ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標|目標利益と経費の指標が分かる

ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標

 

ホテル・旅館業は経営の最高峰にあります。

 

なぜなら、ホテル・旅館業は単なる宿泊業に止まらず、観光業、レジャー業、飲食業、サービス業、小売業、製造業、不動産業など等、あらゆる産業の集合体だからです。

 

このカテゴリーでは、ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標を紹介しています。是非とも、参考にしてください。

ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標|目標利益と経費の指標が分かる記事一覧

ホテル・旅館業の利益率の適正水準は、粗利高営業利益率で求めることができる。粗利高営業利益率とは、粗利高(売上総利益)に占める営業利益金額の割合のことで、ホテル・旅館業の適正利益率、或いは、目標利益率を示す有効な経営指標だ。粗利高営業利益率の計算方法は下記の通りである。粗利高営業利益率=〔営業利益÷粗利高(売上総利益高)〕×100例えば、営業利益が1千万円で粗利高が1億円だった場合の粗利高営業利益率...

ホテル・旅館業の経費率の適正水準は、粗利高経費率で求めることができる。粗利高経費率とは、粗利高(売上総利益)に占める経費(販売管理費)の割合のことで、ホテル・旅館業の適正経費率、或いは、目標経費率を示す有効な経営指標だ。粗利高経費率の計算方法は下記の通りである。粗利高経費率=〔経費(販売管理費)÷粗利高(売上総利益高)〕×100例えば、経費が9千万円で粗利高が1億円だった場合の粗利高経費率は、(9...

 









 


人気記事ランキング
企業存続の条件は様々あるが、絶対的な条件に絞ると3つあり、この3つの何れかが欠けると企業存続の可能性が低下する。この記事では、企業存続の3つの条件について詳しく解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る