経営コンサルから学べるノウハウ|コンサルの知識は経営に活かせる知恵の宝庫

経営コンサルから学べるノウハウ|コンサルの知識は経営に活かせる知恵の宝庫

 

経営者が経営コンサルタントから学べるノウハウは沢山ある。

 

特に中小企業の経営コンサルティング実績が豊富な優秀なコンサルタントは、経営者が知らない経営ノウハウを沢山持っており、安定経営を支える経営スキルとマインド、人脈やネットワーク、業績分析スキルなど等、挙げたらきりがない。

 

「有能な」という前提はあるが、経営コンサルタントから学べる経営ノウハウは、会社の成長を一段と加速させる貴重な資源として有効活用できる。

 

従って、経営コンサルからの指導に満足するだけでは勿体なく、経営コンサルタントの能力を最大限に引き出すと共に、学べるノウハウをどん欲に吸収する意識を持つことが大切だ。

 

この記事では、経営者が経営コンサルタントから吸収すべき3つのノウハウについて、詳しく解説する。

 

 

経営コンサルタントの経営ノウハウ

 

経営ノウハウは、安定経営を支える経営スキルとマインドのことであり、経営者の経営ノウハウが豊富なほど、その会社の成長が加速する。

 

経営コンサルタントは過去の経験をベースに顧客企業の成長に最もフィットした経営指導を行う。従って、指導内容は会社の成長をけん引する優れた経営ノウハウといえる。

 

経営コンサルタントのノウハウを沢山吸収するには経営者の姿勢が大切になる。例えば、疑問に思ったことや知りたいことは躊躇なく聞いた方がよい。また、すぐに理解(共感)できない経営ノウハウに関しては、決して聞き流さず、一度冷静になって内容を考えることも大切だ。

 

中小企業の業績低迷は「経営者の経営ノウハウ不足(安定経営を支える経営スキルとマインド不足)」が大きな原因なので、経営コンサルのノウハウは貪欲に吸収してほしい。

 

 

経営コンサルタントの人脈(ネットワーク)

 

経営コンサルタントの人脈やネットワークは、成功ノウハウの収集や経営課題の解消に役立つ。

 

コンサル歴が長い経営コンサルタントほど、販売面、製造面、IT面、士業面など等、様々な課題解決のために役立つ人脈やネットワークを沢山保有している。

 

同一地域・同一業種であれば経営コンサルの人脈等が活用できないケースもあるが、地域や業種が違えば、大概の人脈等は活用できる。

 

また、経営者は孤独な家業なので、経営コンサルのネットワークを介して悩みを共有・解決・発掘することもできる。

 

人脈は不思議なもので似た者同士が繋がることが多い。従って、実力のある経営コンサルタントほど、実力のある人脈やネットワークと繋がってる。

 

 

経営コンサルタントの分析スキル

 

経営コンサルタントは毎月経営診断結果を顧客企業に報告する。また、診断結果をベースに経営改善計画を常に最適化する。

 

こうした経営コンサルの分析スキルは、安定経営に不可欠で、様々な計数管理に応用できる。また、経営者の数字力の向上にも役立つ。

 

経営コンサルタントの分析スキルを習得したい経営者は、エクセル等(表計算ソフト)を使って、分析資料を自力で再現してみるとよい。分析スキルが向上すると共に、自社の数字の理解が深まるので一石二鳥の効果がある。

 

➡NEXT「経営参謀としての経営コンサルタント」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る