中小企業の成長は経営参謀で決まる

経営参謀としての経営コンサルタント

経営参謀としての経営コンサルタント

 

中小企業の成長は経営参謀(ブレーン)で決まる。

 

従って、有能な経営コンサルタントを経営参謀として活用することは賢い選択といえる。

 

何といっても、中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘り、その量は膨大である。

 

例えば、安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成、など等、挙げたらキリがない。

 

また、会社を成長させるには優れた経営技術が必要だ。

 

しかしながら、優れた経営技術を身につけるには膨大な知識と時間が必要である。

 

このような課題を解決する方法として経営コンサルタントを経営参謀として活用することは、大変に有効である。

 

なぜなら、費用対効果が圧倒的に優れているからだ。

 

有能な経営コンサルタントの報酬は、概ね月額10万円~30万円程度が一般的な相場である。

 

有能な経営コンサルタントはコンサル報酬以上の利益を会社にもたらしてくれるので、費用対効果は極めて高い。

 

さらに、会社の成長スピードを加速する独自経営ノウハウが買えると思えば、コンサル報酬は安いともいえる。

 

元気の良い会社の経営者ほど、経営参謀として有能な経営コンサルタントを活用している方が多いが、時間と労力、そして、費用対効果を考えると、実に賢い選択といえる。

 

 

経営参謀を招く場合は経営のプロから!!

 

経営参謀として初めて経営コンサルタントを会社に招く場合は、経営の専門家(プロフェッショナルタイプ)を選ぶことをおススメする。

 

なぜなら、中小企業専門で活躍している経営コンサルタントには、その会社に最も適した経営指導プランを提示する力と共に、会社を一段と成長させるコンサルティング能力が備わっているからだ。

 

経営基盤が脆弱な段階で、部分コンサル(専門分野が売上拡大のみ、コスト削減のみ等)を招くと、会社が成長するどころか、会社が衰退することがある。

 

従って、最初の経営参謀は、経営の専門家(プロフェッショナルタイプ)がベストだ。

 

経営の専門家を参謀として招くと、経営者の経営力がみるみる高まっていく。

 

また、経営参謀と共に万全な会社経営の仕組み作りができれば、経営者が交代しても良好な会社経営を後世に残すことができる。

 

元気よく成長している会社には、必ず経営者の右腕と呼ばれる経営参謀の存在がある。

 

経営参謀を社内に求めるか、社外に求めるかは経営者の自由だが、何れにしても、有能な経営参謀は、足し算ではなく、掛け算で会社の成長スピードを加速してくれる。

 

経営者×経営参謀の掛け合わせは、うまくマッチすれば会社の成長発展を力強く後押しするのだ。

 

➡NEXT「経営コンサルタントの経営診断手法」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談