中小企業の経営課題を解決する

中小企業の経営課題と解決のヒント

中小企業の経営課題と解決のヒント

 

中小企業において、「経営課題の見落とし」は会社の業績が低迷する代表的な原因です。

 

会社の大小関係なく、いかに小さな経営課題であっても、その課題を見落とし続けていると、会社経営は容易に傾いてしまいます。

 

従って、経営課題を見つけたら、放置することなく、その都度、解決しなければなりません。

 

経営課題は、中小企業に限らず、どんな会社であっても日々の経営のなかで何気なく表れているものです。

 

たとえ小さな経営課題であっても、積もり積もれば大きな経営課題になります。

 

当然ながら、経営課題の芽が見落とされ、しかも、その経営課題が解決されることなくそのまま放置されてしまうと、何れ大きな難題として会社経営に降りかかってきます。

 

経営課題が難題になるまで大きくなると対処法に限りが出てきます。

 

資金力に乏しい中小企業の場合、大きな経営改革を断行しなければ存続が危うくなることもあります。

 

やはり、日頃から気を付けて経営課題の芽を摘む努力が必要です。

 

 

中小企業が注意すべき経営課題とは?

 

経営課題に頭を悩ます中小企業経営者は多いと思いますが、課題解決の糸口がつかめれば悩みが解消されることもあります。

 

また、中小企業の経営課題は経営者一人の能力次第でいかようにも解決できることが沢山あります。

 

中小企業にありがちな代表的な経営課題である「経営力」と「組織力」の課題解決のヒントを紹介します。

 

 

中小企業の経営課題「経営力」

 

大企業は経営者の能力が多少劣っていても組織力でカバーすることができますが、中小企業の場合は、そうはいきません。

 

中小企業の業績は、経営者の能力で決まるといっても過言ではありません。

 

経営者の能力を高めるには、経営者の能力=会社の経営力という法則を理解し、日頃から経営者自身に成長投資を行うことが大切です。

 

経営能力の不足を補う努力を放棄すると、会社の業績が徐々に低迷してきます。

 

事実、過去に再建調査に入った全ての中小企業は、経営者の能力不足で経営が傾いていました。

 

 

業績が低迷している中小企業の経営者に共通した点は「数字に弱い」ということでした。

 

実は、中小企業経営者の数字力は、会社の業績を決定づける重要な要素になります。

 

例えば、会社の数字をよく観察していると、良いサインも危険なサインも全て見つけることができます。

 

経営者が数字に弱いと、良いサインも危険なサインも見落とすことになり、曖昧な根拠に基づいた会社経営に陥りやすくなってしまいます。

 

いわゆる勘と経験に頼った経営です。

 

勘と経験一辺倒な経営で乗り切れるほど、中小企業の会社経営は甘くありません。

 

会社の経営課題を見落とすきっかけを作りかねませんし、会社経営の悩みも山積する一方になるかも知れません。

 

例えば、下記のような悩みは数字に強い社長であれば、全て解決できます。

経営の悩みや孤独、不安を解消したい。

会社の経営状況を診断したい。

会社の経営課題、弱点、改善部分を見つけ出したい。

数字が分かる後継者を育てたい。

決算利益を予測して節税対策を事前に考えたい。

会社の赤字を黒字に変えたい。

黒字を更に拡大させたい。

経営分析や相談ができる右腕、参謀役が欲しい。

経費のバランスや水準が適正か判定したい。

資金繰りに問題がないか判定したい。

自信を持って銀行に業績説明したい。

新規融資を説得する業績計画を作りたい。

新規事業の事業計画を作りたい。

社員に利益を意識して働いてもらいたい。

経営課題に対して事前に手を打ちたい。

投資のタイミングと安全な金額を知りたい。

銀行借入金の許容限度額が知りたい。

どの部門が儲かっているのか知りたい。

不採算事業撤退の判断基準が知りたい。

事業の成功確率を判定したい。

 

勘と経験に頼った経営では、経営課題を解決する術が見つからないばかりか、次々と経営課題が増えてしまう悪循環に陥りかねません。

 

正しい経営を采配するためには会社の数字に強くなることが欠かせません。

 

会社の数字に強くなることは決して難しいことではありません。

 

⇒⇒おススメ記事「数字に弱い社長が、数字に強くなる方法」はこちら

 

コツとポイントを抑えれば誰でも強くなることが出来ます。

 

苦手意識を持って悲観することはなく、これから強くなればいいのです。

 

 

中小企業の経営課題「組織力」

 

会社の組織力を形成する社員、いわゆるヒトは、経営者の活用次第で100の力が10になることもあれば、200になることもある、不思議な経営資源です。

 

また、中小企業は限られた人材で事業活動を展開しなければなりません。

 

限られた人材の中で、いかに組織力を上げるかが将来の分かれ道といっても過言ではありません。

 

 

中小企業の組織力を強化するには、組織を正しい方向に導く「経営理念」、組織の責任と役割を示す「組織図」、会社の情報を整理・伝達する「定例会議」の3つが欠かせません。

 

そして、経営者のコミュケーション能力も不可欠です。経営者が社員とコミュニケーションを交わす場合は、社員と経営情報を交わすこと、そして、社員を労うために感情を交わすことが大切です。

 

経営者と社員の心の距離感は、組織力の強弱に反映されます。従って、経営者は常に社員の心に寄り添った存在でなければなりません。

 

また、経営者自身が会社の数字に強くなり、会社の強みを深く理解することも大切です。なぜなら、根拠のある指示や、会社の強みを理解した指図は、社員の反発を招きにくいからです。

 

組織力と業績は比例します。

 

従って、組織力が向上すると業績が伸びます。

 

一方、組織力が低下すると業績が低迷します。

 

中小企業において、社員(組織)を活かすも殺すも経営者次第といえるのです。

 

➡NEXT「中小企業の経営改革を成功させる方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ