ホテル・旅館業の目標利益

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

ホテル・旅館業の利益率の計算式と適正水準

ホテル・旅館業の利益率の計算式と適正水準

 

ホテル・旅館業の利益率の適正水準は、粗利高営業利益率で求めることができる。

 

粗利高営業利益率とは、粗利高(売上総利益)に占める営業利益金額の割合のことで、ホテル・旅館業の適正利益率、或いは、目標利益率を示す有効な経営指標である。

 

粗利高営業利益率の計算方法は下記の通りである。

粗利高営業利益率=〔営業利益÷粗利高(売上総利益高)〕×100

 

例えば、営業利益が1千万円で粗利高が1億円だった場合の粗利高営業利益率は、(1千万円÷1億円)×100=10%になる。

 

ホテル・旅館業の粗利高営業利益率の標準水準は10%で、目標水準は20%である。

 

利益率が目標水準を下回っている場合は、利益率を上げるための経営改善が不足しているということなので、経営課題を洗い出し、改善努力を加速する必要がある。

 

なお、ホテル・旅館業の利益率のモニタリングは、必ず年計業績で計算しなければならない。

 

なぜなら、ホテル・旅館業の単月業績は、季節変動や特需変動によって大きく変化するからだ。

 

当然ながら、単月業績のバラツキが大きくなると、利益率のバラツキも大きくなるので、利益率を計算(モニタリング)するたびに目標指標が乱高下し、経営改善の方向性を見失う恐れが出てくる。

 

年計業績の計算方法は簡単である。

 

例えば、直近4月時点の年計業績は、昨年5月から今年4月までの12か月分の合計値が年計業績になる。

 

会社の業績を単月ではなく年計で計算すると特需要因(バラツキ)がすべて解消されるので、正しい業績がしっかり把握できる。

 

 

ホテル・旅館業の利益率の改善方法は?

 

ホテル・旅館業の利益率の改善方法は、第一に利益率のモニタリングを継続することである。

 

年計業績の利益率をモニタリングし、目標に向かって利益改善を推進すると、自ずと利益率が改善されていく。

 

当たり前だが、現状と目標の利益率が分からなければ、何をして良いのかが分からなくなるため、利益率の改善を正しく進めることはできない。

 

行き当たりバッタリの利益改善に終始し、場合によっては業績が一段と悪化することもあり得る。

 

利益率の現状と目標を明確にしたうえで、ギャップ(経営課題)を捉えることが、利益率を効率よく改善する秘訣である。

 

目標利益率である粗利高営業利益率20%を超えると、成長投資の原資が大きくなるので、ホテル・旅館の成長発展スピードが一段と加速する。

 

万が一、突発的な売上減少や低迷期が訪れても、余裕をもって業績回復に取り組むこともできる。

 

なお、ホテル・旅館業の利益率改善に使える経営ノウハウは「会社を拡大する営業戦略の実践ノウハウ」、「会社の生産性を上げる実践ノウハウ」、「強い組織を作り上げる実践ノウハウ」の3つのカテゴリーで詳しく解説しているので、是非とも参考にしてほしい。

 

それと、利益率の改善と同時に売上拡大策も実行しないと、ホテル・旅館の発展が先細りするので、利益改善と共に売上拡大に取り組むことも忘れないでほしい。

 

また、ホテル・旅館業特有の経営指標であるリピート率、客室稼働率、原価率、バックオーダー数などの計算方法等を知りたい方は「ホテル・旅館業に有効な経営指標」の記事を参考にしてほしい。

 

➡NEXT「ホテル・旅館業の経費率の計算式と適正水準」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る