会社経営に関わる税金の基本知識

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者が知っておくべき税金の知識

経営者が知っておくべき税金の知識

 

会社経営と税金には密接な関係がある。

 

会社に儲けが出れば法人税や消費税が課せられ、役員報酬を貰えば所得税が課せられる。

 

事業承継には相続税や贈与税がついて回り、とかく、会社経営と税金は切っても切れない関係にある。

 

また、税金の知識が浅いために、税金で失敗することも往々にしてあり得る。事実、税金に疎い経営者は、かなりの高確率で経営に失敗している。

 

経営者が最低限知っておくべき税金の知識を紹介している。是非とも、参考にしてほしい。

経営者が知っておくべき税金の知識記事一覧

税金を未納するとどうなるのか?税金を未納すると延滞税の支払い義務と財産差し押さえのリスクを抱えることになる。当然ながら、税金未納を放置し続けると、事業継続を断念せざる得ない事態に陥ることもあり得る。国に治める税金である国税の種類は21種類に及び、そのうち、会社経営に深く関わる税金には、法人税、消費税などがあり、代表者個人に関わる税金には、所得税、贈与税、相続税などがある。会社にしろ、代表者個人にし...

税金の節税は会社経営の基本である。なぜなら、会社経営と税金は、切っても切れない関係にあるからだ。会社経営に関わる税金は、法人税、消費税、固定資産税、印紙税、地方税、など等、挙げたらキリがないほどあるが、とにかく、会社経営には税金がついて回る。当然ながら、経営者が節税に無頓着でいると、ムダな税金を支払うリスクが高まる。事実、節税の知識がないために資金繰りが悪化する会社、或いは、節税の方法を誤って衰退...

すべての法人は会計期間ごとに決算書を作成し、その決算期から2カ月以内に、法人税の確定申告を行わなければならない。万が一、決算と確定申告を忘れてしまうと、税務調査が入り指摘納付額に対して加算税が課されたり、青色申告が取り消されたりと、諸々の罰則を受けることになる。本来、支払う必要のない税金が発生することになるので、決算と確定申告をしないことで被るダメージは大きい。また、重い税負担で支払いが滞ると、財...

節税といわれて真っ先に思う浮かべるのが交際費という経営者は多いのではないかと思う。事実、思いのほか会社の利益が大きくなることが分かると、慌てて接待攻勢をかけて交際費で節税を図ろうとする経営者は決して少なくない。交際費とは、接待等に消費される費用のことだが、企業体質の強化を図るという政策的見地から税法上の限度額が設けられている。交際費の限度額は国税庁のホームページに詳しい計算方法が掲載されているので...

役員報酬で税金をコントロールすることは殆どできない。なぜなら、定期同額支給以外の役員報酬は、原則、経費として認められていないからだ。例えば、利益を圧縮するために期中で役員報酬を増額しても、その増額分は経費として認められないため、税金を減らすことはできない。むしろ、期中で増額した役員報酬相当分に法人税が課せられるため、税金を減らすメリットは全くない。また、不当に高額な役員報酬や事実を隠蔽又は仮装して...

平成31年10月1日より消費税が8%から10%に増税された場合、軽減税率制度が実施される。消費税の軽減税率制度は一定の対象品目に限って消費税を8%に据え置くという制度だが、会社のみならず、日々の買い物等で一般消費者にも影響を及ぼす重要な制度である。消費税の軽減税率制度の対象品目はふたつある。ひとつは「酒類・外食を除く飲食料品」、もう一つは「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」であ...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る