中小企業の経営ノウハウ情報サイト

経営コンサルの活用方法と失敗事例

経営コンサルの活用方法と失敗事例

 

 

必見「経営コンサルの活用方法と失敗事例」

 

 

会社経営の成長エンジンのひとつとして経営コンサルを活用している会社が多いと思いますが、経営コンサルタントほど能力の高低差がある職業はありません。

 

中小企業の経営コンサルタントの活用方法と失敗事例を紹介しています。

 

経営コンサルの活用方法と失敗事例を深くご理解頂き、コンサルの能力を見極める眼を養って頂ければ幸いです。

 

 

経営コンサルの失敗事例

 

 


 


 


 


 


 


 


 

 

経営コンサルの活用方法

 

 


 


 


 


 


 


 


 


経営コンサルの活用方法と失敗事例記事一覧

大手出身者は中小企業のコンサルには不向き

経営コンサルタントを依頼すると、経営コンサル会社に登録されている大手出身者が派遣されてくることがあります。元経理部長、元営業部長、元人事部長、元開発部長等々、そのタイプはさまざまです。大企業という箱の中では様々なノウハウを習得されているかも知れませんが、大手出身者は、中小企業の経営コンサルに向いてい...

≫続きを読む

 

大手出身者のコンサル失敗事例

とある中小企業の食品メーカーに、大手出身者が営業拡大の目的でコンサルタントとして入り込んできました。彼は有名ブランドの大企業でトップセールスとして活躍したこともある経歴の持ち主でした。意気揚々と着任して販売計画を提示し、早速営業活動に取り掛かりました。一ヶ月、三ヶ月、六カ月と営業活動が続きましたが、...

≫続きを読む

 

銀行主導のコンサル失敗事例

銀行は、お金を貸して利息を得たり、支払決済の手数料を得たり、預金の運用益を得たり等々、様々なお金を扱う金融業です。金融業においてはスペシャリストかも知れませんが、決して、会社経営のスペシャリストではありません。中小企業に限らず、全ての会社は銀行と何らかの縁を持っています。融資、預金、決済、、、。中で...

≫続きを読む

 

広告代理店主導のコンサル失敗事例

大手広告代理店は、主に大企業のマーケティングを手助けする会社です。中小企業であっても創業の早い段階から大手広告代理店と組んで急成長を遂げる例もあります。大手広告代理店にはありとあらゆる情報が蓄積されており、戦略作りから仮定の理論付けまで、合理的なデータが豊富に揃っています。従って、それらのデータと仮...

≫続きを読む

 

税理士主導のコンサル失敗事例

税理士とは、税務全般を扱う国家資格で、国税局の管轄下にあります。ちなみに公認会計士は税理士とは業務内容が全く違います。こちらは主に上場企業の監査業務を行う国家資格で、金融庁の管轄下にあります。それぞれ、法の番人であることに違いはありませんが、中小企業の場合は、公認会計士との付き合いは殆どなく、税理士...

≫続きを読む

 

システム会社主導のコンサル失敗事例

多くのシステム会社は、会社経営を効率化するために様々なシステム開発を行い企業に導入を薦めます。経営効率の向上を図るシステムは、業務管理システム、在庫管理システム、受注発注システム、顧客管理システム等々、その種類は多種多様です。システム導入前、導入後のコンサル業務を行っているシステム会社も沢山あります...

≫続きを読む

 

経営コンサルタントは失敗しても責任を取らない

「うちの会社は○○先生に経営コンサルを依頼しているので経営は問題ありません」と、自信満々で仰る経営者の方が稀にいます。先日も、とある社長さんが同じようなことを仰っていましたので、参考までに決算書を拝見させて頂きました。その会社は過去3年間、赤字経営となっていました。赤字経営の行きつく先は倒産です.....

≫続きを読む

 

中小企業向けの経営コンサルタント

実績のある経営コンサルタントは口コミで評判が伝わるものですが、口コミの輪に入れなければ、なかなか巡り合うことは出来ません。また経営コンサルタントの専門分野は多岐に渡ります。人事面、製造面、営業面、開発面等々、、、その分野は様々です。経営者自身が、中小企業向けの経営コンサルタントを探すのは大変なことで...

≫続きを読む

 

中小企業がコンサル効果を最大化する秘訣 その1

経営コンサルタントの専門分野は、中小企業経営のプロフェッショナルタイプ、会計分析が得意な会計マンタイプ、売上を伸ばすのが得意な営業マンタイプ、原価削減や経費削減が得意なコストカットタイプ、組織改編が得意な人事マンタイプ、ネット販売が得意なITタイプ等々、多種多様です。当然ながら、会社が抱えている経営...

≫続きを読む

 

中小企業がコンサル効果を最大化する秘訣 その2

経営コンサルタントに会社の経営改善を依頼するということは、経営者自身が本腰を入れて会社経営(永続的な黒字経営)に取り組むという姿勢の表れでもあります。しかしながら、経営者自身が経営コンサルと向き合う時間を十分に作らなければ、経営コンサルタントの能力を十分に引き出すことは出来ません。なぜなら、中小企業...

≫続きを読む

 

中小企業が経営コンサルから学べること

経営コンサルタントから学べることは沢山あります。例えば、中小企業の経営経験があり、中小企業の経営コンサル実績が豊富な優秀なコンサルタントは、経営者が知らない経営ノウハウを沢山保有しています。そして、中小企業の経営に役立つ人脈やネットワークも保有しています。経営コンサルの基本である業績分析能力にも長け...

≫続きを読む

 

経営参謀としての経営コンサルタント

中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘ります。例えば、安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成など、挙げたらキリがありません。また、会社を成長発展させるには優れた経営技術が必要です。しかしながら、優れた経営技術を身につけるには膨大な知識と経験が必要です。この...

≫続きを読む

 

経営コンサルタントの経営診断手法

人間ドックがあるように、会社にも、会社ドックがあります。いわゆる会社の経営診断(健康診断)です。当然のことながら、定期的に会社の経営診断(健康診断)を行い、経営課題(病気)の早期発見が出来ていれば、会社の寿命はのびます。逆に、長年にわたって経営診断を受けずに、資金繰りに窮する、或いは、債務超過に陥る...

≫続きを読む

 

経営コンサルタントの注意点/業績悪化

会社は利益を出して永続的に経営を続けることが使命のひとつです。当然ながら、経営者も社員も、会社に利益を出すために一丸となって働いており、経営コンサルタントに協力を仰ぐのも、利益を増やしたいからこそのはずです。従って、利益に貢献しない経営コンサルタントを雇い続けるのは、本末転倒もいいところです。経営コ...

≫続きを読む

 

経営コンサルタントの注意点/契約解除

経営コンサルと共に会社の成長を実現し、経営者自身、ひとりの采配で経営判断を下せる自信もついてきた。この境地までたどり着き、経営コンサルへの依存度が低くなってきたら、いつか契約解除のタイミングを検討しなければなりません。経営コンサルとの契約を解除する際は、タイミングと状況が重要なポイントとなります。例...

≫続きを読む

 

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒