中小企業のコンサル活用術

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営コンサルの活用ノウハウ その1

経営コンサルの活用ノウハウ その1

 

経営コンサルタントの活用ノウハウその1では、コンサルとのミスマッチを解消し、コンサル効果を最大化する方法を解説していく。

 

経営コンサルタントの専門分野は、中小企業経営のプロフェッショナルタイプ、会計分析が得意な会計マンタイプ、売上を伸ばすのが得意な営業マンタイプ、原価削減や経費削減が得意なコストカットタイプ、組織改編が得意な人事マンタイプ、ネット販売が得意なITタイプ、など等、多種多様である。

 

当然ながら、会社が抱えている経営課題と経営コンサルの専門分野がマッチしないと、思うような結果が出ないことがある。

 

事実、コンサルとのミスマッチに陥り、会社が衰退してしまった中小企業はたくさんある。

 

コンサルとのミスマッチを防ぎ、コンサル効果を最大化するには、経営者が数字に強くなるのが最も効果的である。

 

なぜなら、経営者の数字力が高まると、会社の業績理解が深まり、会社が抱えている経営課題の本質を的確に捉えられるようになるからだ。

 

また、経営者の数字力が高いと、経営コンサルの指導効果を正しく測定できるようになる。

 

経営者の数字力ひとつで、経営コンサルのミスマッチを防ぎ、なお且つ、コンサル効果を最大化する環境が整うのだ。

 

⇒⇒おすすめ記事「社長の数字力を上げる方法」はこちら

 

 

コンサル効果を最大化する経営者の数字力の高め方

 

たとえ数字に弱い経営者であっても、数字に強い参謀役をつけることで、会社の数字を深く理解するができる。

 

事実、数字に弱い社長が、数字に強い参謀役を活用し、業績を拡大している会社はたくさんある。

 

最も避けるべき行為は、会社の数字を軽視し、経営課題を曖昧にすることである。

 

会社の経営課題が曖昧なまま、闇雲に経営コンサルを選んでも、ミスマッチに陥るリスクが高まるだけだ。

 

例えば、他社よりも原価水準が高い会社が、売上拡大が得意な経営コンサルに仕事を依頼した場合、売上上昇とともに原価も上昇し、結果、営業利益がさほど増加しないことがある。

 

売上が増えるほど赤字金額が拡大する、といったケースはよくあることだ。

 

このケースの場合は、原価水準を改善した後に、売上拡大が得意な経営コンサルに仕事を依頼するのが正しい順序である。

 

会社の数字を深く理解し、経営課題の本質を捉えることができれば、経営コンサル選びに困ることも、ミスマッチに陥ることもなくなる。

 

経営コンサルとのミスマッチが解消されれば、コンサル効果は自ずと最大化される。

 

➡NEXT「経営コンサルの活用ノウハウ その2」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る