中小企業の経営理念とは?

会社の経営理念とは何か?

会社の経営理念とは

 

会社の経営理念は、中小企業の成長発展を牽引する重要な要素です。

 

例えば、「あなたの会社の経営理念は何ですか?」と、問いかけられて瞬時に答えられる中小企業経営者は素晴らしいと思います。

 

なぜなら会社の経営理念=会社の強み、だからです。

 

常日頃から会社の経営理念を頭で考えて行動している中小企業経営者であれば答えに窮することはないと思いますが、曖昧な返答になる経営者も少なくないのではないでしょうか?

 

事実、中小企業において、経営理念が明確に定まっていない会社は少なくありません。

 

また、経営者自身が日々の経営(仕事)に追われて、自身の会社の経営理念を深く考えていない中小企業、或いは、商品やサービスの客観的評価を疎かにして、そもそも会社の強み(会社の経営理念)が理解できていない中小企業経営者の方も稀にいます。

 

会社の強みを表す明確な経営理念は、会社を成長に導く源になります。

 

会社に経営理念を掲げることは、経営者の重要な仕事なのです。

 

 

会社の経営理念は思ってるだけでは役に立たない!?

 

会社の経営理念は社員に伝わるように掲げなければ、会社の成長発展に貢献しないことがあります。

 

例えば、中小企業の経営者が思い描く会社の経営理念は十人十色、たくさんあると思います。

 

・「たくさん雇用をして社会貢献したい」

 

・「たくさん納税して国のために貢献したい」

 

・「代々続いた優れた技術や商品を継承したい」

 

・「売上や店舗数を拡大して大きな会社に育てたい」

 

・「たくさん利益を出して社員の報酬水準を高めたい」

 

等々、、、

 

さらに具体的な例として、

 

・「世界的企業に部品を供給する」

 

・「機械に負けない職人技を守り続ける」

 

・「無農薬野菜を一般家庭に直接届ける」

 

・「薬剤に頼らない美容サービスを提供する」

 

等々、、、

 

どれも素晴らしいと思います。

 

但し、会社の経営理念は、経営者が思い描いているだけでは何の役にもたちません。

 

なぜなら、経営者が思い描いているだけの会社の経営理念は、社員はもちろん、取引先やお客様にも一切伝わることがないからです。

 

 

会社の経営理念は全員で共有することで効果が生まれる!!

 

会社の経営理念は関係者全員で共有することで効果が生まれます。

 

残念ながら多くの中小企業において、立派な会社の経営理念や得意分野を持っているにも拘わらず、経営者と社員の間で共有されていないケースが多々あります。

 

例えば、立派な会社の経営理念が社長の胸のうちにしまい込んであったり、或いは、社長自身が気づいていないために会社の経営理念が明文化されていなかったり、何れにしても、せっかくの会社の強みである経営理念が、経営者と社員の間で共有されていないケースは少なくありません。

 

会社の経営理念が不明だと社員は何を基準に判断し、何を拠り所に仕事をして良いのか理解できません。

 

また、会社の強みと弱みが把握できないため、開発すべき新商品や販路開拓の方向性も不明瞭となります。

 

うちの会社は”コレ”という強みを表す経営理念を社員と共有してこそ、より効率的に会社の強みが発揮されるようになるのです。

 

会社の経営理念を関係者全員で共有することの重要性は、ここにあります。

 

会社の経営理念は、

 

・明文化すること

 

・関係者と共有すること

 

この2点が大切なポイントになります。

 

 

会社の経営理念があると会社の生存寿命が伸びる!?

 

中小企業において、経営理念の「ある会社」と「ない会社」では、会社の生存寿命に圧倒的な差が出ます。

 

なぜなら、明確な会社の経営理念は、会社がより良い方向に向かって行くために必要不可欠な重要な要素だからです。

 

また、会社の経営理念は、具体的であればあるほど迫力を増し、一層効果が高まります。

 

例えば、大企業の多くは経営理念を掲げておりますが、殆どが抽象的な表現ばかりです。

 

大企業に不祥事が絶えない背景には、経営理念が抽象的すぎるという側面があると思います。

 

従って、経営理念を掲げる際は、なるべく具体的な表現を意識した方が良いです。

 

会社の経営理念は具体的であればあるほど、長期経営を支える貴重な経営資源になるのです。

 

 

会社の経営理念は安定経営を支える!!

 

会社の経営理念など掲げなくても、社長が会社にいれば問題ないと考える中小企業経営者もいるかも知れませんが、

 

・社長が交代したら?

 

・社長が病気で休養したら?

 

事情は様々ですが、経営理念が掲げられていない会社は、社長が会社から離れた途端に経営判断にブレが生じ、せっかくの会社の強みが弱体化することがあります。

 

一度会社の強みが弱体化してしまったら、たちまち競争力が低下し会社の業績は容易に傾いてしまいます。

 

資本力の乏しい中小企業であれば、なおさらです。

 

会社の経営理念は会社の強みであると同時に会社の経営を支える重要な経営資源でもあるのです。

 

重要な経営資源である会社の経営理念を守り続けることができれば、自ずと安定経営の礎が築かれていきます。

 

➡NEXT「経営判断に自信を持つ原則とは?」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ