銀行コンサルの失敗事例

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

銀行のコンサルティングは危険

銀行のコンサルティングは危険

 

銀行融資が絡んだコンサルティング提案には危険が潜んでいる。

 

なぜなら、銀行員は金融業においてはスペシャリストかも知れないが、決して、会社経営のスペシャリストではないからだ。

 

銀行は、お金を貸して利息を得たり、支払決済の手数料を得たり、預金の運用益を得たり等々、様々なお金を扱う金融業である。

 

お金の貸し借りの提案自体は問題ないが、銀行が持ちかける融資とセットで行う新規事業のコンサル提案には、常に危険が潜んでいると思った方がよい。

 

そもそも、銀行には会社経営のノウハウがないし、会社の経営責任を背負う覚悟も義務もない。(それがあれば、不良債権など発生しないだろう)

 

中小企業に限らず、全ての会社は銀行と何らかの縁を持っている。

 

融資、預金、決済、、、。

 

なかでも、銀行融資は、吉とでることもあれば、凶とでることもある危険な分野である。

 

事実、会社創業当時に、銀行融資に助けられた中小企業は多いと思う。

 

一方で、銀行のコンサル提案を鵜呑みにして融資を受け入れた結果、その事業が想定通りに行かず、多額の利息の支払いと元本返済に苦しんでいる中小企業も多いと思う。

 

また、借入限度額を超えた銀行融資の返済に苦しんでいる中小企業も決して少なくない。

 

 

銀行のコンサル提案で危機に瀕した中小企業の失敗事例

 

銀行のコンサル提案を鵜呑みにして、多額の融資を受け入れた中小企業の失敗事例を紹介する。

 

仮にA社、B社、C社とするが、この3社はわたしが過去に再建に関わった中小企業である。

 

3社とも、年商50億円程度の中小企業だが、赤字経営に陥っていて、返済できる見込みがないほどに銀行からの借入金が膨れ上がっていた。

 

次の数字は、再建前の利益水準と借入金残高である。

 

A社:経常利益▲8千万円,借入金8億円

 

B社:経常利益▲7千万円,借入金10億円

 

C社:経常利益▲2千万円,借入金12億円

 

借金はすべて銀行のコンサル提案に乗って受けた融資である。

 

銀行融資をもとに新規事業を開始するも、銀行コンサルの当初の計画通りには収益が上がらず、やっとの思いで会社が生み出した利益も、利息と元本返済で銀行に吸い取られている、まさに銀行の奴隷状態だった。

 

これでは自分のために働いているのか、銀行のために働いているのか、わからないような状況である。

 

3社に共通するのは、銀行融資をきっかけに新規事業に手を出し、その事業が大赤字になってしまった、という構造である。

 

銀行には融資残高や新規契約等々、様々なノルマがある。

 

ノルマ達成のためにお金を借りてくれそうな経営者にコンサル的な営業トークで迫り、融資を持ち掛ける銀行員も珍しくない。

 

資金にゆとりができた時に事業を拡大することは決して悪いことではない。

 

しかしながら、新規事業の成功には様々な要素が絡み合っている。

 

少なくとも、会社経営の素人である銀行のコンサル提案を鵜呑みにして、安易に新規事業に手を出すのは危険な経営判断である。

 

※ ちなみに上記例の3社とも黒字経営(健全経営)にV字回復している

 

 

銀行融資の主導権を握らなければ失敗リスクは拭えない!!

 

銀行から融資を引っ張るのであれば、銀行主導ではなく、こちらが主導権を握らなければならない。

 

例えば、銀行融資の交渉主導権を握るためには事業の成功に関わる様々なリサーチを行い、万全なリスク分析を行ったうえで整合性のある新規事業計画を作成する必要がある。

 

当然ながら、新規事業の計画作成を銀行のコンサル担当に任せてしまうと、銀行に都合の良い内容に誘導され、いつまでたっても主導権を握ることができなくなる。

 

銀行融資の主導権を握るには、経営者自身が事業計画を作成しなければならないのだ。

 

新規事業を成功に導くことは簡単なことではない。

 

特に資本力の乏しい中小企業が新規事業を始める場合は、仮説と検証を繰り返し、小さなボリュームから成功体験を繰り返すことが欠かせない。

 

銀行のコンサルティングに頼った事業展開をするのではなく、経営者自身が主導権を握った事業展開をしてこそ、組織の力が一体となった安定成長が実現できるものだ。

 

会社の経営責任を全て背負っている経営者は、重要な経営判断を決して銀行任せにしてはいけない。

 

➡NEXT「広告代理店のコンサル失敗事例」へ

 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る