを見抜く能力がなければ良い品に巡りあうことはできませんが、ホンモノを見抜く能力を持っているのであれば、こちらの方が賢い選択といえなくもありません。

 

会社の経営者に必要なのは、後者のホンモノを見抜く能力です。

 

行き過ぎたブランド志向の社長は、ホンモノを見抜く力に欠けているタイプが少なくありません。

 

 

ブランド志向からホンモノ志向に変わると経営の本質が見える!?

 

ホンモノを見抜く能力を磨くには過去の歴史や物事の成り立ち、自然の法則や世の中の仕組みを本質的に理解する必要があります。

 

そのような訓練を繰り返すことで、徐々に物事の本質を見抜く能力が身についていくのです。

 

よく、

 

・「一芸を極めた人同士は同じ境地に辿りつく」

 

・「表現は違うが言っていることは一緒」

 

ということがありますが、物事の本質を極めると、どの分野の本質もみえてくるものです。

 

会社経営者がブランド志向だと、物事の本質を見落として経営判断を誤ったり、自身の経営判断に自信を持てなくなったり、近視眼的な視野の狭さに陥ったりすることがあります。

 

行き過ぎたブランド志向のあまり、本質を見抜く能力をおざなりにしている経営者はダメな社長と言わざるえません。

 

 

ブランドとホンモノの違いとは?

 

ビジネスの世界では「ブランド」が虚像であることが往々にしてあります。

 

つまり、大企業≠良い商品、良いサービス、良い仕事という風に、大企業のブランドが必ずしも「ホンモノ」ではないということです。

 

むしろ無名の中小企業の方が「ホンモノ」の仕事を提供している場合が多いです。

 

例えば、高級時計のロレックス1点を構成する部品の数は約300点といわれています。

 

つまり、1点のブランド品を、ネジや歯車などの約300点もの「無名のホンモノ」が支えているということです。

 

昨今の経済は飽和状態に入りつつあります。地球上の資源もいつ枯渇するか分りません。

 

発想の転換的な新サービス(主にIT系)は発明されていくでしょうが、新たにモノを作れば売れるという時代は終わりました。

 

中小企業のモノづくりに限っていえば、これからの時代に求められるのは、本質に沿ったホンモノの商品作りです。

 

そのためにはブランドに惑わされない、ホンモノを見抜く能力が必要です。

 

 

コンサルタントにもホンモノと偽物がある!?

 

大企業の商品やサービス同様、肩書ばかりが立派なコンサルタントが能力のあるコンサルタントとは限りません。

 

ブランド志向の経営者がコンサルタントや顧問を会社に迎えるとき、肩書ばかりを気にして、肝心のコンサル能力を見抜けない場合があります。

 

能力のないコンサルタントに会社の経営改善はできません。

 

しかしながら、知識が豊富で口先だけは達者な方が多いですので、経営者がコンサルタントの能力不足に気が付かないまま中途半端に雇い続けてしまうことがあります。

 

結果、コンサルタントに報酬のみを吸い取られるという、実に都合の良い関係性が成立するのです。

 

このケースはかなり多くの中小企業で起こっています。

 

お心当たりのある経営者は一度冷静にコンサルタントの能力判定を行い、経営改善に貢献していないと判明した場合は、コンサル契約を解約することお薦めします。

 

 

見栄はほどほどに!!

 

会社の調度品や什器を高級ブランド品で揃える見栄っ張りなブランド志向の経営者もいますが、普通の会社であれば、そこまでこだわる必要はありません。

 

取引先や来客者も、そこまで気にしてみていません。

 

行き過ぎたブランド志向は経費の無駄遣いになりますので注意が必要です。

 

経費の無駄遣いをせずに会社の成長投資にお金を使った方がよほど効果的です。

 

「ボロはきてても心は錦」の詩の通り、大切なのは中身です。

 

ブランド志向が全て悪いわけではありません。

 

ブランドに頼るあまり、本質を見抜く能力をおざなりにしてしまうことがいけない事なのです。

 

本質を見抜く能力が身に付けば、自ずと経営判断にも自信がつき、地に足のついた会社経営が実現できます。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「経営に失敗するダメ社長の特徴」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

失敗しない会社経営に役立つ失敗経営学
中小企業の安定経営に失敗事例ほど役立つものはありません。なぜなら安定経営を支えるのは失敗のない連続性だからです。失敗から学ぶ成功の論理を分かりやすく解説しています。
会社の数字を開示しないダメな社長
会社の数字は会社経営の道しるべとなる重要な情報です。経営者は会社の数字を頼りに経営改善を推進し利益を拡大していくのです。会社の数字の重要性を分かりやすく解説しています。
横領されるダメな社長の現金管理方法
会社のお金を社員が着服する横領事件の原因の殆どは経営者の杜撰な現金管理にあります。経営者が抑えるべき横領を防ぐ現金管理の方法を分かりやすく解説しています。
ブラック社長は社員を使い捨てにする
社員を消耗品のように使い捨てるブラック社長は意外と多いものです。社員を大切にしない会社に明るい未来はありません。ブラック社長の特長と弊害を分かりやすく解説しています。
株式投資で失敗したダメな社長
会社の経営が順風満帆に進むと、つい本業以外の事業や株式投資に手を出して失敗するダメな社長がいます。株式投資失敗の実例と共に、株式投資に失敗しない秘訣を分かりやすく解説しています。
ダメな社長のどんぶり勘定
どんぶり勘定の経営者と聞くとダメな社長と連想する方も多いと思います。経営者がどんぶり勘定に陥ると簡単に倒産の危機に瀕することがあります。どんぶり勘定の弊害を分かりやすく解説しています。
ダメな社長の節税対策は浪費
節税対策に気を取られて浪費を繰り返す経営者はダメな社長です。行き過ぎた節税対策はただの浪費です。節税対策と浪費は似て非なるものです。節税と浪費の違いを分かりやすく解説しています。
会社に宗教を持ち込むダメ社長
ひとたび誤った方向に宗教を持ち込むと弊害が出ることがあります。従って、会社に宗教を持ち込む経営者はダメな社長と言わざる得ません。宗教が原因で会社が倒産した実例を紹介しています。
売上至上主義のダメな社長
会社の利益の重要性を見落とし売上しか見ていない売上至上主義の経営者はダメな社長の典型例です。売上至上主義者が見落としている大切なポイントをわかりやすく解説しています。
ダメな社長ほど公私混同が酷い
ダメな社長ほど公私混同が酷い傾向にあります。そして、公私混同の弊害は会社経営の至るところに表れます。公私混同のケースと弊害を分かりやすく解説しています。
会社の法律違反を見逃すダメ社長
会社の法律違反を見逃す経営者はダメな社長と言わざるえません。また、経営者は法律の範囲なら何でもOKという行動もダメです。長期経営に欠かせない倫理観を分かりやすく解説しています。
愛人を作るダメな社長
愛人を作る経営者はダメな社長の典型です。愛人を作った場合の倒産リスクは高く、わたしが知っている愛人を作った経営者の会社は全て倒産の危機に瀕しました。愛人の弊害を分かりやすく解説しています。
数字に弱いダメな社長
経営者に最も必要な能力は「会社の業績を読み解けるか否か」です。従って、数字に弱い社長はダメ社長といわざるえません。数字に弱い社長の弊害を分かりやすく解説しています。
指示待ち人間から脱却できないダメな社長
社会人たる者、指示がなければ動けないという「指示待ち人間」では、社会で通用しません。ましてや会社の社長が指示待ち人間では経営者失格です。指示待ち社長の実例と弊害を解説しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ