経営コンサルの活用法と失敗事例|経営者必見のコンサルノウハウ

経営コンサルの活用ノウハウと失敗事例|経営者必見のコンサルノウハウ

 

会社経営の成長エンジンのひとつとして経営コンサルタントを活用している中小企業は多いですが、経営コンサルタントほど能力の高低差がある職業はありません。

 

事実、経営コンサルタントのお陰で会社が成長するケースもあれば、経営コンサルタントのお陰で会社が衰退するケースもあります。

 

経営コンサルタントの有能と無能を分かつポイントは間違いなくあります。また、経営コンサルタントの能力を最大限に引き出すコツも間違いなくあります。

 

このカテゴリーでは「経営コンサルタントの活用方法と失敗事例」をたくさん紹介しています。

 

経営コンサルの活用方法と失敗事例から、経営コンサルタントの正しい活用法とコンサル能力を見極める厳しい眼を養ってください。

経営コンサルの活用法と失敗事例|経営者必見のコンサルノウハウ記事一覧

中小企業が経営コンサルタントを依頼すると、経営コンサル会社に登録されている大手出身者が派遣されることがある。元経理部長、元営業部長、元人事部長、元開発部長、など等、そのタイプはさまざまだが、大手出身者は、中小企業の経営コンサルには不向きである。なかでも中小企業の経営分野に関しては、大手出身者の経営コンサルが役に立たない例が少なくない。大企業の経験が全て無駄になる訳ではなく、事実、中小企業を中心に活...

とある中小企業(食品メーカー)に、大手出身者が販売拡大の目的でコンサルタントとして入り込んできた。彼は有名ブランドの大企業でトップセールスとして活躍したこともある経歴の持ち主で、意気揚々と着任して販売計画を提示し、早々に営業活動に取り掛かった。1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月と営業活動が続いたが、販売は一向に伸びなかった。結局、1年も経過しないうちに、彼は、会社を去っていった。つまり、コンサル指導が失敗に終...

銀行融資が絡んだコンサルティング提案には危険が潜んでいる。なぜなら、銀行員は金融業のスペシャリストであり、決して、会社経営のスペシャリストではないからだ。銀行は、お金を貸して利息を得たり、支払決済の手数料を得たり、預金の運用益を得たり、或いは、融資ノウハウや返済スキームの立案など等、様々なお金を扱う金融業だ。従って、銀行が融資とセットで持ちかける新規事業のコンサル提案等、金融商品以外の提案には、常...

広告代理店のコンサル提案は当てにならない。なぜなら、成功事例を前提に広告を仕掛けるからだ。特に、多額の費用を要する大手広告代理店のコンサル提案には、かなりの危険が潜んでいる。そもそも、大手広告代理店は、主に大企業のマーケティングを手助けする会社である。大手広告代理店にはありとあらゆる情報が蓄積されていて、戦略作りから仮定の理論付けまで、合理的なデータが豊富に揃っている。従って、それらのデータと仮説...

多くの中小企業経営者は税理士を経営のプロと勘違いしているが、これは危険な認識だ。なぜなら、税理士は税務のプロフェッショナルではあるが、決して、経営のプロフェッショナルではないからだ。経営の専門外である税理士のアドバイスを鵜呑みにするのは危険だが、税理士を経営のプロと勘違いしている経営者は少なくなく、例えば、「経営で何か困ってることはありませんか?」と経営者に尋ねると、「うちには税理士の先生がついて...

中小企業において、システム導入後に想定通りにコストが下がることは稀だ。また、独自システムを導入した結果、経営の自由度が低下することも、よくあることだ。経営効率の向上を図るシステムは、業務管理システム、在庫管理システム、受注発注システム、顧客管理システム等々、その種類は多種多様だが、多くのシステム会社は、会社経営を効率化するために様々なシステム開発を行い、顧客企業に導入を薦める。システム導入前、導入...

業績に責任を持たない経営コンサルタントは意外と多い。都合よく報酬を支払ってくれる会社に寄生する経営コンサルタントも沢山いる。例えば、「うちの会社は〇〇先生に経営コンサルを依頼しているので経営は問題ありません」と、自信満々で仰る中小・中堅企業の社長さんが稀にいるが、じつは、コンサルが会社の足を引っぱっているケースは珍しくない。先日も、とある中小企業の社長さんが同じようなことを仰っていたので、参考まで...

中小・中堅企業向けの有能な経営コンサルタントの最低条件は二つある。ひとつは「中小企業の経営経験があること」、もう一つは「会計の知識があること」だ。つまり、優れた経営力と数字力が有能な経営コンサルタントの絶対条件になる。この記事では、中小・中堅企業向け経営コンサルタントの条件について、詳しく解説する。経営コンサル選びで失敗しない秘訣経営者が有能な経営コンサルタントと巡り合える確率は高くなく、むしろ、...

経営コンサルタントを活用するうえで注意すべき点は、ミスマッチを防ぐことだ。会社が抱えている経営課題と経営コンサルタントの専門分野がマッチしないと、コンサル指導が失敗に終わるからだ。経営コンサルタントの専門分野は多岐にわたり、例えば、企業経営のプロフェッショナルタイプ、会計分野の専門家タイプ、売上拡大の営業系タイプ、生産性改善のコストカットタイプ、組織改革の人事系タイプ、ネット活用のITタイプなど等...

経営コンサルタントを活用するうえで注意すべき点は、時間を上手に活用することだ。経営者が経営コンサルタントと向き合う時間を上手に作らないと、コンサル指導が失敗に終わるからだ。経営コンサルタントを活用するということは、経営者が本腰を入れて会社経営(企業の永続性の確立)に取り組むという姿勢の表れでもある。成功を掴むために経営コンサルタントを活用することはとても良い決断だが、経営者が経営コンサルと向き合う...

経営者が経営コンサルタントから学べるノウハウは沢山ある。特に中小企業の経営コンサルティング実績が豊富な優秀なコンサルタントは、経営者が知らない経営ノウハウを沢山持っており、安定経営を支える経営スキルとマインド、人脈やネットワーク、業績分析スキルなど等、挙げたらきりがない。「有能な」という前提はあるが、経営コンサルタントから学べる経営ノウハウは、会社の成長を一段と加速させる貴重な資源として有効活用で...

中小企業の成長は経営参謀(ブレーン・右腕)で決まる。従って、有能な経営コンサルタントを経営参謀として活用することは賢い選択といえる。何といっても、中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘り、その量は膨大だ。例えば、安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成、など等、挙げたらキリがない。また、会社を成長させるには優れた経営技術が必要だが、優れた経営技術を身につけ...

人間ドックがあるように、会社にも、会社ドックがある。いわゆる会社の経営診断(健康診断)だ。中小企業が経営コンサルタントに会社の経営診断を委ねて会社の健康状態を定期的にチェックすることは賢い経営判断といえる。なぜなら、定期的な経営診断で、経営課題(病気)が早期発見できれば、会社の寿命が伸びるからだ。当然ながら、経営診断を受けずに、資金繰りに窮する等の自覚症状を感じてから経営診断を行っても時すでに遅し...

経営者の使命は、会社の利益を永続的に拡大し続けるところにある。経営コンサルタントの使命も、会社の利益拡大であって然るべきだが、経営コンサルタントの中には、利益拡大をさほど意識していない方もいる。事実、経営危機に瀕した会社に入ってみると、必ず、経営コンサルタントが在籍した形跡が残っている。会社によっては、経営が危機的状況にあるにも関わらず、利益に貢献していない経営コンサルタントを雇い続けている経営者...

経営コンサルとの契約解除のタイミングを誤ると、会社の業績が一気に悪化することがある。例えば、わたしの経験上、ほぼ100%の確率で失敗するコンサルとの別れ方がある。それは、経営コンサルの指導に基づいた経営改善の成果を、経営者自身の手柄(能力)と勘違いして、コンサル契約を解約する別れ方だ。経営者が自信過剰に陥り、十分な経営能力が身についていない段階でコンサル契約を解約すると、ほぼ100%の確率で、コン...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る