大手出身コンサルで失敗しない秘訣

大手出身者は中小企業コンサルに不向き

大手出身者は中小企業コンサルに不向き

 

中小企業が経営コンサルタントを依頼すると、経営コンサル会社に登録されている大手出身者が派遣されてくることがあります。

 

元経理部長、元営業部長、元人事部長、元開発部長等々、そのタイプはさまざまです。

 

大企業という箱の中では様々なノウハウを習得されているかも知れませんが、大手出身者は、中小企業の経営コンサルに向いていません。

 

なかでも中小企業の経営分野に関しては、大手出身者のコンサルが役に立たない例が少なくありません。

 

但し、大企業の経験が全て無駄になるということではありません。

 

事実、中小企業を中心に活躍し大きな実績を残している大手出身の経営コンサルタントもおります。

 

しかしながら、そのような経営コンサルタントは、大企業から中小企業へ転身し、経営の中枢、もしくは、経営者として10年以上の経験を積んでいる方ばかりです。

 

こういう経歴のコンサルタントは、大企業で培ったマクロ視点と中小企業で培ったミクロ視点が重なって、非常にバランス感覚の優れたコンサルタント能力が身についています。

 

私自身、若い方には大企業は一度は経験した方が良いと薦めているほどです。

 

ではなぜ、大企業オンリーの経営コンサルタントが中小企業に向いていないかというと、、、

 

それは、中小企業と大企業とでは、「人、モノ、カネ、情報」等の、経営資源に大きな差があるためです。

 

従って、中小企業に大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しないことが殆どです。

 

ちなみに、経営参考書に書かれていることを鵜呑みにして、中小企業の経営に導入した場合も、同様にうまくいかないことが多いです。

 

なぜなら、中小企業の企業文化や業績状況は十人十色だからです。

 

企業の数だけ経営ノウハウが存在するといってのも過言ではありません。

 

それでは、なにゆえ、これほど多くの大手出身者の経営コンサルタントが存在するのかというと、それは受け手側(中小企業経営者)の思考に問題があるからです。

 

 

大手出身者の経営コンサルのミスマッチの原因は中小企業側にある!?

 

大企業は、会社の規模もさることながら業界情報や教育情報等々の会社経営に関する情報水準が非常に高いです。

 

大企業に10年超も勤めれば、その業界のノウハウが自然と身に付きます。

 

一方、中小企業は、業界情報や教育情報等々の会社経営に関する情報水準がそれほど高くありません。

 

会社経営に関する情報水準の低い環境下にいると、大手出身者の情報量に圧倒されてしまい、「大企業出身者を招いて定期セミナーを依頼しよう」或いは、「大手出身者を招いて会社を指導してもらおう」、という思考に陥りやすくなります。

 

情報水準の低い中小企業経営者にとって、大手出身者の経験やアドバイスは大変新鮮で有益に聞こえてくるものです。

 

しかしながら、そのアドバイスを実行できるだけの経営資源が整っていないのが多くの中小企業の現状です。

 

また、コンサル側も、中小企業のような限られた乏しい経営資源の中で、効果を生み出す具体的な実践プランを提示できないといった欠点があります。

 

ここに、ミスマッチの原因があるのです。

 

結局、大企業の肩書とブランドの大きさに惑わされて、アドバイスを経営に活かすことができずに終わるパターンが多いのです。

 

当然ながら、経営改善(利益改善)にも貢献しません。

 

むしろ、コンサル料金の費用がかさみ、利益が悪化する中小企業もあります。

 

 

大手出身の経営コンサルは利益に貢献しない!!

 

わたしが過去に再建に関わった殆どの中小企業で、大手出身者のコンサルタントが出入りしていましたが、経営改善(利益改善)に貢献しているコンサルタントは一人もいませんでした。

 

経営コンサルタントに食い物にされている中小企業も沢山ありました。

 

なぜこういうミスマッチが成立するのか?

 

根本原因は先に説明した通りですが、この手のミスマッチが無くならない背景には、双方の自己満足があります。

 

経営者:「社員のみんなが知っている有名企業の出身者に教育してもらっている」

 

コンサル:「わたしの知っているノウハウを特別に教えてあげている」

 

双方の意識が経営改善に向いていなければ、会社の経営改善(利益改善)がうまくいくわけがありません。

 

そもそも、様々な分野のコンサルタントがいますが、会社の利益を意識している経営コンサルタントは稀です。

 

会社の数字や財務諸表を読み解けない経営コンサルタントも星の数ほどいます。

 

当然のことながら、会社の数字を読めないコンサルタントに経営改善はできません。

 

有名企業名に惑わされずに、実力を見極める思考が大切です。

 

※大手出身の経営コンサルタントの活用例外もあります。例えば、大企業向けの商品開発やサービス提供を主体とした中小企業やベンチャー企業であれば、業界を知り尽くした大手出身の経営コンサルタントの協力を大いに仰ぐべきです。一から販売ルートや開発ノウハウを構築するよりも効率よく事業を展開することが可能となります。

 

➡NEXT「大手出身者のコンサル失敗事例」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ