ホテル・旅館業の経営指標

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標

ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標

 

ホテル・旅館業は経営の最高峰にある。

 

なぜなら、ホテル・旅館業は単なる宿泊業に止まらず、観光業、レジャー業、飲食業、サービス業、小売業、製造業、不動産業など等、あらゆる産業の集合体だからだ。

 

ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標を紹介している。是非とも参考にしてほしい。

ホテル・旅館業の経営者必見の超重要な経営指標|目標利益と経費の指標が分かる記事一覧

ホテル・旅館業の利益率の適正水準は、粗利高営業利益率で求めることができる。粗利高営業利益率とは、粗利高(売上総利益)に占める営業利益金額の割合のことで、ホテル・旅館業の適正利益率、或いは、目標利益率を示す有効な経営指標である。粗利高営業利益率の計算方法は下記の通りである。粗利高営業利益率=〔営業利益÷粗利高(売上総利益高)〕×100例えば、営業利益が1千万円で粗利高が1億円だった場合の粗利高営業利...

ホテル・旅館業の経費率の適正水準は、粗利高経費率で求めることができる。粗利高経費率とは、粗利高(売上総利益)に占める経費(販売管理費)の割合のことで、ホテル・旅館業の適正経費率、或いは、目標経費率を示す有効な経営指標である。粗利高経費率の計算方法は下記の通りである。粗利高経費率=〔経費(販売管理費)÷粗利高(売上総利益高)〕×100例えば、経費が9千万円で粗利高が1億円だった場合の粗利高経費率は、...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る