中小企業の人材を人財に育てる方法

中小企業の人材育成で大切なこと

中小企業の人材育成で大切なこと

 

中小企業の人材育成で大切なことはヒトを理解することです。

 

なぜなら、会社はヒトの集合体で成り立っているからです。

 

ヒトの性格は十人十色ですので、会社での仕事ぶりや貢献度も十人十色といえます。

 

従って、様々なヒトに対して経営者自身が正しい人事評価の基準を持ち合わせていないと組織を育てるどころか、組織を弱体化させかねない事態を招く恐れがあります。

 

十人十色のヒトに対して、如何に不満を抱かせない公平な人事評価を下すことができるか否かは人材育成の難しい部分のひとつです。

 

例えば、能力が多少劣っていても人並み外れた明るさを持ち合わせている社員であれば、別の面で会社に貢献する人財になる可能性があります。

 

なぜなら、明るさは天性の長所で誰しもが持ちえない能力の一種だからです。

 

明るさは、組織の活性剤とも潤滑剤ともなりえる代えがたい長所です。

 

もしも経営者が能力一辺倒の評価基準で人事評価した場合、このような明るさを持ち合わせた社員がはじき出される可能性があります。

 

組織から明るさが無くなると摩擦や嫉妬、妬みが蔓延し組織が弱体化してしまうことがあります。

 

やはり、能力の凸凹、性格の凸凹、様々な凸凹要素を経営者が認め、社員同士が尊重し合う環境がなければ組織の力は強くなりません。

 

 

中小企業の人材育成で大切なことは経営者の寛容さ!

 

ヒトには誰しも一長一短があります。

 

そして、有能な社員100%でも、無能な社員100%でもうまく機能しないのが会社組織の面白いところです。

 

お城の石垣同様、大きさの違う様々な凸凹が組み合わさってこそ、強度の強い土台が完成するのです。

 

江戸時代に米沢藩を立て直した名君”上杉鷹山公”が残したといわれる言葉に「働き一両、考え五両、知恵借り十両、コツ借り五十両、ひらめき百両、人知り三百両、歴史に学ぶ五百両、見切り千両、無欲万両」という名言があります。

 

会社組織には、働きが得意な者、考えが得意な者、知恵借りが得意な者、色んな人材がいます。

 

社員の一長一短を理解し、適材適所で長所を伸ばす工夫と努力なくして中小企業の人材育成は成功しません。

 

 

中小企業の人材育成で大切なことのひとつに、経営者の評価基準が挙げられます。

 

人材を人財に育て上げるには、経営者自身が正しい人事評価の基準を持たなければなりません。

 

経営者の正しい評価基準を考えるうえで役にたつ、

 

戦国時代の一時代を築いた3人の武将がうたった「ホトトギスの詩」を紹介します。

 

・織田信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」

 

・豊臣秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」

 

・徳川家康「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

 

織田信長の合理主義、豊臣秀吉の楽観主義、徳川家康の保守主義、というそれぞれの個性がよく表現されています。

 

ひと昔前は、経営者のタイプをこの3人の武将に例えて分別する時代もありましたが、人材育成という観点でこの詩を眺めると経営者として少し物足りない面があります。

 

3人の詩を振り返ってみると「ホトトギスは鳴くものだ」というひとつの固定概念にとらわれた評価基準が結論を導いています。

 

経営者であれば、もう少し大きな度量を持って社員と接して欲しいものです。

 

これでは、先の例で示した明るいという天性の長所を持ってはいるものの少し能力が劣っている社員同様、鳴かないホトトギスは何れ外にはじかれてしまうかも知れません。

 

戦国時代から昭和の時代に下り経営の神さまと謳われた松下幸之助氏はホトトギスの詩を全く別次元の境地で歌い上げました。

 

・松下幸之助氏「鳴かぬならそれもまたよしホトトギス」

 

鳴かないホトトギスもホトトギスとして認めようという寛容さがにじみ出た詩です。

 

経営者に必要なのはこの寛容さです。

 

これが出来ないならダメ社員というレッテルを張るのではなく、これができないのであればこれはどうだろうかという寛容さが人財を育てます。

 

人材が人財に育つと、自ずと強い組織が形成されていきます。

 

 

中小企業の人材育成は「諦めの悪さも」大切なこと!

 

私が30代のころに50歳年上の80代の教育者にお会いした際に、その方は次のようなことを仰っていました。

 

「教育者は諦めが悪い人間でなければ務まらない」と。

 

 

経営者も同じです。

 

人材を人財に育てるには諦めない気持ち、根気強く辛抱する気持ちを持たなければなりません。

 

少なくとも多少能力が劣っていようとも会社の経営方針に従って誠実に仕事に取り組んでいる社員に対しては寛容さを持って接する必要があります。

 

会社の経営資源はヒトのほかにもお金やモノや情報など色々とありますが、ヒトはその中で最も伸びしろのある貴重な経営資源です。

 

そして、経営者の接し方ひとつで100の力が0にも1,000にもなる不思議な経営資源でもあります。

 

中小企業は有能な人材を簡単に集めることができません。

 

従って、人材育成を工夫しなければ強い組織を作ることは出来ません。

 

経営者はそのことを肝に銘じて社員と向き合う覚悟が必要です。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

初めての方へ
当サイトは中小企業の成長発展に役立つ経営ノウハウを公開している日本最大級の経営情報サイトです。失敗しない会社経営を実現するには確かな経営技術が必要です。中小企業専門経営コンサルタントの伊藤が長年の経験で培った経営ノウハウを厳選して掲載しております。
中小企業の社長の仕事とは?
企業経営において社長の仕事ほど重要なものはありません。なぜなら社長が本来すべき仕事を遂行している限り会社が衰退することはないからです。中小企業の社長がすべき仕事を解説しています。
経営とは何か?
経営とは何か考えたことはありますか?会社を経営するということは「会社経営を永遠に継続させる」ということです。会社経営を継続させるために必要なことは、たった一つです。それは「黒字経営」を続ける事です。
経営者とは何か?
経営者とは何か?考えたことがありますか?経営者とは、会社を経営する人、会社の代表者、つまり社長のことです。中小企業の場合、社長の能力がそのまま会社の業績に反映されるケースが殆どです。つまり、黒字経営も赤字経営も社長次第ということです。
経営ノウハウとは?
経営ノウハウとは会社の成長発展を支える経営技術であり、知的財産でもあります。経営ノウハウの蓄積量が多いほど、その会社の屋台骨は強化されていきます。会社の事業環境に適した経営ノウハウを独自に形成する方法を紹介しております。
会社の経営理念とは?
経営理念は、会社の強みであり、会社の成長を牽引する重要な要素でもあります。経営理念は社員や関係者と共有することで初めて効果を生み出します。そして、経営理念の「ある会社」と「ない会社」では、会社生存寿命に圧倒的な差が出ます。
経営判断に自信を持つ原則とは?
経営者のマインドとして必要なことは「経営判断に自信を持つこと」です。自信のない経営判断ほど怖いものはありません。では、経営判断に自信をつけるためには、どのような鍛え方がベストでしょうか?
中小企業の後継者が経営者になるには
会社経営の経験のない後継者にとって経営者のポストは未知の世界です。会社経験のない後継者にとって経営者のポストを目の前にして不安を抱く方も少なくありません。では、中小企業の後継者が経営者になるにはどのような準備と能力が必要なのでしょうか?
中小企業の黒字経営ノウハウ
会社は黒字経営を継続しない限り存続することはなく何れ倒産してしまいます。経営判断を誤る要因は様々ですが、黒字経営に浮上するきっかけがつかめないまま万年赤字経営という会社も少なくありません。普遍的に通用する黒字経営ノウハウを紹介しております。
利益を上げる方法|3つの法則
お金がある限り会社は潰れませんのでお金を生み出す利益はとても大切なものです。すぐに実践できる利益を上げる具体的方法を紹介しています。
会社の数字に強くなる方法
会社の経営者にとって数字に弱いというのは致命的な欠点となります。倒産の危機に陥る会社の経営者は総じて数字に弱いです。一方、会社を成長発展させている経営者は総じて数字に強いです。では一体、両社の差はどこにあるのでしょうか?
成功する経営者の条件|男と女、経営者に向いているのはどっち?
成功する経営者の条件とは?男と女、経営者に向いているのはどちらか?結論から言うと、どちらにも向いているといえます。但し、男と女は持っている資質に大きな違いがあります。大切なのは、会社経営を成功に導くために必要な資質を補う姿勢です。では、成功の条件とは?
中小企業の経営課題と解決のヒント
資本力が小さい中小企業は様々な経営課題を抱えております。頭を悩ませている経営者も多いと思いますが課題解決の糸口がつかめれば悩みが解消されることもあります。中小企業にありがちな代表的な経営課題と解決のヒントを紹介しています。
中小企業の経営改革|改革のステップと成功の秘訣
いつの時代も中小企業の経営は厳しい環境下におかれております。厳しい環境を生き抜き100年、1,000年と続く会社を作るには継続的な経営改革が欠かせません。中小企業の経営改革を成功させるには改革のステップを理解することが大切です。
赤字経営を黒字化する方法
赤字経営は不幸の始まりです。なぜなら、赤字経営の行きつく先は会社の倒産だからです。従って、経営者は赤字経営を決して容認してはいけません。赤字経営を黒字化する方法は簡単です。徹底してムダとロスを排除することです。
経営のコツ|景気とうまく付き合うコツ
経営理論だけで正しい判断を下せるほど会社経営は甘くありません。成功するには経営に失敗しないための「経営のコツ」を習得しなければなりません。身につけたい経営のコツを紹介しています。
成功する経営者の先行投資の考え方
成功したいと強く願っている経営者ほど先行投資に抵抗がありません。成功する為ならばお金も時間もどんどん使います。成功する経営者の先行投資の考え方を紹介しています。
中小企業が経営相談で業績を上げる方法
中小企業の業績は経営者の成長で決まります。経営者が自身の能力不足を自覚して経営相談を求めることはとても良いことです。経営相談をする前に理解すべき重要ポイントを紹介しています。
経営者が持つべき判断基準とは?
「経営判断の誤り」は、会社経営が行き詰る代表的な原因のひとつです。失敗しない会社経営を実現するには確固たる判断基準を経営者自身が持つ必要があります。果たして、その判断基準とは?
図解で簡単に分かる財務諸表の見方
経営者にとって財務諸表、なかでも貸借対照表と損益計算書の理解は必須といっても過言ではありません。図解で簡単に分かる財務諸表の見方を解説しています。
分かり易い減価償却の解説
中小企業経営者にとって減価償却ほどややこしく、分かりづらい会計制度はないのではないかと思います。減価償却の仕組みを分かり易く解説しています。
中小企業の資金繰りとは?
資金繰りとは会社の現預金の収入と支出の出納管理のことで、会社の安定経営を実現するうえで欠かせない重要な会計管理のひとつです。資金繰りの基本と重要性を紹介しています。
低価格路線や低価格戦略の末路
低価格路線や低価格戦略の末路は決して明るいものではありません。事実、中小企業の場合は低価格で経営に失敗するケースが少なくありません。価格で失敗しない経営の秘訣を紹介しています。
中小企業のIT戦略の基本
インターネットが経済に及ぼした影響は計り知れませんが、最も影響を与えた分野は「情報分野」ではないかと思います。情報を制するものは、経済を制するといわれております。中小企業がITを会社経営に活用する方法は無限にあります。
組織力強化のためにすべき社長の仕事
組織力の強化は社長自身が積極的に参加しないと成功しません。社長が積極的に社員と関わることが理想の組織作りの第一歩なのです。組織力強化に欠かせない社長がすべき仕事を紹介しています。
成功者の共通点と成功する人の12の法則
成功している社長の実例から、成功者の共通点と成功する人の12の法則を紹介しています。成功を勝ち取りたければ成功者の言動を真似ることです。
運を呼び込む逆転の発想法
ビジネスを成功に導くために必要な要素に「お金」、「人脈」、「情報」、「才能」、「努力」などがありますが、これらに劣らぬ大事な要素があります。それは「運(うん)」です。運はビジネスを成功に導くために必要な重要な要素です。
経営者の成功を支える六方心
経営者が成功するには、高い経営能力と優れた人徳を身につける必要があります。そして、高い経営能力と優れた人徳を身につけるためには六方心を持たなければなりません。六方心とは「前後左右」に加えて「上下」に対しても心して対峙する姿勢を表した言葉です。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ