賢い社長は経営参謀を抱えている

経営参謀としての経営コンサルタント

経営参謀としての経営コンサルタント

 

中小企業の成長は経営参謀(ブレーン)で決まります。

 

従って、有能な経営コンサルを経営参謀として活用することは大変有効なことです。

 

何といっても、中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘り、その量は膨大です。

 

例えば、安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成など、挙げたらキリがありません。

 

また、会社を成長発展させるには優れた経営技術が必要です。

 

しかしながら、優れた経営技術を身につけるには膨大な知識と経験が必要です。

 

このような課題を解決する方法として経営コンサルタントを経営参謀として活用する方法は大変有効です。

 

有能な中小企業専門の経営コンサルタントの報酬は、概ね月額10万円~30万円程度が一般的な相場です。

 

高くても社員ひと月分の給料と同じ程度ですので、経営者の経営参謀として経営コンサルタントを招聘するのは賢い選択のひとつです。

 

会社の成長スピードへの貢献度を考えれば安い買い物ですし、会社の生命線になる会社独自の経営ノウハウが買えると思えば、実に有効な戦略ともいえます。

 

元気の良い会社の経営者ほど、有能な経営参謀として経営コンサルタントを活用している方が多いですが、「時間と労力」、そして「費用面」を考えると、実に賢い選択といえます。

 

 

経営参謀を招く場合は経営のプロから!!

 

経営参謀として初めてコンサルタントを会社に招く場合は、経営の専門家(プロフェッショナルタイプ)を招いた方が良いです。

 

なぜなら、中小企業専門で活躍している経営コンサルタントには、会社の強みと弱みを見抜く力、会社の経営課題を抽出し、更に解決策を提示する力、経営方針の誤りを正す力、あるべき会社の姿を提示する力など等、会社の安定経営と成長発展に欠かせないコンサルティング能力が備わっているからです。

 

安定経営と成長発展の基盤が整う前に、部分コンサル(専門分野が売上UPのみ、コストDOWNのみ等)を招くと、会社が成長するどころか、会社が衰退することもあり得ます。

 

従って、最初の経営参謀選びは慎重に進めた方が良いでしょう。

 

経営の専門家を参謀として招くと、経営者自身の経営力がみるみる高まっていきます。

 

例えば、経営の勘とカリスマ性はあるが数字が苦手な経営者の場合は、数字力を高めることができます。

 

経営の勘とカリスマ性に加えて数字にも強くなれれば、殆ど最強の経営者に近づきます。

 

勘と経験に頼った会社経営は危険です。

 

なぜなら、どんなに鋭い勘を持っていたとしても、百発百中とはいかないからです。

 

経営の専門家を参謀として受け入れて、万全な経営判断の仕組み作りができれば、経営者が交代しても良好な会社経営が維持できます。

 

元気よく成長発展している会社には、必ず経営者の右腕と呼ばれる経営参謀がいます。

 

経営参謀を社内に求めるか、社外に求めるかは経営者の自由ですが、何れにしても、有能な経営参謀は、足し算ではなく、掛け算で経営改善効果を生み出します。

 

「経営者×経営参謀」の組み合わせは、うまくマッチすれば会社の成長発展を力強く後押しするのです。

 

➡NEXT「経営コンサルタントの経営診断手法」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ