成功する経営者の心がけ

経営者の成功を支える六方心

経営者の成功を支える六方心

 

中小企業の経営者が会社経営で成功するには、高い経営能力と優れた人徳を身につける必要があります。

 

そして、高い経営能力と優れた人徳を身につけるためには「六方心」を持たなければなりません。

 

六方心とは、「前後左右」に加えて「上下」に対しても心して対峙する姿勢を表した言葉です。

 

六方心を持って会社経営に向き合っている限り、大きな失敗を犯すことはなく、経営者の成功が見えてきます。

 

 

経営者の成功に欠かせない高い経営能力を身につけるには?

 

中小企業の経営者が高い経営能力を身につけるには「六方心の注意」が欠かせません。

 

例えば、会社経営において副社長以下の人間は、常に自分の決断をチェックしてくれる人間が後ろにいます。

 

従って、副社長以下の人間が誤った決断をしたとしても、正常な組織体制にあれば軌道修正が働き、会社全体が失敗に傾くことはありません。

 

一方、経営者である社長はどうでしょうか?

 

中小企業において社長の決断をチェックする人間はいません。

 

従って、社長が誤った決断を下してしまうと、会社全体が失敗に傾きます。

 

事実、わたしが過去に関わった会社再建先の中小企業は全て社長ひとりの経営能力不足で倒産の危機を迎えていました。

 

会社経営は先の見えないなかでの経営判断の連続で成り立っています。

 

どんなに有能な経営者であっても全ての経営判断を正しく下し続ける事は不可能です。

 

従って、経営者は前後に注意を払うだけでは物足りません。

 

さらに、前後に左右を加えて注意を払うだけでも物足りません。

 

やはり、六方心の姿勢のごとく、前後左右に上下を加えて、常に六方に注意を払う姿勢が必要です。

 

六方心の注意を怠ることなく経営を采配していれば、自ずと高い経営能力が身につきます。

 

 

六方心は経営能力向上のほか人徳形成にも役立つ!!

 

六方心は経営能力向上のほか、人徳形成にも役立ちます。

 

中小企業経営者の成功に欠かせない優れた人徳を身につけるために必要な心がけは「六方心の思いやり」です。

 

例えば、「自分だけ良ければすべて良い」という前提で物事を考える経営者には、優れた人徳は身につきません。

 

このような、

 

・自己中心(自分中心の考え方)

 

・自己独善(自分ひとりが正しい)

 

・自善他悪(自分が正しく相手が間違っている)

 

というような近視眼的な思考法は、優れた人徳形成を阻害する最たる要因です。

 

会社経営に関わる人間は数多にいます。

 

作る者、売る者、使う者、株主、社員、お客様、取引先、下請け、孫請け、家族、両親、子供、、、

 

挙げたらキリがありません。

 

経営者であれば、少なくとも正面の相手だけでなく、周囲を見渡して最低限六方の相手に心を配る思いやりが必要です。

 

例えば、会社の取引相手にとって都合の悪い事実が少しでも含まれていれば、その取引は何れ破綻を迎える可能性が高いです。

 

長期的、且つ安定的な取引を求めるのであれば、六方心の姿勢で関係者全員の立場になって相手を思いやる姿勢が大切です。

 

下の図は、坂の下と上に立つ、立場の違いを表したものです。

 

 

同じ坂でも、下に立てば「上り坂」、上に立てば「下り坂」です。

 

立場の違いで見解が変わる良い例です。

 

先の述べた通り、中小企業の経営者は会社のトップとして、様々な人と対峙しています。

 

社員や取引先、お客様、、、

 

相手の立場の身になって考えられる六方心の思いやりが身についている経営者に対しては、社員や取引先はストレスなく会社に協力してくれるでしょうし、お客様も快く商品やサービスを購入してくれるでしょう。

 

一方、自分の立場でしか考えられない自己中心的な経営者に対しては、社員や取引先はストレスを抱え、お客様も商品やサービスを通じて嫌な気持ちになることがあるかも知れません。

 

相手の立場に立つことは簡単そうで、簡単ではありません。

 

例えば、人間の長所と短所は、相手の受け取り方ひとつで、その性質が逆転することがあります。

 

気の利く性格の人に対して、「あの人は気が利く」とプラスに思う人と、「あの人はお節介だ」とマイナスに思う人がいます。

 

相手の立場に立つというのは、相手の気持ちをどこまで理解できるかということです。

 

経営者であれば、過去に自分の言動で相手を傷つけたり、取引先と揉めたりしたことが少なからずあると思います。

 

そのたびに、相手の立場に立っていれば、、、という反省をした経験もお持ちかと思います。

 

 

考えていてもなかなかうまくいかないのが「相手の立場に立つ」ということです。こればかりは、経験と体験で体得するしかありません。

 

また、相手の立場に立つということは、相手の目線に合わせるということでもあります。

 

従って、意見の相違、性格の相違を受け入れる度量を持つことも大切です。

 

六方心の思いやりは、経営者の人徳形成を後押しする優れた姿勢です。

 

すでに高い経営能力が身についている中小企業経営者に、優れた人徳が身につけば鬼に金棒です。

 

➡NEXT「経営者が抑えるべき会社経営で大切なこと」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ