法律違反は会社経営の超危険リスク

会社の法律違反を見逃すダメ社長

会社の法律違反を見逃すダメ社長

 

経営者にとって法律順守は最低限のマナーである。

 

従って、会社の法律違反を見逃す経営者はダメ社長といわざる得ない。

 

倒産の危機に瀕した中小企業の調査に入ると、稀に法律違反に遭遇することがある。

 

この種の情報は、決して経営者や幹部社員は教えてくれない。

 

社員面談の際に、社員から知らされることが殆どである。

 

法律違反のケースはさまざまだが、社員としては良心の呵責に耐えられないというのが正直な心情だと思う。

 

「会社からの命令でやっているが自分は法律違反に手を貸している。経営者は是正してくれない。外部に助けを求めれば法律違反が明るみに出て会社が潰れるかも知れない。そうすれば働き口がなくなるのは自分。結局、誰にも言えないまま、法律違反の日々が過ぎていく...」

 

会社の法律違反や不正行為が外部に一切漏れない背景には、このような弱者的立場の社員の存在がある。

 

しかしながら、社員全員が弱者であるはずはない。

 

事実、会社の法律違反や不正行為が外部に漏れる場合は、社内の人間が外部にリーク(※1)することが殆どだ。

 

社内の人間であっても、転職者や退職者はリークしやすい立場にあるし、正義感の強い社員もいるだろう。

 

何れにしても法律違反や不正行為は、いつかは外部に漏れるものと思ったほうがよい。

 

※1 リークとは、機密を漏らすこと。又は機密が漏れること。

 

 

なぜ法律違反から抜け出せないのか?

 

会社の法律違反や不正行為を容認している経営者は、その行為を止めてしまうと「売上が下がる」と思い込んでいる方が殆どである。

 

また、「周りの会社もみんなやっているから自分もやっている」という主張も多い。

 

こちらから「なぜ、会社の法律違反等を容認しているのか?」と問うと、法律違反等に対する反省や後悔の念はなく、完全に開き直っている社長さんも少なくない。

 

なかには、会社の法律違反の深刻度をさほど深く理解していない社長さんもいる。

 

また、法律違反や不正行為が明るみにでた時に受ける会社の損害リスクの認識が非常に甘いというのも、法律違反等を見逃す社長に多い特徴だ。

 

なかには「社長に代わって私が責任を取ります」と意気込む経営幹部もいるが、法律違反に伴う会社が受ける損害は、ひとりの社員が責任をとったくらいで収まるほど軽いものではない。

 

法律違反や不正行為が明るみに出た場合、資本力の乏しい中小企業は、高い確率で倒産する。

 

関係者全員、一瞬で不幸のどん底に突き落とされる、ということだ。

 

法律違反の代償は、幹部社員ひとりの責任で補える問題ではないのだ。

 

法律違反や不正行為を止めると売上が下がるという主張も分かるが、倒産してしまえば売上はゼロになる。

 

精神的には、むしろマイナスといってもいいかも知れない。

 

それであれば、多少の売上減少を覚悟した上で、少しでも法律違反等を是正した方が経営者としては正しい経営判断だろう。

 

少なくとも法律違反や不正行為がなくなれば、全うな会社経営に立ち返ることができる。

 

 

法律違反を防ぐために欠かせないもの

 

法律違反に一度手を染めると後戻りするのは至難の業だ。

 

大抵は、大事に至るまで法律違反が続き、最終的に倒産の危機に瀕するというケースが殆どである。

 

経営者は、会社に関わる全ての関係者と、その背後にいる家族の幸せを一身に背負う立場にいる。

 

ひとりで勝手気ままな人生を送れるほど気楽な立場ではない。

 

真っ当な会社経営を目指す経営者であれば、法律遵守はもちろんのこと、世間や社会に迷惑をかけまいとする高い倫理観が必要だ。

 

また、法律の範囲なら何でもOKという言動もすべきではない。

 

なぜなら、倫理観(モラル:moral)は、法律のうえに存在しているからだ。

 

つまり、倫理観のないヒト(理性の低いヒト)が法律に頼るのであって、本来、倫理観の高いヒトに法律は不要なのだ。

 

倫理観の欠如から、法律違反に手を染める行為は経営者として失格である。

 

会社の法律違反を見逃す経営者も同様である。

 

倫理観なくして、会社の安定経営を実現すること困難といっても過言ではない。

 

➡NEXT「指示待ち人間から脱却できないダメな社長」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ