経営者が身につけるべき投資の原則

株式投資で失敗したダメな社長

株式投資で失敗したダメな社長

 

会社の経営が順風満帆に進むと、つい本業以外の事業や株式投資に手を出して失敗するダメな社長がいる。

 

例えば、下記ニュースはある企業の民事再生法適用の記事だが、本来、倒産するような事業構造の会社ではなかった。

 

生活情報誌等出版、通信販売を手がける最大手U社は2009年3月30日、東京地裁へ民事再生法適用を申請した。帝国データバンクによると、負債は約65億円。2007年3月期の年売上は約166億を計上。しかし、2007年春より導入した会計システムの不具合から混乱が生じ、信用不安が表面化していた。(2009年4月2日新刊JPニュース編集部・一部抜粋)

 

この会社は、保有会員数十万人超に対して定期購読雑誌と通販を展開していて、定期的に購読収入(1年分の前払い)と通販収入が入ってくるという、盤石なキャッシュフローを持つ収益基盤を持っていた。

 

会員数さえ維持できていれば倒産しない事業構造ともいえる。

 

この会社の事業は順調に推移していて、会員数と共に利益も右肩上がりで伸びていたはずだ。

 

当時関わっていた会社の取引先でもあったので、わたし自身、実際にこの会社に訪問したことがあるが、広い面談ルームに高額な絵画を何点も飾っていて、じつに優雅な雰囲気だったのを覚えている。

 

しかしながら、結末は、倒産である。

 

一体この会社に何が起こったのだろうか?

 

 

株式投資の失敗で会社が倒産!!

 

先のニュースには、「会計システムの混乱が生じ信用不安が、、、」との倒産理由が公表されていたが、内情は違った。

 

経営者が、会社の余剰資金十数億円を本業とは全く関係のない会社株式に投資を行い、多額の損失が発生していたのである。

 

いわゆる、株式投資の失敗だ。

 

多額のリターンを目論んで株式投資をしたものの、結局、投資回収の目途が立たない状況に追い込まれ、加速度的に資金繰りが悪化する事態を招いていた。

 

倒産末期の頃は、ノンバンク等からの借金で運転資金を補てんしながら経営を続けていたが、やがて手元資金が底をつき、民事再生法を申請したのだった。

 

負債額65億円のうち弁済(※1)できたのは僅か3億円強である。

 

弁済率はわずか5%程度だ。

 

取引先の多くは中小企業だったが、総額60億円強もの債権(※2)を泣く泣く放棄する羽目になったのである。

 

債権者集会(※3)にも出席したが、それはそれはすごい剣幕で迫る債権者が沢山いた。

 

倒産する前日まで、心から信頼して取引していた相手に、たった一夜で裏切られた恨みは計り知れない。

 

約20年間会社経営を続けてきて、一時の欲で株式投資に失敗し、最後は取引先への債務60億円を踏み倒して去っていく経営者...。

 

当然ながら、この経営者の信用は会社の倒産と共に失墜した。

 

※1 弁済とは、債務を履行して、債権を消滅させること。例えば、借りたお金を返すこと

 

※2 債権とは、ある者(債権者)が他の者(債務者)に対して一定の行為(給付)を請求しうることを内容とする権利の事。例えば、貸したお金を返してもらう権利のこと

 

※3 債権者集会とは、債権者に破産手続に関する情報を開示し、また、破産手続に債権者の意見を反映させるために、裁判所の管理下のもと開催される集会のこと

 

 

素人は株式投資の世界では儲けられない!?

 

ベンチャーキャピタル(※4)が新規事業に投資をして上場まで導ける成功確率は5%以下だそうだ。

 

投資を行う前に有望な100社を選定し、更に1社までふるいにかけるといった緻密な分析作業もあるので、実際に目星をつけて成功に導ける確率は1%にも満たないという見方もできる。

 

プロの世界でさえ、新しい事業に投資を行い成功に導くのは至難の業なのだ。

 

会社が成長し、経営者としての成功を実感した時こそ、創業当時の初心に戻って基本に立ち返ることが大切である。

 

欲に駆られて投機分野(※5)に投資せず、会社の本業や顧客に投資を行っていれば、この会社の未来は変わっていただろう。

 

素人が一時の成功に酔いしれて、まったく別の分野に投資するのは愚の骨頂である。

 

ひたむきに本業の経営基盤を強化することが会社経営の正攻法なのだ。

 

※4 ベンチャーキャピタルとは、ハイリターンを狙った投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。 主に未上場企業に対して投資を行い、上場したのち株式を売却し利益(キャピタル・ゲイン)を得る

 

※5 投機(とうき)とは、価格変動の目論見から利ざやを得ようとする行為。ギャンブル的な要素が強い

 

➡NEXT「会社に宗教を持ち込むダメ社長」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ