中小企業の経営ノウハウ情報サイト

「失敗しない会社経営マニュアル」を一部公開!!

「失敗しない会社経営マニュアル」の一部内容を特別に公開しています。是非、ご覧ください。

 

 

 

はじめに

 

中小企業の経営者が考えなければならないことは多岐に亘ります。

 

 

安定経営、業績拡大、資金調達、資金繰り、投資拡大、組織掌握、人材育成など、挙げたらキリがありません。いずれにしても、会社を成長発展させるには優れた経営技術が必要です。

 

しかし、過去に私が接してきた多くの中小企業の経営者は、「今より会社を発展させたい、けれどもどこから手をつけていいか分からない」、あるいは、「様々な手は尽くしているが効果を実感できない」など、皆、漠然とした不安を抱えていました。

 

なぜ不安が漠然としているかというと、会社経営をする上で核となる「経営思考法」と「管理会計」が経営者に身についていないからです。

 

この2つが経営者に備われば、会社の現状に対して何をしなければならないのかが明確になり、会社の成長発展の土台が整います。逆に言えば、他のことをしていてもムダになるだけなのです。

 

2つといっても、本来、一朝一夕では身につかないほどの膨大な知識と経験を要すことは想像に難くないでしょう。

 

しかし、悩める会社の業績は、経営者に十分な時間を与えてくれるはずもありません。

 

そこで本教材は、その膨大な経営技術を“たった一日で誰でも習得・実用”出来るように構築しました。シンプルかつ分かり易く、“簿記や会計の知識も不要”です。

 

 

しかも、私が実際に経営指導企業にのみ提供してきた“学びながら実践できる独自のノウハウ”ですので、“効果は実証済み”です。

 

コンサルティング費用のわずか数十分の一で、「失敗しない会社経営」に必要なノウハウが身につくというわけです。

 

御社の経営力の向上にご活用頂ければ幸いです。

 

ビジネスコンサルティング・ジャパン株式会社

 

代表取締役社長 伊藤敏克

 

 

目次

 

1.潰れる会社の法則

 

2.経営思考法

 

  a.バックキャスティングとフォアキャスティングの思考法

 

  b.正しいギャップ認識と経営課題

 

3.管理会計

 

  a.経営者の数字能力=会社の業績

 

  b.会社経営の必須技術“管理会計”

 

  c.経営者を強くする3つの管理会計ツール

 

4.経営者を強くする3つの管理会計ツールを作ってみる

 

  a.連続BS表(作り方と表サンプル)

 

  b.連続PL表(作り方と表サンプル)

 

  c.決算推移表(作り方と表サンプル)

 

5.会社経営の成功法は正攻法!!!

 

  a.3つの管理会計ツールの本当の効果

 

  b.会社経営の正攻法サイクルをマスターする

 

6.会社の経営力を更に引き上げる方法

 

7.特典

 

  a.無料個別面談の申込方法

 

8.付録

 

  a.経営指標一覧表

 

  b.管理会計ツールの表サンプル

 

  c.管理会計ツールのエクセルデータダウンロード手順

 

 

 

1.潰れる会社の法則(一部公開)

 

会社がつぶれる原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。

 

 

なぜ現状課題を見落とすかというと会社のお金が回っているとそれなりの状態で会社経営が続いてしまうからです。

 

銀行借入、身銭の補てん等々、回らなくなった会社のお金をどうにか作ったとしても、それは一時的な回避策にしかなりません。多くの場合、お金を回すことばかりに気を取られて、本来考えなければならない「お金が回らなくなってしまった」という現状課題を見過ごしてしまいがちです。

 

これはギリギリの少ない利益で回している会社も同様のことが言えます。更なる黒字の拡大、或いは赤字から黒字への挽回ができないどころか、もっと悪い方へ転がる可能性の方が高くなります。

 

もう一つ、つぶれる会社に共通していえることは「とても儲かった時代があった」ということです。

 

・儲かっている会社は大抵、他人の忠告に耳を貸しません。

 

・また、自らの劣っている点を見直す謙虚さも薄らぎます。

 

・お金の不安もありませんので会社の数字も軽視するようになります。

 

この油断が「現状課題の見落とし」の温床になります。

 

会社の業績が横ばい傾向に転じた瞬間を見逃した時点から会社の経営状態はみるみる悪化の一途を辿ります。

 

そして、会社のお金が回っているという漠然とした安心感を担保に経営課題を見落とし続けると何れ会社はつぶれます。

 

つぶれるまでの期間が1年、或いは10年かも知れませんが結末は同じです。

 

生活習慣病である癌は10年の潜伏期間を経て自覚症状が出てくると聞きますが、会社も同様です。

 

危機に陥ってからあたふたするよりも、日頃から現状課題を見て問題が小さいうちに対処できていれば、倒産の危機に陥ることはなく健全な経営状態でいられるというものです。

 

優れた経営資源を持っていても倒産の危機に瀕する会社は沢山あります。優秀な社員、優れた技術やサービス、、、。如何に優れた経営資源を持っていたとしても経営課題を見落とし続けてしまっては会社に明るい未来はやってきません。

 

事実、過去に再建に関わった会社の殆どは優れた経営資源を持っていながら経営課題を見落とし続けた末に倒産の危機に瀕していました。

 

 

日頃から小さな経営課題を発掘し経営改善を継続するには経営の核となる「経営の思考法」と「管理会計」を身につける必要があります。

 

順を追って、核心に迫っていきたいと思います。

 

-続きは本教材へ-

 

 

会社経営の必須技術”管理会計”(一部公開)

 

ここまで、経営者に必要な思考法と数字に強くあるべき、ということをお話してきましたが、それらの重要性はもう十分お分かり頂けたと思います。ここからは具体的に何をしていくのかというお話をしましょう。

 

まず抑えるべき内容は「管理会計」です。

 

管理会計は四則演算(加減乗除・+-×÷)の世界なので、簿記や会計の知識がゼロであっても習得することができます。即日活用でき極めて手軽ですが、とても重要なツールです。

 

私は経験上、「管理会計の導入無くして会社の発展はない」とまで思っています。けれども意外とその導入率は低く、それは中小企業の経営状況と相関関係にあるようです。

 

(赤字率:国税庁調べ 管理会計導入率:自社調べ)

 

 

約7割の赤字企業の中には、高い技術やサービスなど他に誇れる強みをもった会社もあるでしょう。けれども、1つの強みだけで簡単に生き残れるほど現実は甘くありません。

 

強みを活かす術が必要ですし、弱みを放置することでせっかくの強みを台無しにしているかも知れません。

 

また、「うちには会社の強みなんか無いから赤字経営からは抜け出せない」と嘆く経営者がいますが、やるべきことは弱みを潰していくことからです。ある日突然、天から会社の強みが降ってくることは無いのですから。

 

管理会計は会社のデータを数字化し詳しく解析できるので、現状認識と未来予測の精度を飛躍的に高める働きがあります。つまり、会社の弱みが何で、どの程度なのかが解り、その改善課題や指標をより具体的に作りやすくなるということです。

 

もう一つの管理会計の長所は、どんなに複雑で多種多様な構成の会社の数字でもデータ化出来る、というところにもあります。

 

当然ながら、会社の数字(売上・経費・利益など)は毎月同じではありません。

 

社内の部門、商品によっても違うでしょうし、業界特性、季節変動、特需要因、取引先の都合などが複雑に絡み合っていますので、バラツキがあって当たり前、そしてデータは膨大です。

 

 

管理会計はそれらのバラツキのあるビッグデータを一元管理し、有効なデータに変換します。会社の全体像を把握するうえで、経営者には欠かせないツールなのです。

 

そして、管理会計から出される正しい現状を正しく認識し、正しい未来予測をする。その繰り返しこそが、会社の成長発展を後押しする正攻法スパイラルへの第一歩といえるでしょう。

 

-続きは本教材へ-

 

 

経営者を強くする3つの管理会計ツール(一部公開)

 

これから紹介する経営者を強くする管理会計ツールは、私が実際に経営指導企業にのみ提供してきた独自ツールで効果は実証済みです。この3つの管理会計ツールさえ導入していれば会社が誤った方向にいくリスクを格段に抑えることができます。

 

 

 

 

経営者を強くする3つの管理会計ツール「機能と効果」

 

連続BS表

連続PL表

決算推移表

根拠資料

月次B/S

月次P/L

決算書(B/S・P/L)

集計頻度

月1回

月1回

年1回

集計範囲

資産集計

損益集計

決算集計

診断機能

適正診断

適正診断と未来予測

適正診断

目標/課題

安全性

収益性

安全性と収益性

 

-続きは本教材へ-

 

 

本教材は「すぐに経営に活かせる」優れた教材です。

 

本教材は、わたしの経営コンサルティング技術の肝となる部分をギュッと凝縮した内容となっています。

 

 

経営を正しく采配するうえで欠かせない「経営思考法」と、正しい経営采配の根拠を生み出す「管理会計」の2つの経営技術を、わずか1日で習得できるよう分かりやすく構築しました。

 

経営者を強くする3つの管理会計ツールは、実際の会社の数字を使って作成していきますので、あっという間に会社の経営状態が浮き彫りになります。

 

しかも、会社の月次資料や決算書などから数字を拾って記入するだけで完成しますので、簿記や会計の知識は不要です。

 

実際に頭と手を使うテキストスタイルのなので、音声や動画では身につかない経営技術がしっかり身につきます。

 

非常にリーズナブルな価格での提供となっています。

 

すぐに経営に活かせるお薦めの教材です。

 

 


 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ