会社の生存は資金繰りで決まる

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

売上増でも資金繰りが悪化する本当の原因

売上増でも資金繰りが悪化する本当の原因

 

会社の生存は、資金繰りで決まるといっても過言ではない。

 

なぜなら、資金繰りが悪化し、現金が底をつくと、会社が倒産するからだ。

 

黒字経営であろうが、いかに儲かっていようが、会社の資金がなくなれば、会社はあっさり倒産する。

 

資金繰りが悪化する根本原因は現金の減少にあるが、現金の源泉になる売上を上げさえすれば、資金繰りが改善されるかというと、そうでもない。

 

売上が増加傾向にあっても、資金繰りが悪化している中小企業はたくさんあるし、ある年の1年間に倒産した企業のうち、黒字倒産の割合が44.7%(東京商工リサーチ2012年調査結果)という結果も出ている。

 

つまり、売上が増加傾向にあろうが、黒字経営であろうが、資金繰りが悪化の一途を辿っている中小企業は決して少なくない、というのが実態である。

 

資金繰り悪化の原因は、それほど単純ではないのだ。

 

また、資金繰りを改善するには貸借対照表の理解が欠かせないことも、資金繰りの悪化原因を複雑にしている要因として考えられる。

 

損益計算書に馴染みのある経営者は多いが、貸借対照表を読み解ける経営者は決して多くない。

 

じつは、資金繰り悪化の原因は、貸借対照表のなかに隠されている。

 

従って、資金繰りに関連している貸借対照表のチェックポイントをモニタリングしていれば、簡単に資金繰り悪化の原因を捉えることができる。

 

当然ながら、資金繰り悪化の原因が分かれば、効率的に資金繰りを改善することができるようになる。

 

 

資金繰りの悪化原因を捉える貸借対照表のチェックポイント

 

資金繰りの悪化原因を捉えるための貸借対照表のチェックポイントを、さらに詳しく解説していく。

 

資金繰りの悪化原因を捉えるための貸借対照表のチェックポイントは、「現金預金」、「売掛金(受取手形含む)」、「棚卸資産」、の3つに絞られる。

 

この3つの数字をモニタリングしていれば、資金繰りの悪化原因を捉えることができ、資金繰りを効率的に改善することができる。

 

それぞれの詳細解説は下記の通りである。

 

 

現金預金のチェックポイント

 

現金預金は、常に増加傾向が適正基準である。

 

減少傾向にある場合は、利益が減少している、或いは、売掛金と棚卸資産が増加している、のどちらかの原因で資金繰りが悪化している可能性が高い。

 

利益を増やす、或いは、売掛金と棚卸資産を減らせば、資金繰りを改善することができる。

 

 

売掛金のチェックポイント

 

売掛金(受取手形含む)は、売上の増減と連動している。

 

例えば、売上増加分よりも売掛金が増えると資金繰りが悪化する、逆に、売上増加分よりも売掛金が増えなければ資金繰りが良好になる。

 

売掛金は回収してはじめて現金になり、資金繰りに役立つ資産になる。いかに早く売掛金を回収するかが、資金繰りを改善する秘訣になる。

 

当然ながら、売上が一定なのに、売掛金ばかりが増えていくと、資金繰りは悪化する一方になる。

 

 

棚卸資産のチェックポイント

 

棚卸資産は、商品在庫のことである。

 

当然ながら、せっかく利益を上げても、利益以上に商品在庫が増えると、資金繰りが悪化する。

 

例えば、期首からの利益が100万円ふえたとしても、期首からの商品在庫が200万円ふえれば、現金残高がマイナス100万円になり、それだけ資金繰りが悪化することになる。

 

また、商品在庫は現金化までのスピードが非常に遅いので、資金繰りを悪化させる大きな原因になり得る。

 

 

 

資金繰りを悪化させる本当の原因のまとめ

 

繰り返すが、会社の生存は、資金繰りで決まる。

 

会社倒産の半数が資金繰りの悪化というデータもある通り、資金繰りの悪化原因の理解なくして、会社の生存はないといっても過言ではない。

 

資金繰りの悪化原因は、売上を増やしても解消することができない。また、損益計算書の数値を改善しても解消することができない。

 

資金繰り悪化の殆どの原因は、貸借対照表の中に隠されている。

 

貸借対照表の「現金預金」、「売掛金(受取手形含む)」、「棚卸資産」の3つの数字をモニタリングしていれば、資金繰りの悪化原因を捉えることができ、資金繰りを効率的に改善することができる。

 

他にも、利益以上に固定資産が増えている、利益以上に借入返済金がある、などといった状況も資金繰りを悪化させる原因になり得る。

 

資金繰りの悪化を防ぐには、貸借対照表の理解が欠かせない。

 

是非とも、紹介した貸借対照表のチェックポイントのモニタリングを継続し、資金繰りの改善に取り組んでほしい。

 

➡NEXT「会社の資金繰りを改善して運転資金を増やす方法」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る