会社経営の失敗は成功の元

失敗に学ぶ会社経営の戦略 その1

失敗に学ぶ会社経営の戦略 その1

 

 

中小企業の失敗に学ぶ会社経営の戦略 ケース1

 

 

多くの中小企業経営者は成功に学ぶことに何の疑問も持っていません。

 

しかしながら、成功は偶然の産物であり、成功の法則というものは存在しません。

 

また、中小企業は人、モノ、カネ、情報が盤石でないため、大企業向けの経営手法をそのまま導入しても、うまく機能しません。

 

経営参考書に書かれていることを鵜呑みにして、自社の会社経営に導入した場合も、同様にうまくいきません。

 

なぜなら、中小企業の企業文化や業績状況は十人十色だからです。中小企業の数だけ成功の法則が存在するといっても過言ではありません。

 

従って、中小企業の会社経営において、成功から学べることは、実はあまりありません。

 

 

成功の戦略を失敗から学ぶ

 

一方、失敗には法則があります。

 

失敗するべくして失敗すると云われるほど、失敗の法則はあらゆる面に応用が効きます。

 

例えば、約300年に亘り天下を治めた徳川幕府を築いた徳川家康は、織田信長、豊臣秀吉等々、時代を共にした武将の失敗事例を徹底的に学び、成功の礎を築きました。

 

天下の剣術家であった宮本武蔵が追求した剣は、勝負に勝つ剣ではなく、勝負に負けない剣でした。

 

日本のプロ野球界で選手・監督として活躍した野村克也氏は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という肥前平戸藩主・松浦静山の名言を引用して失敗の理を語りました。

 

会社経営も同様、失敗から学べることが沢山あります。

 

 

数字に弱い経営者の失敗に学ぶ

 

数字に強い中小企業経営者の多くは黒字経営を確保して、会社の長期的な成長を維持しています。仮に数字に弱い経営者であっても、会社経営の本質を理解している方は、数字に強い参謀役をそばにつけて業績把握に努めています。

 

一方、数字に弱い中小企業経営者の場合は、会社の業績が把握できていませんので、適切な経営改善を講ずることが難しくなります。

 

数字に弱い経営者の会社が一度赤字経営に転落してしまうと、次第に赤字の金額が拡大し、最後はお手上げとなり、会社が倒産の危機に瀕するパターンが非常に多いです。

 

どんなに良い商品を販売していようが、どんなに良いサービスを提供していようが、どんなに良い社員を抱えていようが、会社が倒産してしまっては、何もかもがお終いです。経営者も社員も取引先も、関係者全員が一瞬で不幸になってしまいます。

 

倒産の危機に瀕した中小企業を数多く見てきましたが、ほぼすべての案件で、「数字に弱い」という経営者ひとりの能力不足が原因で会社が傾いていました。

 

 

利益を重視しない経営者の失敗に学ぶ

 

利益を重視している多くの中小企業経営者は黒字経営を維持しています。

 

一方、利益を重視しない中小企業経営者の場合、売上拡大一辺倒の方針で会社経営を運営しがちです。

 

売上至上主義の欠点は、「利益」の重要性を見落としているところにあります。売上至上主義の経営者の多くは、売上の増減に一喜一憂するばかりで、肝心の会社利益の増減まで意識が届いていません。

 

売上が増加している一方で、利益が減少し、赤字額が拡大していることはよくあることです。

 

会社の利益は、成長投資の原資となり、長期的な会社経営を支える大切なものです。利益があるからこそ、投資を行うことができ、会社の更なる成長が望めるのです。

 

一方、利益がなければ投資を行うことができませんので、会社の成長は後退するばかりとなります。一向に利益が出てこなければ何れ会社の資金が底をつき、会社は倒産します。会社が倒産すれば経営者のみならず、社員や取引先、関係者全員が不幸になります。

 

倒産の危機に瀕した中小企業を数多く見てきましたが、ほぼすべての案件で、「利益を重視しない」という経営者ひとりの意識の欠落が原因で会社が傾いていました。

 

 

当サイトの記事の約半数は会社経営の失敗事例に関連するものを掲載しています。なぜなら、会社経営において失敗事例ほど役に立つ経営ノウハウはないからです。

 

資本力のない中小企業の場合、小さな失敗が、取り返しのつかない失敗に繋がることがあります。

 

数多くの失敗事例を経営に活かすことは、優れた経営戦略のひとつなのです。

 

➡NEXT「失敗に学ぶ会社経営の戦略 その2」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ