システム会社のコンサル失敗事例

システム導入の失敗事例

システム導入の失敗事例

 

システム導入後に想定通りにコストが下がることは稀です。

 

また、独自システムを導入した結果、経営の自由度が低下することもあります。

 

経営効率の向上を図るシステムは、業務管理システム、在庫管理システム、受注発注システム、顧客管理システム等々、その種類は多種多様です。

 

多くのシステム会社は、会社経営を効率化するために様々なシステム開発を行い企業に導入を薦めます。

 

システム導入前、導入後のコンサル業務を行っているシステム会社も沢山あります。

 

ひと昔前はパッケージソフトの汎用性が低かったこともあり、多くの中小企業は、このようなシステム会社に独自システムの開発・運用を発注して各々導入していました。

 

しかしながら、システム会社の提案通りに行ったシステム導入が失敗に終わり、会社経営が傾くケースも珍しくありませんでした。

 

 

システム会社のコンサル提案を鵜呑みにする危険性

 

わたし自身が関わっていた、とある会社も、業務効率化のために、独自システム導入の開発・運用に数千万円の投資を行っていました。

 

その後も、関連会社へのシステム導入で数百万円の追加投資を行い、その後はパソコンのOS変更、或いは業務体制に変更が生じるたびに、システム改修費用がかかっていました。

 

結局、導入後も年間数百万円の維持費がかかっていました。

 

そして2014年初頭、パソコンのOSであるWindowsXPのセキュリティーサポートの更新切れに合わせて、大規模なシステム改修の必要が生じました。

 

追加費用は数千万円です。

 

経営効率化のためには新たなシステム導入が欠かせないと迫るシステム会社に対して、投資の保留を告げて、既存のパッケージソフトを活用した業務体制が構築できないか検討を開始しました。

 

検討を重ねたところ、現在のパッケージソフト(或いはクラウド)は汎用性も自由度も上がっており、数種類のソフトとクラウドシステムを組み合わせることによって現行の体制で、これまで通りに業務をこなせることが分りました。

 

どうしても自動化が必要な部分はシステム会社に独自ソフトの作成を依頼しましたが、最終的には200万円程度のシステム投資金額に抑えることができました。

 

既存のパッケージソフトですので維持費は年間10万円程度で、それ以上はかかりません。

 

従来のシステム導入費用の十分の一以下の投資で済み、大幅なコストダウンに成功することができたのです。

 

 

独自システムは時に経営の足かせになる!?

 

旧システムを振り返ってみると多額のシステム投資を費やした割には、使っていない、もしくは使いこなせていない機能が沢山あったことに気が付きました。

 

また、外部環境に左右されやすい中小企業の場合は、固定費を必要最低限に抑え、変動費を上手にコントロールする経営するスタイルを採用した方が、変化に強い経営基盤が整いやすいです。

 

一度、独自システムを導入してしまうと、初期投資の金額もさることながら、固定費として維持費に費やす金額もバカになりません。

 

多額の固定費は、時に経営の自由度を妨げる場合があります。

 

これからは、「パッケージソフト+クラウド+自社運用」という体制も賢い選択のひとつです。

 

システム導入を行う場合は、多額の初期投資に加えて、システム導入後の固定費用を払い続けることを考えなければなりません。

 

そのうえで、そのシステム導入が本当に効果的なのか、本当に会社に利益を生み出すのか、導入前に冷静に検証する必要があります。

 

システム会社のシュミレーション通りコストが下がることは稀です。

 

中には、初期投資費用と維持費用で、かえってコストアップに繋がりシステム導入自体が失敗に終わるケースもあります。

 

ある程度の会社の規模になるとシステム導入は避けられない面もありますが、会社は生き物のようなものですので、時には、システム通りに管理できないことも起こり得ます。

 

システム導入前の慎重な検証が何よりも大切です。

 

(2016年に執筆掲載された記事です)

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 

⇒⇒カテゴリトップ「経営コンサルの活用ノウハウと失敗事例」に戻る

 






 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

大手出身者は中小企業コンサルに不向き
大手出身者は中小企業の経営コンサルに不向きです。なぜなら、中小企業と大企業とでは経営資源に大きな差があるからです。コンサル採用に失敗しない極意を分かりやすく解説しています。
大手出身者のコンサル失敗事例
中小企業には中小企業に適した経営戦略があります。大企業の論理で戦略展開しても失敗するだけです。大手出身者のコンサル事例を紹介しています。
銀行のコンサルティングは危険
銀行の本業は金融業です。決して会社経営のプロではありません。会社によっては銀行融資をきっかけで大赤字に転落したケースもあります。銀行コンサルの失敗事例を紹介しています。
広告代理店のコンサル失敗事例
広告代理店のコンサルは当てになりません。なぜなら、成功事例を前提に広告を仕掛けるからです。広告代理店のコンサル失敗事例と共に注意すべき点を解説しています。
税理士は経営コンサルタントではない
税理士は経営コンサルタントではありません。多くの経営者は税理士を経営のプロと勘違いしていますが、これは危険な認識です。税理士がなぜ経営の専門外なのかを分かりやすく解説しています。
経営コンサルタントは失敗しても責任を取らない
業績に責任を持たない経営コンサルは多いです。都合よく報酬を支払ってくれる会社に寄生するコンサルも沢山います。会社を食い物にするコンサルから身を守る術を分かりやすく解説しています。
中小企業向け経営コンサルの特徴
中小企業向け経営コンサルタントの条件は会社経営の経験があり会計の知識があることです。中小企業向け経営コンサルの特徴と共に経営コンサル選びで失敗しない秘訣を解説しています。
経営コンサルの活用ノウハウ その1
経営コンサルの活用ノウハウその1では、経営コンサルとのミスマッチを解消しコンサル効果を最大化する方法を分かりやすく解説しています。コンサルで失敗したくない経営者必見です。
経営コンサルの活用ノウハウ その2
経営コンサルの活用ノウハウその2では、経営者の時間活用術でコンサル効果を最大化する方法を分かりやすく解説しています。コンサルで失敗したくない経営者必見です。
経営コンサルから学べるノウハウ
経営コンサルから学べるノウハウは沢山あります。経営コンサルの能力を最大に引き出す秘訣と共に経営コンサルが持っている使えるノウハウの数々を分かりやすく解説しています。
経営参謀としての経営コンサルタント
中小企業の成長はブレーンで決まります。従って、有能な経営コンサルを経営参謀として活用することは大変有効なことです。経営参謀の役割とメリットを分かりやすく解説しています。
経営コンサルタントの経営診断手法
経営コンサルに定期的な会社の経営診断を委ねて会社の健康状態をチェックすることは賢い経営判断のひとつです。経営コンサルタントの経営診断手法と効果を分かりやすく解説しています。
経営コンサルタントの注意点/業績悪化
利益貢献しない経営コンサルを雇うのは経営者の自己満足です。また、コンサル効果の測定を疎かにすると業績が悪化することがあります。コンサルを活用する際の注意点を解説しています。
経営コンサルタントの注意点/契約解除
経営コンサルとの契約解除のタイミングを誤ると会社の業績が一気に悪化することがあります。コンサルとの経営解除の注意点を分かりやすく解説しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ