経営コンサル選びで失敗しない秘訣

大手出身者のコンサル失敗事例

大手出身者のコンサル失敗事例

 

とある中小企業(食品メーカー)に、大手出身者が販売拡大の目的でコンサルタントとして入り込んできた。

 

彼は有名ブランドの大企業でトップセールスとして活躍したこともある経歴の持ち主だった。

 

意気揚々と着任して販売計画を提示し、早々に営業活動に取り掛かった。

 

1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月と営業活動が続いたが、販売は一向に伸びなかった。

 

結局、1年も経過しないうちに、彼は、会社を去っていった。

 

つまり、コンサル指導が失敗に終わったのだ。

 

なぜ、このコンサルタントは失敗してしまったのだろうか?

 

それは、3つのポイントでミスマッチが起きていたからである。

 

ひとつは、広告宣伝費、ふたつ目はアイテム数、みっつ目は販売ルートである。

 

それぞれのミスマッチの原因、並びに、大手出身のコンサルが失敗を犯した根本原因は、下記の通りである。

 

 

広告宣伝費

 

広告宣伝費=大企業は豊富>中小企業は少ない

 

中小企業は、大企業とは違いテレビCM等の大きな広告宣伝力がない。

 

資本力に乏しい中小企業は、広告宣伝予算が僅かというところも珍しくない。そうなると、商品力と営業力のみが商談成約のポイントになる。

 

大企業の商品は宣伝効果で商品付加価値を付けている面が大きい。

 

宣伝オプション無しの営業トークに慣れていない大手出身のコンサルは、商品付加価値を上手に伝えることができなかったのだ。

 

 

アイテム数

 

アイテム数=大企業は多い>中小企業は少ない

 

大企業は、新商品のアイテム数がとても多く、なお且つ、四半期ごとに商品が切り替わるほど商品サイクルも短い。

 

一方、中小企業は、ニッチ商品が多く、一度の提案で紹介できる商品数に限りがある。ニッチ商品なので、商品サイクルも非常に長い。

 

買う側(バイヤー)の心情としては、限られた商談時間のなかで沢山のアイテムを提案してくれて、尚且つ、お店の棚を沢山の新商品で埋めてくれる大企業の商品の方を優先的に扱うのが普通である。

 

しかも、宣伝効果があるのでお店に並べればそれなりの販売回転率が望める。わざわざ宣伝効果のない中小企業のニッチ商品を扱うよりもはるかに魅力的だ。

 

さらに、中小企業のニッチ商品の場合、既に類似商品があれば採用率が一段と低くなる。バイヤーから門前払いをされるケースもある。

 

お互いがwin:winの関係性を築くことがビジネスの鉄則である。

 

大企業と中小企業では、このwin:winの関係性を築くことが困難なケースが少なくない。

 

 

販売ルート

 

販売ルート=大企業は大型量販店>中小企業は大型量販店以外

 

大手出身者なので、得意としている販売ルートは大型量販店が殆どだった。

 

しかしながら、大型量販店は大企業(大手メーカー)と組んでいる場合が殆どで、中小企業の商品が入る余地がなかなかない。

 

中小企業という理由で、商談の席に着くのも困難を伴うケースがある。

 

 

 

大手出身者に食い物にされる中小企業!?

 

中小企業には中小企業に適した経営戦略がある。

 

それを無視して大企業の論理で戦略展開しても失敗するだけである。

 

受け入れた会社は、結局、人件費や開発費用で2,000万円以上を失う羽目になった。

 

去り際に言い残した言葉は、「売れないのは商品が悪いからだ、、、」だったそうだ。

 

単純に売り方が悪かっただけで、コンサルのミスマッチが原因である。

 

このようなミスマッチは、多くの中小企業で起こっている。

 

中小企業の経営環境下で、大企業の論理や経営ノウハウは殆ど役立たない。

 

大手出身者のコンサル能力は中小企業には通用しないという法則を忘れず、有名企業名や肩書に惑わされずにコンサル能力をしっかり見極めることが大切だ。

 

なかには、一度入り込んだ中小企業に別のコンサル仲間を誘い入れて、経営改善(利益改善)そっちのけで会社を食い物にするコンサルタントもいる。

 

経営コンサルは業績を上げるために存在している。

 

そのことを忘れずに、経営者自身がコンサルタントの能力を見極める厳しい眼を持つことが大切だ。

 

➡NEXT「銀行のコンサルティングは危険」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談