会社経営の失敗は成功の元

失敗に学ぶ会社経営の戦略 その2

失敗に学ぶ会社経営の戦略 その2

 

 

中小企業の失敗に学ぶ会社経営の戦略 ケース2

 

 

多くの中小企業経営者は成功に学ぶことに何の疑問も持っていません。

 

しかしながら、成功は偶然の産物であり、成功の法則というものは存在しません。

 

また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石でないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しません。

 

経営参考書に書かれていることを鵜呑みにして、自社の会社経営に導入した場合も、同様にうまくいきません。

 

なぜなら、中小企業の企業文化や業績状況は十人十色だからです。中小企業の数だけ成功の法則が存在するといっても過言ではありません。

 

従って、中小企業の会社経営において、成功から学べることは、実はあまりありません。

 

 

成功の戦略を失敗から学ぶ

 

一方、失敗には法則があります。

 

失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。

 

例えば、約300年に亘り天下を治めた徳川幕府を築いた徳川家康は、織田信長、豊臣秀吉等々、時代を共にした武将の失敗事例を徹底的に学び、成功の礎を築きました。

 

天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。

 

日本のプロ野球界で選手・監督として活躍した野村克也氏は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という肥前平戸藩主・松浦静山の名言を引用して失敗の理を語りました。

 

会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。

 

 

後継者育成の失敗に学ぶ

 

中小企業の場合、「後継者育成に失敗」し、会社が倒産、或いは会社を閉鎖するケースが少なくありません。

 

経営者もヒトですので寿命があります。自分の寿命から逆算して、経営から引退する前に後継者を育成しようという気が起こっても不思議ではありませんが、なかなか実行できていないのが多くの中小企業の実態です。

 

会社経営は、社長である経営者がいなければ成り立ちません。また、中小企業の場合は、会社の業績が経営者の能力に比例しますので、経営者の存在はなおさら重要です。

 

当然ながら、経営能力のある経営者が会社からいなくなれば、会社は倒産に傾くリスクが高まり、会社の寿命は縮まってしまいます。

 

後継者を育成するには10年はかかります。経営者の仕事の中で、これほど長期的且つ重要な仕事はありません。

 

倒産の危機に瀕した中小企業を数多く見てきましたが、多くの案件で、「後継者育成の失敗」が原因で会社が傾いていました。

 

 

ワンマン経営の失敗に学ぶ

 

ワンマン経営とは、独裁色の強い経営者が会社に君臨して、ひとりで経営の采配をしている状態のことです。

 

創業から一代で会社経営を長く行っていると、ワンマン経営に陥りやすい傾向にあります。

 

ワンマン経営の強みは、意思決定のスピードが速いことです。ワンマン社長が独りで経営判断を次々と裁決していきますので、経営判断が当たり続ければ会社は急成長していきます。

 

しかしながら、天才的な経営の才能があったとしても、会社経営は生き物のようなものですので、全ての采配が見事に当たることは、まずありません。

 

また、長期的な会社経営を目指すのであれば、会社経営が安定してきた段階で、ワンマン経営から徐々に抜け出し、チームでの経営体制に移行した方が望ましいです。

 

なぜなら、長期的にワンマン経営を続けていくと、イエスマンの増殖、ナンバー2不在等々、会社経営に様々な弊害をもたらすからです。

 

倒産の危機に瀕した中小企業を数多く見てきましたが、「ワンマン経営」に陥っている会社は一定期間を経過すると会社が傾いています。

 

 

当サイトの記事の約半数は会社経営の失敗事例に関連するものを掲載しています。なぜなら、会社経営において失敗事例ほど役に立つ経営ノウハウはないからです。

 

資本力のない中小企業の場合、小さな失敗が、取り返しのつかない失敗に繋がることがあります。

 

数多くの失敗事例を経営に活かすことは、優れた経営戦略のひとつなのです。

 

➡NEXT「失敗に学ぶ会社経営の戦略 その3」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ