会社経営の基本知識

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

在庫と利益の関係と在庫とお金の関係

在庫と利益の関係と在庫とお金の関係

 

在庫と利益の関係は、単純である。

 

なぜなら、会計上、適正な在庫評価(棚卸)がされている限りは、在庫が多かろうが、少なかろうが、利益は変わらないからだ。

 

在庫によって利益が不自然に変動するのは、在庫を水増しした時、或いは、在庫の評価額を作為的に操作した時だけである。

 

在庫の水増し等は、いわゆる粉飾行為だが、在庫の粉飾をしない限りは、在庫が利益に与える影響は殆どない。

 

一方、在庫とお金の関係は、複雑である。

 

例えば、在庫が売れても売上金の回収が完了しなければお金は増えない。或いは、在庫に然るべき利益を乗せて販売しなければお金は増えない。

 

さらに言えば、在庫が売れなければ、一生、お金が増えることはなく、最悪、在庫処分の費用がかかり、お金が減ることもあり得る。

 

このように、在庫とお金の関係は、在庫と利益の関係に比べて、非常に複雑である。

 

会社は、お金がなくなると倒産するので、在庫とお金の関係を見失うと、簡単に会社が衰退することも珍しくない。

 

在庫と利益の関係を理解することも大切だが、在庫とお金の関係は、安定経営を目指すうえで欠かせないポイントといっても過言ではないのだ。

 

なお、在庫と利益の関係については「棚卸が決算だけの会社は倒産リスクが高い」の記事で詳しく解説しているので、是非、参考にしてほしい。

 

 

在庫とお金の関係が分かると成長が加速する

 

在庫はお金である。

 

従って、在庫を寝かせている状態は、お金を寝かせている状態と何ら変わりない。

 

また、多くの利益を稼ぎ出したとしても、その利益が在庫に消えてしまっては、お金が増えることはない。

 

例えば、年間1億円の利益を稼いだとしても、期首からの在庫残高が1億円増えてしまうと、すべての利益が在庫に姿を変えたことになり、お金は一切増えない。

 

増えないどころか、税金分のお金が減少してしまい、場合によっては資金繰りが行き詰る。

 

利益が拡大しているにも関わらず資金繰りが悪化する会社の殆どは、在庫とお金の関係を見失ったことで起きている。

 

このケースは多くの中小企業で見受けられるので、是非とも、注意してほしい。

 

在庫を制するものは、お金を制する。

 

例えば、

 

☑在庫の現金化が早ければお金に余裕が生まれ成長投資が加速する

 

☑在庫がなければ、在庫の値下がりリスクが回避できるのでお金の損失がなくなる

 

☑在庫代金の支払いよりも販売代金の回収の方が早ければ、売上拡大と共にお金がどんどん増えていく

 

このように、在庫とお金の関係を理解し、在庫を制するものは、お金を制する。

 

当然ながら、会社のお金が潤沢になれば、会社の成長スピードが一段と加速する。

 

トヨタは、ジャスト・イン・タイム(必要なものを、必要なときに、必要なだけ)の生産体制(カンバン方式)を確立し、世界的自動車メーカーの地位を保っている。

 

材料在庫1日以下、製品在庫ゼロの生産販売体制を確立したデルコンピュータは、創業から早い段階で世界的企業の仲間入りを遂げている。

 

在庫は、会社の成長と衰退を分かつ重要な要素である。決して、軽く見てはいけない。

 

➡NEXT「売上増でも資金繰りが悪化する本当の原因」へ

 

 

 

おススメ記事

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る