中小企業のコンサル活用ノウハウ

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営コンサルタントの注意点(1)|利益に貢献しない経営コンサルの見抜き方

経営コンサルタントの注意点|利益に貢献しない経営コンサルの見抜き方

 

経営者の使命は、会社の利益を永続的に拡大し続けるところにある。

 

経営コンサルタントの使命も、会社の利益拡大であって然るべきだが、経営コンサルタントの中には、利益拡大をさほど意識していない方もいる。

 

事実、経営危機に瀕した会社に入ってみると、必ず、経営コンサルタントが在籍した形跡が残っている。

 

会社によっては、経営が危機的状況にあるにも関わらず、利益に貢献していない経営コンサルタントを雇い続けている経営者もいた。

 

利益に貢献しない経営コンサルタントを雇い続けるのは本末転倒もいいところだが、経営コンサルタントの効果測定を疎かにすると、会社を食い物にされて、加速度的に業績が悪化することがある。

 

また、自分の知らない知識を豊富に持っているということだけで会社の利益に貢献しない経営コンサルタントを雇い続けるのは、会社の為にも、社員の為にもならない、典型的な経営者の自己満足パターンである。

 

当然ながら、経営者の知らない知識を豊富に持っている、或いは、立派な肩書を持っているだけでは、会社の利益は拡大しない。

 

会社をさらに成長させるために経営コンサルタントを活用することは大いに結構なことだ。

 

大切なのは、経営者自身が常に利益を意識して、コンサル効果を測定することである。

 

この意識ひとつで、経営コンサルタントの力量の見極めが可能になり、会社の利益をさらに拡大する経営手法や経営技術をどんどん吸収できる下地が整う。

 

 

成功ノウハウは役に立たない

 

成功者のセミナーや成功者の経験談を収録した書籍等があるが、中小企業がそうした成功ノウハウを真似しても、失敗するだけである。

 

なぜなら、経営資源がまちまちの中小企業の成功ノウハウは十人十色で、企業の数ほど存在するからだ。

 

また、成功ノウハウは時代や時流の変化で簡単に陳腐化してしまう。

 

従って、他社(他者)の成功ノウハウは、会社を取り巻く経営環境を考慮してアレンジをしないと、殆ど役立たない。

 

むしろ、失敗まっしぐらということもあり得る。

 

そもそも事業の成功というのは、殆どが偶然の産物である。

 

成功の方式など存在しない。

 

会社の経営状況を緻密に分析し、欠点を克服し、検証し、、、この地味な繰り返しを諦めずに続ける事が、確かな成功へと繋がる道だ。

 

従って、過去の成功ノウハウをそのまま押し売りする経営コンサルは要注意だ。

 

過去の成功ノウハウは参考情報として無駄にはならないが、そのまま鵜呑みにしてはならない。

 

あくまで基本に忠実に、緻密な状況分析と欠点克服と検証を、成功するまでやり続けることが大切である。

 

 

利益に貢献しない経営コンサルの見抜き方

 

会社の利益に貢献しない経営コンサルを雇い続けたり、経営コンサルの話す成功体験に酔いしれて安易に会社に招き入れるのは危険な判断である。

 

会社の利益に貢献しない経営コンサルタントを見抜くには、経営者が、次の2点を常に意識することが大切だ。

 

☑経営コンサルの成功体験に惑わされないこと

 

☑常に利益を意識しコンサル効果を測定すること

 

中小企業経営者が経営コンサルタントを活用する場合、この2点のポイントを意識するだけで、コンサル効果が飛躍的に上がる。

 

ちなみに、経営コンサルタントのなかには業績に貢献することなく寄生できる中小企業が見つかると、コンサル仲間を招き入れ、会社を食い物にする方もいるので注意してほしい。

 

➡NEXT「経営コンサルタントの注意点/契約解除」へ

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る