中小企業の経営に成功する経営者の条件

成功する経営者の条件|男と女、経営者に向いているのはどっち?

成功する経営者の条件|男と女、経営者に向いているのはどっち?

 

中小企業において、成功する経営者の条件とは?

 

男と女、成功する経営者に向いているのはどちらか?

 

成功する経営者の条件は後で述べるとして、そもそも、男と女、成功する経営者に向いているのはどちらでしょうか?

 

結論から言うと、どちらにも向いているといえます。

 

但し、経験則からいうと、男性と女性は持っている資質に大きな違いがあります。

 

例えば、男性は論理的思考が得意です。

 

従って、会社の数字を管理するのが得意です。

 

事実、「数字に強い」という経営者に不可欠な能力は、男性に備わっていることの方が多いです。

 

一方、女性は論理的思考が苦手です。

 

従って、会社の数字を管理するのが苦手です。

 

しかしながら、経営センスや事業センスは女性の方が優れている場合が多いです。

 

「数字に強い」という一面だけを基準に捉えると、女性よりも男性の方が成功する経営者に向いているといえます。

 

一方、「経営センス」という一面だけを基準に捉えると、男性よりも女性の方が成功する経営者に向いているといえます。

 

しかしながら、数字一辺倒、或いは、経営センス一辺倒では、まともな会社経営はできません。

 

大切なのは、経営者として不足している資質を補う姿勢です。

 

⇒⇒おススメ記事「経営のプロを積極的に活用するメリット」はこちら

 

先の例の場合は、男性の場合は、経営センスをサポートしてくれる女性の参謀役を、女性の場合な、数字の強さをサポートしてくれる男性の参謀役を、それぞれ、経営者の身近な立場に配置すると問題が解決します。

 

 

成功する経営者の条件とは?

 

中小企業の経営者には、様々な資質が求められます。

 

中小企業の場合、経営者の能力が、そのまま会社の業績に反映されますので、責任も大きいです。

 

とはいっても、何もかも一人の能力で賄えるほど人間の能力は万能ではありません。

 

不足があって当たり前です。

 

しかし、不足を補う努力は必要です。

 

なぜなら、中小企業の業績を上げるには、経営者の能力を引き上げるのが一番の近道だからです。

 

「自分に不足している能力はなんだろうか?」

 

という、自問自答を繰り返し、経営者として不足している資質を補う姿勢を常に持つことが何よりも大切です。

 

中小企業の場合、経営者の能力不足を補うために、ヘッドハンティング等の大それた人員補充をする必要はありません。

 

夫婦間で互いの不足を補うこともできますし、社員の能力を活かして不足を補うこともできます。

 

経営者に、自身の不足を見つめる謙虚さが備わっていれば、大体の能力不足は解決されます。

 

なお、成功する経営者に欠かせない資質の一例は下記の通りです。

 

 

成功する経営者は「数字に強い」

 

会社の数字を知らずして、まともな経営は出来ません。

 

また、会社の数字から将来を見通す分析力がなければ、安定した会社経営は実現できません。

 

例えば、会社の発展に欠かせない事業構想、将来計画、投資戦略等は、会社の数字を活用しなければ正しい判断が見えてきません。

 

会社経営の成功に、経営者の数字力は欠かせない要素なのです。

 

 

成功する経営者は「経営センスがある」

 

会社の理念、ビジョンを決定づけるのは経営センスです。

 

理念やビジョンは会社に明確な人格を与えます。そして、明確な理念やビジョンが、将来の会社の姿を形作っていきます。明確な理念やビジョンなくして、長期的な会社経営は困難です。

 

また、新規事業の創出、価値創造等、ゼロから有を生み出す発想力を支えるのも経営センスです。

 

会社経営の成功に、経営者の経営センスは欠かせない要素なのです。

 

 

成功する経営者は「コミュニケーション能力が高い」

 

コミュニケーション能力は、会社経営のあらゆる面で必要とされます。

 

例えば、経営者と社員とのコミュニケーションが円滑に進まないと離職率が高まり、組織力が弱体化してしまいます。組織力の低下は、即、業績悪化に繋がります。

 

或いは、銀行や取引先とのコミュニケーションが円滑に進まないと、融資が下りなかったり、取引関係を解消されたり、経営に深刻な影響を与える事態を招きかねません。

 

会社経営の成功に、経営者のコミュニケーション力は欠かせない要素なのです。

 

➡NEXT「会社の内と外、社長の仕事はどっちが重要か?」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ