会社経営に関わる経営の基本知識

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者が知っておくべき経営の知識

経営者が知っておくべき経営の知識

 

会社経営は、知らなかったでは済まされないことが、じつに多い。

 

ほんの些細な経営の知識の欠落が災いして、会社が倒産することもある。

 

経営者が最低限知っておくべき経営の知識を紹介している。是非とも、参考にしてほしい。

経営者が知っておくべき経営の知識|経営の基本から成功の知恵まで全公開記事一覧

経営の基礎知識なくして、会社経営の成功はあり得ない。なぜなら、トップダウン構造にある中小企業は、経営者の能力次第で業績が決まるからだ。会社経営を成功に導くために必要な経営知識は膨大なので、ひとりの経営者がすべての経営知識を習得するには限界があるが、経営者が最低限知るべき基本の経営知識はある。例えば、経営者の行動原理を明快にする、経営の目的、経営の仕組み、経営者の責任などは、経営者が知るべき経営の知...

経営の目的とは何か?考えたことがあるだろうか?経営の目的以前にそもそも経営とは何かというと、営みを経ける(続ける)ということである。そして、経営を続けるために欠かせない条件は、利益の拡大である。なぜなら、会社は現金がなくなると倒産するからだ。それでは利益の拡大が経営の目的なのかというと、そうでもない。利益は、経営を続けるための燃料に過ぎない。利益の先にあるものこそが、経営の目的である。つまり、企業...

ビジネスチャンスは至るところに転がっているが、大きなビジネスチャンスをものにするには、チャンスを見つけて活かす二つの思考を身につけなければならない。ひとつは「成功のチャンスは1回しかない、と考える思考」、もう一つは「成功のチャンスは何度でも訪れる、という思考」である。前者は緻密な計画と全身全霊の姿勢が成功のチャンスを左右し、後者は計画の検証力と諦めない根気強さが成功のチャンスを左右する。何れの思考...

わたしはこれまで数百社を超える中小企業を見てきたが、業績の良い会社には法則のごとく決まった特徴がある。例えば、経営者の能力が優れている、組織の士気が高い、会社の整理整頓が行き届いている、といった特徴は、業績の良い会社に共通している。当たり前だが、業績の悪い会社の特徴はすべてが反対になり、経営者の能力が低い、組織の士気が低い、会社の整理整頓が行き届いていない、といった特徴になる。業績の良い会社の特徴...

会社のお金の流れは、実に複雑である。事実、利益を上げているにも関わらず、会社のお金の流れを見失い、黒字倒産に陥る企業は決して少なくない。また、日々の資金繰りに悩んでいる中小企業も少なくない。会社のお金の流れを複雑化している最たる要因は、帳簿とキャッシュフローの不一致である。帳簿とは、会社の損益を計算する財務諸表等のことで、キャッシュフローとは、現金収支の流れのことだが、普通の会社は、帳簿とキャッシ...

在庫と利益の関係は、単純である。なぜなら、会計上、適正な在庫評価(棚卸)がされている限りは、在庫が多かろうが、少なかろうが、利益が変わることはないからだ。在庫によって利益が不自然に変動するのは、在庫を水増しした時、或いは、在庫の評価額を作為的に操作した時だけである。在庫の水増し等は、いわゆる粉飾行為だが、在庫の粉飾をしない限りは、在庫が利益に与える影響は殆どない。一方、在庫とお金の関係は、複雑であ...

会社の生存は、資金繰りで決まるといっても過言ではない。なぜなら、資金繰りが悪化し、現金が底をつくと、会社が倒産するからだ。黒字経営であろうが、いかに儲かっていようが、会社の資金がなくなれば、会社はあっさり倒産する。資金繰りが悪化する根本原因は現金の減少にあるが、現金の源泉になる売上を上げさえすれば、資金繰りが改善されるかというと、そうでもない。売上が増加傾向にあっても、資金繰りが悪化している中小企...

会社の資金繰りは、経営の生命線を握っている。なぜなら、会社の資金繰りが行き詰ると、会社が倒産するからだ。会社の資金繰りを改善する方法は難しくない。「入るを量りて出ずるを為す(いるをはかりていずるをなす)」の言葉通り、収入に合わせて支出をコントロールすることが、会社の資金繰りを改善する基本原則である。会社の収入と支出の増減、つまり、会社の資金繰りは、売上代金の回収と費用等の支払い条件で決まる。例えば...

銀行からの融資は、会社経営の潤いになる。なぜなら、資金調達の手段が限られている中小企業の場合、銀行からの融資で多少の潤いを作っておくことが、安定経営の秘訣になるからだ。中小企業の銀行融資の難しさは、必要な時に、必要な金額を簡単に引き出せないところにあるが、日頃から融資実績や返済実績を作っておくと、資金需要に合わせた柔軟な融資環境が整いやすくなる。当然ながら、融資実績も返済実績もない中小企業に対して...

借金で成功する会社と失敗する会社の違いは、どこにあるのだろうか?借金で成功する会社がある一方で、借金で失敗する会社があるのは事実であり、私自身も、借金で失敗した会社を数多に見てきた。わたしの経験上、借金の失敗リスクを低下させる借金経営の基本は「お金の区別」にある。例えば、自分で稼いだ利益(自分のお金)と借金(他人のお金)の区別がちゃんと出来ている会社は、間違いなく借金で会社経営を成功に導いている。...

中小企業の場合、社長がひとりで仕事を抱えてしまい、権限移譲が全くできていない会社も珍しくない。社長の権限を社員に対して移譲しないと、いつまで経っても社長におんぶに抱っこ状態が続き、社員のスキルと責任感が一向に高まらない。やはり、社員のレベルを引き上げ、会社の成長を成し遂げるには、社長の権限を社員に対して移譲することが欠かせない。とはいっても、社長の権限移譲はじつに難しい。事実、社長の権限を社員に移...

いつも不思議に思うのだが、営業利益率の業界平均を気にする経営者は、じつに多い。営業利益率を経営目標として運用している会社経営者は多く、わたし自身、製造業やサービス業など、さまざまな業界の経営者から営業利益率の平均を尋ねられることがよくある。営業利益率を経営目標として運用することは結構なことだが、業界平均を気にすることの無意味さを理解している経営者は少ない。なぜなら、営業利益率の業界平均はまったく使...

本部経費とは、収益を生み出さない管理部門の維持管理に費やされる経費のことである。本部経費の対象になる管理部門は、総務経理やコールセンター、或いは、会社全体の将来収益に貢献している開発部門などの維持管理費用も含まれる。中小企業の場合、本部経費は少ないほど良い。なぜなら、会社の収益にさほど貢献せず、さらには会社の機動力の足を引っ張る本部経費を低コストに抑え、収益を生み出す営業部隊に経営資源を集中させた...

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る