経営セミナー「事業拡大を加速する社長の仕事とリーダーの条件が分かる」

経営セミナー「事業拡大を加速する社長の仕事とリーダーの条件が分かる」

 

事業の大きさは、社長の仕事とリーダーとしての振る舞いで決まります。

 

社長がすべき最低限の仕事を愚直に実践し、リーダーシップを発揮すれば、事業拡大のスピードが自然と加速します。

 

本セミナーは「事業拡大を加速する社長の仕事とリーダーの絶対条件」について事例を交えて分かりやすく教える経営セミナーです。講義と質疑応答からなる二部制&少人数制のセミナーです。

 

講義では、松下電器の松下幸之助氏、京セラの稲盛和夫氏、日本電産の永守重信氏、ユニクロの柳井正氏、メルカリの山田進太郎氏などの成功社長が実践している仕事と成功社長に共通しているリーダーの絶対条件をしっかりお伝えします。講義時間は充実の120分です。

 

質疑応答では、セミナーの講義内容、或いは、日頃の会社経営の悩みや課題解決の方法論について時間の許す限り質問を受け付けます。近い距離間で、より具体的にお答えし、しっかり経営のお悩みを解決します。質疑応答の時間は充実の90分です。

 

 

経営セミナー講師プロフィール

経営コンサルタント伊藤敏克

ビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社 代表取締役社長 伊藤敏克。業界最大手の一部上場企業に約10年間在籍後、中小企業の経営に参画。中小企業経営の傍ら、法律会計学校にて民法・会計・各種税法を習得し、2008年4月に、ビジネスコンサルティング・ジャパン(株)を設立。会社設立後は、経営コンサルタントとして様々な会社の経営指導を行う。経営者への指導実績は100名以上、さらに数十社を超える赤字企業の事業再生にも携わり、指導会社の営業利益を20倍にした実績も持つ。各業界団体の講演実績も多数。主な著書「小さな会社の安定経営の教科書(クローバー出版)」
⇒⇒伊藤の詳細プロフィールはこちら

 

経営セミナー概要

 

開催日程:9/30(水)13:30~17:30迄

 

受講定員:5名

 

受講時間:講義120分・質疑応答90分 合計210分(3.5h)

 

受講料金:10,000円(消費税込み)

 

開催場所:弊社セミナールーム(東京都)

 

※マンツーマンセミナーは随時受け付けています。マンツーマンのメリットは集中的に学べる点と周囲を気にせず経営相談できる点です(Web受講可)

 

 

 

 

経営セミナー会場のご案内

 

経営セミナーの会場(弊社セミナールーム)は、国民公園として名高い新宿御苑と鎮守の森である明治神宮の間に挟まれた副都心にあります。

 

JR新宿駅、JR代々木駅、東京メトロ新宿三丁目駅、都営地下鉄代々木駅など、複数の駅から徒歩圏内のアクセスの良い立地にあります。

 

アクセス

 

 

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5/4F

 

JR新宿駅東南口から徒歩7分/JR代々木駅東口から徒歩3分/都営大江戸線代々木駅から徒歩6分/東京メトロ新宿3丁目駅E8出口から徒歩3分

 

 

経営セミナー「事業拡大を加速する社長の仕事とリーダーの条件が分かる」の詳細カリキュラム

本経営セミナーの狙い会社の業績は経営者の能力で決まります。つまり、経営者の能力以上に会社は大きくなりません。経営者の能力を決定付ける要素は、社長の仕事の質とリーダーとしての姿勢です。成功社長ほど社長がすべき仕事に忠実で、なお且つ、組織の先頭に立ってリーダーシップを発揮しています。本経営セミナーでは「事業拡大を加速する社長の仕事とリーダーの絶対条件」について事例を交えて分かりやすく教えます。経営者の...

 









 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
事業拡大なくして企業の存続なし。つまり、事業拡大の取組みは企業の生命線になります。事業拡大のための経営健全化から成長戦略に至るまで分かり易く徹底解説しています。
経営改善計画書は会社の最良の未来予想図を示すロードマップです。経営改善計画書の目的・効果・機能・作り方から計画の実効性を高める方法に至るまで徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


儲かる実践ノウハウ:プロ経営者直伝イノベーション売上拡大経営能力研鑚後継者育成生産性改善事業拡大顧客創造強い組織作り経営知識税金知識事業再生

経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
このページの先頭へ戻る