中小企業のコンサル活用事例

経営参謀としての経営コンサルタント

経営参謀としての経営コンサルタント

 

中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘ります。

 

例えば、安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成など、挙げたらキリがありません。

 

また、会社を成長発展させるには優れた経営技術が必要です。

 

しかしながら、優れた経営技術を身につけるには膨大な知識と経験が必要です。

 

このような課題を解決する方法として経営ブレーン(経営参謀)を活用する方法があります。

 

元気の良い会社の経営者ほど、有能な経営コンサルタント(ブレーン)を経営参謀として活用している方が多いですが、「時間と労力」、そして「費用面」を考えると、実に賢い選択といえます。

 

 

有能な社員と有能な経営参謀(コンサルタント)はどちらが得か?

 

中小企業に適した有能な経営コンサルタントを経営参謀として活用することは大変有効なことです。

 

有能な中小企業専門の経営コンサルタントの報酬は、企業の年商規模にもよりますが概ね10万円~30万円(業績診断・経営相談・指導料込)程度が一般的な相場です。

 

高くても社員ひと月分の給料と同じ程度ですので、経営者の経営参謀としてコンサルタントを招聘するのは賢い選択のひとつです。

 

例えば、売上を増やすためにトップセールス経験のある営業マンをスカウトする、或いは、しっかりとした経営分析を行うために有能な経理マンをスカウトする、といった、ある特定の分野に長けた人材を確保するとなると一人当たり40万~60万円/月くらいの報酬を用意しなければいけません。

 

それであれば、経営分析に長けたコンサルタントと売上を伸ばすのに長けたコンサルタントを経営参謀として2名抱えた方がお得です。

 

社員として雇用してしまうと、よほどのことがない限り解雇できませんが、コンサルタントであれば、いつでも契約を解約できますので、自由度も高いです。

 

また、会社の成長スピードへの貢献度も、コンサルタントの方が高いでしょう。

 

更に、有能なコンサルタントが保有している経営ノウハウが買えると思えば安い買い物ともいえます。

 

経営ノウハウは会社の生命線のようなものです。独自の経営ノウハウの蓄積度合が高まれば、経営力も自ずと高まります。従って、経営ノウハウの強化のために経営コンサルを活用する方法もお薦めできます。

 

このように、費用対効果を考えると、有能な経営コンサルを経営参謀として活用した方が会社にとって有効なケースもあります。

 

 

経営参謀(コンサルタント)を招く場合は経営のプロから!!

 

経営参謀として初めてコンサルタントを会社に招く場合は、経営の専門家(プロフェッショナルタイプ)を招いた方が良いです。

 

なぜなら、中小企業専門で活躍している経営コンサルタントには、会社の強みと弱みを見抜く力、会社の経営課題を抽出し、更に解決策を提示する力、経営方針の誤りを正す力、あるべき会社の姿を提示する力など等、会社の安定経営と成長発展に欠かせないコンサルティング能力が備わっているからです。

 

安定経営と成長発展の基盤が整う前に、部分コンサル(専門分野が売上UPのみ、コストDOWNのみ等)を招くと、会社が成長するどころか、会社が衰退することもあり得ます。

 

従って、最初の経営参謀選びは慎重に進めた方が良いでしょう。

 

経営の専門家を参謀として招くと、経営者自身の経営力がみるみる高まっていきます。

 

例えば、経営の勘とカリスマ性はあるが数字が苦手な経営者の場合は、数字力を高めることができます。

 

経営の勘とカリスマ性に加えて数字にも強くなれれば、殆ど最強の経営者に近づきます。

 

勘と経験に頼った会社経営は危険です。

 

なぜなら、どんなに鋭い勘を持っていたとしても、百発百中とはいかないからです。

 

中小企業は小さな判断ミスで会社が傾くことがあります。たとえ、奇跡的に百発百中で経営采配を当てることができる経営者であっても、経営者が交代した途端に、その会社はまともな経営判断ができなくなってしまいます。

 

経営の専門家を参謀として受け入れて、万全な経営判断の仕組み作りができれば、経営者が交代しても良好な会社経営が維持できます。

 

中小企業は、経営者の能力がそのまま会社の業績に反映されます。

 

従って、経営者の能力を高めるためにも、経営参謀として経営コンサルを活用することは効率的且つ効果的な選択なのです。

 

 

元気の良い会社には優れた経営参謀がいる

 

元気よく成長発展している会社には、必ず経営者の右腕と呼ばれる経営参謀がいます。

 

経営参謀を社内に求めるか、社外に求めるかは経営者の自由ですが、何れにしても、有能な経営参謀は、足し算ではなく、掛け算で経営改善効果を生み出します。

 

「経営者×経営参謀(コンサルタント)」の組み合わせは、うまくマッチすれば会社の成長発展を力強く後押しするのです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

大手出身者は中小企業のコンサルには不向き
大手出身者は中小企業の経営コンサルに向いておりません。なぜなら、中小企業と大企業とでは「人、モノ、カネ、情報」等の経営資源に大きな差があるためです。従って、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しないことが殆どです。
大手出身者のコンサル失敗事例
中小企業には中小企業に適した経営戦略があります。大企業の論理で戦略展開しても失敗するだけです。大手出身者のコンサルを受け入れた会社は、結局、人件費や開発費用で2,000万円以上を失う羽目になりました。
銀行主導のコンサル失敗事例
銀行の本業は金融業です。決して会社経営のプロではありません。過去に再建で関わった会社の中には銀行融資をきっかけに新規事業に手を出し、大赤字に転落してしまったケースもありました。利益の殆どを利息と元本返済で吸い取られ、将に銀行の奴隷状態でした。
広告代理店主導のコンサル失敗事例
とある地方の通信販売会社は、大手広告代理店からの広告提案とその効果を鵜呑みにし、深く考えずに依頼した結果、大失敗に終わりました。僅か数カ月のコンサル料金は2,000万円以上でした。そしてこの依頼主はその後、事業縮小の一途を辿りました。
税理士主導のコンサル失敗事例
多くの経営者は「うちには税理士の先生がついているので大丈夫です」と返答しますが、税理士は会社経営のスペシャリストではありません。経営のプロ以外の方からのアドバイスを鵜呑みにするのは危険な経営判断です。
システム会社主導のコンサル失敗事例
システム会社のシュミレーション通りコストが下がることは稀です。また、独自システムを導入した場合、維持費はすべて固定費となり、時には経営の自由度を妨げる場合があります。導入前の慎重な検証が何よりも大切です。
経営コンサルタントは失敗しても責任を取らない
業績に責任を持たない経営コンサルは意外と多いです。業績を診ることができないコンサルや都合よく報酬を支払ってくれる会社に寄生するコンサルも沢山おります。会社を食い物にされないためには経営者自身が会社の数字を深く理解する必要があります。
中小企業向けの経営コンサルタント
中小企業の成長発展は有能なブレーンで決まる場合もあります。中小企業向けの有能な経営コンサルタントの条件は会社経営の経験があり会計の知識があることです。能力の有無を判定する質問も織り交ぜて判断するとコンサル選びに失敗しません。
中小企業がコンサル効果を最大化する秘訣 その1
中小企業のなかには、コンサルとのミスマッチに陥り、さほど能力のないコンサルタントに会社を食い物にされているケースも少なくありません。コンサルのミスマッチを防ぐには経営者自身が数字に強くなる必要があります。
中小企業がコンサル効果を最大化する秘訣 その2
経営者自身が経営コンサルと向き合う時間を十分に作らなければ、コンサルタントの能力を十分に引き出すことは出来ません。なぜなら、中小企業は経営者自身が、会社経営の先頭に立たないと、長期的な発展成長が望めないからです。
中小企業が経営コンサルから学べること
経営コンサルから指導を受けているということだけでは勿体ありません。経営コンサルタントの能力を最大に引き出すと共に、学べる事をどん欲に吸収し、会社経営に活かす意識を持つことが大切です。
経営コンサルタントの経営診断手法
定期的に会社の経営診断を経営コンサルに委ねて会社の健康状態をチェックすることは、賢い経営判断のひとつです。なぜなら、経営課題を早期発見できれば、会社の寿命がのびるからです。
経営コンサルタントの注意点/業績悪化
利益に貢献しない経営コンサルタントを雇い続けるのは経営者の自己満足です。また、経営コンサルタントの効果測定を疎かにすると会社を食い物にされて業績が悪化することがあります。
経営コンサルタントの注意点/契約解除
経営コンサルとの契約を解除する際はタイミングと状況が重要です。例えば、経営コンサルの指導成果を経営者自身の手柄(能力)と勘違いしてコンサル契約を解約してしまうと、過去の経験上ほぼ100%の確率でその後に経営が傾きます。