キャッシュフロー経営の基本

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社のお金の流れを明快にする方法

会社のお金の流れを明快にする方法

 

会社のお金の流れは、実に複雑である。

 

事実、利益を上げているにも関わらず、会社のお金の流れを見失い、黒字倒産に陥る企業は決して少なくない。また、日々の資金繰りに悩んでいる中小企業も少なくない。

 

会社のお金の流れを複雑化している最たる要因は、帳簿とキャッシュフローの不一致である。

 

帳簿とは、会社の損益を計算する財務諸表等のことで、キャッシュフローとは、現金収支の流れのことだが、普通の会社は、帳簿とキャッシュフローが殆ど一致しない。

 

例えば、帳簿上は、売上から費用を減ずれば利益が計算されるが、帳簿上の利益が増えれば、会社のお金も増えるのかというと、そうでもない。

 

実際には、帳簿上の利益がプラスであっても、売上金の回収が完了しない限りは、手元のお金がプラスになることはない。

 

さらに言えば、実際のキャッシュフローは、人件費等の諸経費や販売商品の仕入費用の支払いが先に発生し、売上が現金化されるのは、その後である。

 

このように、帳簿とキャッシュフローは、お金の流れが真逆の感覚になるので、会社のキャッシュフローを軽視すると、簡単にお金の流れを見失うことになる。

 

会社はお金で始まり、お金で終わる。

 

つまり、会社はお金がなくなると倒産する、ということである。

 

会社のお金の流れを見失わないためには、帳簿とキャッシュフロー、それぞれのお金の流れをしっかり理解することが欠かせないのだ。

 

 

会社のお金の流れを明快にするキャッシュフロー経営とは?

 

会社のお金の流れを明快にする経営を、キャッシュフロー経営という。

 

キャッシュフロー経営は、会社のお金の流れ(増減)と、会社のお金を増やすことを重視するので、会社のお金の流れがより明快になる。

 

また、キャッシュフロー経営は、会社のお金の流れと共に経営者の損得基準も明快にするので、会社の利益を押し上げる効果がある。

 

会社のお金の源泉は利益なので、利益拡大を後押しするキャッシュフロー経営は、会社の生存を保障する優れた経営手法といっても過言ではない。

 

キャッシュフロー経営の典型例は、現金商売や前金商売である。

 

商品やサービス提供と同時に現金収入が発生する現金商売、或いは、商品等を提供する前に現金が入る前金商売は、会社のお金の流れが明快で、なお且つ、一定(損益分岐点以上)の顧客数が確保された時点で、会社のお金が減らなくなる。

 

利益=お金という公式も成り立つので、利益の再投資を加速すると、会社の成長スピードと共にお金の増え方も一段と加速する。

 

キャッシュフロー経営は、現金商売以外でも工夫次第で、いかようにも実践できる。

 

例えば、売上金の回収後に仕入代金を支払う、結果が出てから対価を支払う、など等は、会社のお金を減らさないキャッシュフロー経営の秘訣である。

 

キャッシュフロー経営を軽視すると、会社が成長するほどに、お金が不足する事態を招きかねない。

 

お金の調達手段に限りのある中小企業ほど、キャッシュフロー経営を重視してほしい。

 

➡NEXT「在庫と利益の関係と在庫とお金の関係」へ

 

 

おススメ記事

 

 

 

 





 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る