減価償却の仕組み

分かり易い減価償却の解説

分かり易い減価償却の解説

 

中小企業経営者にとって、減価償却ほどややこしく、分かりづらい会計制度はないのではないかと思います。

 

事実、わたしも会計知識を習得するまでは、チンプンカンプンでした。

 

減価償却とは、資産性の高い設備等(減価償却資産)を耐用年数に応じて費用化していく制度のことです。

 

減価償却の対象資産や耐用年数などは税法で全て取り決めされていますが、難しい理論や決め事はひとまず置いておいて、この記事では減価償却の仕組みを理解することに焦点を絞って解説を進めていきます。

 

減価償却の仕組みは、会計の仕組みと、費用の仕組みを理解すると見えてきます。

 

この二つの仕組みさえ分かれば、減価償却の仕組みが深く理解できるはずです。

 

 

会計の仕組みを理解する

 

会社の会計には、絶対的なルールがあります。

 

それは、会計期間です。

 

会計期間は創業期を除いて、1年間と定められています。

 

なぜ、3年や10年ではダメなのか?

 

それは、1年間という会計期間ごとに会社の税金が確定しないと、国の予算管理に支障をきたすからです。

 

会社の税金は、国の収入になります。

 

国にも会社同様に1年間の会計期間があり、会計期間に合わせて予算を作成し、予算を消化するという仕組みがあります。

 

当然ながら、収入(税収)が確定しないと、予算自体が実効性の低いものになってしまいます。

 

国の予算管理に合わせるために、会社の会計期間が1年間と決まっているわけです。

 

この会計期間が1年であるというルールが減価償却を理解するうえで重要なポイントになります。

 

 

費用の仕組みを理解する

 

会計期間に続いて、費用の仕組みを説明します。

 

先に説明した通り、会社は1年間という会計期間ごとに税金が確定します。

 

税金の計算方法は、難しくありません。シンプルです。

 

会社の税金は、利益に対して課税されます。

 

つまり、利益が0円であれば、原則、税金(均等割りや消費税除く)は発生しません。

 

会社の利益は、会社の売上から費用を減じた金額になります。

 

費用とは経費のことです。

 

当然ながら、会社の売上には関係のない、経営者の生活費や社員の服飾費や娯楽費までも費用化して、課税の対象になる会社の利益を圧縮する事は認められていません。

 

このような会計操作は、脱税に当たり、重い罰則を課せられることになります。

 

売上に対応する費用だけが経費として認められる、ということが会計の大原則なのです。

 

 

減価償却の仕組みを理解する

 

会計期間が1年間と決まっている。

 

売上に対応する費用のみが経費として認められる。

 

この二つが理解できれば、減価償却の仕組みを理解する下地がほぼ整います。

 

減価償却の対象となる資産は、資産性の高いものに限定されています。

 

例えば、文房具やコピー紙のような1年以内に消費される消費財、何年利用しても一切価値が目減りしない土地などは、減価償却の対象資産にはなりません。

 

3年経過しても会社の売上に貢献する機械、20年経過してもガタが来ない建物など、1年間という会計期間に収まらずに長期間にわたって会社の売上に貢献する資産が、減価償却の対象資産になるのです。

 

ここで簡単な例を挙げます。

 

3年間分の売上に貢献する機械を300万円で購入したとしましょう。

 

この製造ラインの年間の売上は1,000万円、機械費用以外の年間一般経費は800万円とします。

 

まずは、減価償却を加味しない会計処理の例です。

 

1年目:売上1,000万円-(一般経費800万円+機械経費300万円)=▲100万円の損失
2年目:売上1,000万円-一般経費800万円のみ=200万円の利益
3年目:売上1,000万円-一般経費800万円のみ=200万円の利益

 

次に、減価償却を加味した会計処理の例です。

 

機械費用300万円は売上に対応する3年間にわたって減価償却費として費用化します。

 

1年目:売上1,000万円-(一般経費800万円+減価償却費100万円)=100万円の利益
2年目:売上1,000万円-(一般経費800万円+減価償却費100万円)=100万円の利益
3年目:売上1,000万円-(一般経費800万円+減価償却費100万円)=100万円の利益

 

いかがですか?

 

減価償却の有り無しによって、それぞれの会計期間内の利益金額に差が生じることがお分りになったと思います。

 

また、売上に対応していない経費計上を認めると、適正な利益計算ができないこともお分かりになったと思います。

 

減価償却資産を耐用年数に応じて費用化する意味はここにあるのです。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

初めての方へ
当サイトは中小企業の成長発展に役立つ経営ノウハウを公開している日本最大級の経営情報サイトです。失敗しない会社経営を実現するには確かな経営技術が必要です。中小企業専門経営コンサルタントの伊藤が長年の経験で培った経営ノウハウを厳選して掲載しております。
経営とは何か?
経営とは何か考えたことはありますか?会社を経営するということは「会社経営を永遠に継続させる」ということです。会社経営を継続させるために必要なことは、たった一つです。それは「黒字経営」を続ける事です。
経営者とは何か?
経営者とは何か?考えたことがありますか?経営者とは、会社を経営する人、会社の代表者、つまり社長のことです。中小企業の場合、社長の能力がそのまま会社の業績に反映されるケースが殆どです。つまり、黒字経営も赤字経営も社長次第ということです。
経営ノウハウとは?
経営ノウハウとは会社の成長発展を支える経営技術であり、知的財産でもあります。経営ノウハウの蓄積量が多いほど、その会社の屋台骨は強化されていきます。会社の事業環境に適した経営ノウハウを独自に形成する方法を紹介しております。
会社の経営理念とは?
経営理念は、会社の強みであり、会社の成長を牽引する重要な要素でもあります。経営理念は社員や関係者と共有することで初めて効果を生み出します。そして、経営理念の「ある会社」と「ない会社」では、会社生存寿命に圧倒的な差が出ます。
経営判断に自信を持つ原則とは?
経営者のマインドとして必要なことは「経営判断に自信を持つこと」です。自信のない経営判断ほど怖いものはありません。では、経営判断に自信をつけるためには、どのような鍛え方がベストでしょうか?
中小企業の後継者が経営者になるには
会社経営の経験のない後継者にとって経営者のポストは未知の世界です。会社経験のない後継者にとって経営者のポストを目の前にして不安を抱く方も少なくありません。では、中小企業の後継者が経営者になるにはどのような準備と能力が必要なのでしょうか?
中小企業の黒字経営ノウハウ
会社は黒字経営を継続しない限り存続することはなく何れ倒産してしまいます。経営判断を誤る要因は様々ですが、黒字経営に浮上するきっかけがつかめないまま万年赤字経営という会社も少なくありません。普遍的に通用する黒字経営ノウハウを紹介しております。
会社の数字に強くなる方法
会社の経営者にとって数字に弱いというのは致命的な欠点となります。倒産の危機に陥る会社の経営者は総じて数字に弱いです。一方、会社を成長発展させている経営者は総じて数字に強いです。では一体、両社の差はどこにあるのでしょうか?
成功する経営者の条件|男と女、経営者に向いているのはどっち?
成功する経営者の条件とは?男と女、経営者に向いているのはどちらか?結論から言うと、どちらにも向いているといえます。但し、男と女は持っている資質に大きな違いがあります。大切なのは、会社経営を成功に導くために必要な資質を補う姿勢です。では、成功の条件とは?
中小企業の経営課題と解決のヒント
資本力が小さい中小企業は様々な経営課題を抱えております。頭を悩ませている経営者も多いと思いますが課題解決の糸口がつかめれば悩みが解消されることもあります。中小企業にありがちな代表的な経営課題と解決のヒントを紹介しています。
中小企業の経営改革|改革のステップと成功の秘訣
いつの時代も中小企業の経営は厳しい環境下におかれております。厳しい環境を生き抜き100年、1,000年と続く会社を作るには継続的な経営改革が欠かせません。中小企業の経営改革を成功させるには改革のステップを理解することが大切です。
赤字経営を黒字化する方法
赤字経営は不幸の始まりです。なぜなら、赤字経営の行きつく先は会社の倒産だからです。従って、経営者は赤字経営を決して容認してはいけません。赤字経営を黒字化する方法は簡単です。徹底してムダとロスを排除することです。
成功する経営者の先行投資の考え方
成功したいと強く願っている経営者ほど先行投資に抵抗がありません。成功する為ならばお金も時間もどんどん使います。成功する経営者の先行投資の考え方を紹介しています。
経営者が持つべき判断基準とは?
「経営判断の誤り」は、会社経営が行き詰る代表的な原因のひとつです。失敗しない会社経営を実現するには確固たる判断基準を経営者自身が持つ必要があります。果たして、その判断基準とは?
図解で簡単に分かる財務諸表の見方
経営者にとって財務諸表、なかでも貸借対照表と損益計算書の理解は必須といっても過言ではありません。図解で簡単に分かる財務諸表の見方を解説しています。
中小企業の資金繰りとは?
資金繰りとは会社の現預金の収入と支出の出納管理のことで、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない重要な会計管理のひとつです。資金繰りの基本と重要性を紹介しています。
中小企業のIT戦略の基本
インターネットが経済に及ぼした影響は計り知れませんが、最も影響を与えた分野は「情報分野」ではないかと思います。情報を制するものは、経済を制するといわれております。中小企業がITを会社経営に活用する方法は無限にあります。
中小企業の人材育成で大切なこと
人材を人財に育て上げるには、経営者自身が正しい人事評価の尺度を持たなければなりません。なぜなら、様々なヒトに対して経営者自身が正しい人事評価の尺度を持ち合わせていないと組織を弱体化させかねない事態を招く恐れがあるからです。
運を呼び込む逆転の発想法
ビジネスを成功に導くために必要な要素に「お金」、「人脈」、「情報」、「才能」、「努力」などがありますが、これらに劣らぬ大事な要素があります。それは「運(うん)」です。運はビジネスを成功に導くために必要な重要な要素です。
経営者の成功を支える六方心
経営者が成功するには、高い経営能力と優れた人徳を身につける必要があります。そして、高い経営能力と優れた人徳を身につけるためには六方心を持たなければなりません。六方心とは「前後左右」に加えて「上下」に対しても心して対峙する姿勢を表した言葉です。