経営目的がゴールを明らかにする

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

経営者が知るべき経営の目的|経営の目的を見誤ると会社が衰退する

経営者が知るべき経営の目的

 

経営の目的とは何か?

 

考えたことがあるだろうか?

 

経営の目的以前にそもそも経営とは何かというと、営みを経ける(続ける)ということである。

 

そして、経営を続けるために欠かせない条件は、利益の拡大である。なぜなら、会社は現金がなくなると倒産するからだ。

 

それでは利益の拡大が経営の目的なのかというと、そうでもない。

 

利益は、経営を続けるための燃料に過ぎない。

 

利益の先にあるものこそが、経営の目的である。

 

つまり、企業に利益をもたらす人物を創造することが、経営の目的になるのだ。

 

企業に利益をもたらす人物は会社を創業した経営者でもなければ、汗水流して一生懸命働いている社員でもない。

 

顧客である。

 

顧客は、企業が提供する商品やサービスを購入することで企業に利益をもたらし、企業の成長発展を支える唯一無二の存在である。

 

顧客の創造こそが、経営の目的なのだ。

 

経営の目的を達成することは、けっして簡単ではない。

 

なぜなら、既存顧客に商品を提供するだけでは、経営の目的を達成することができないからである。

 

まだ見ぬ潜在顧客に対して商品を提供しない限り、新たな顧客を創造したことにはならない。

 

つまり、潜在顧客の要望を叶えてこそ、経営の目的が達成されるのだ。

 

 

経営の目的を達成するために経営者がすべきこと

 

経営の目的は、潜在顧客の要望を叶えるところある。

 

つまり、潜在顧客の要望を叶えることを揺るぎないゴールに掲げて、利益を拡大している限り、経営が行き詰ることは、そう起こり得ない。

 

潜在顧客の要望を叶えるという経営の目的を分かりやすく具現化している企業の代表例はアマゾンである。

 

アマゾンで本を選んでいると、顧客の潜在需要をくすぐるおススメ商品がいくつも提示される。おススメ商品のなかに顧客の潜在需要があれば、その顧客を新たに取り込むことができる。

 

また、検索ワードに関連した広告を表示させるグーグルの技術も、潜在顧客の要望を叶えるという経営の目的を分かりやすく具現化している例である。

 

既存の顧客に商品を提供しているだけでは、現状を超える利益を獲得するはできない。

 

やはり、潜在顧客の需要を取り込む努力をしなければ、利益拡大はもちろんのこと、顧客創造という経営の目的を達成することはできない。

 

経営の目的を達成するために経営者がすべきことはたくさんある。

 

商品付加価値の追求、新たな価値の再定義、会社や商品コンセプトの情報発信、など等、潜在顧客の需要を喚起する取り組みは挙げたらキリがないほどある。

 

当然ながら、どんなに価値のあるものを持っていたとしても、潜在顧客にその情報が届かなければ、顧客は創造されない。

 

或いは、潜在顧客に対してしっかり情報を送っていたとしても、その商品の価値が低ければ、顧客は創造されない。

 

顧客創造という経営の目的のゴールは果てしない。

 

経営の目的をはき違えることなく、ひたむきな経営努力を重ねることが大切である。

 

➡NEXT「ビジネスチャンスの見つけ方と活かし方」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る