経営者の成功に欠かせない条件とは?

経営者とは何か?

経営者とは何か?

 

経営者とは何か?

 

考えたことがあるだろうか?

 

経営者は、会社の頂点に君臨している。

 

副社長以下は自分の決断を委ねる相手がいるが、経営者は意思決定の最後の砦であり、全て自分の責任で決断しなければならない。

 

そう考えると、「経営者=意思決定の最高責任者」という表現が最もしっくりくる。

 

会社の最高責任者である経営者は、会社の業績を他人事にできない唯一無二の立場にいる。

 

さらに、会社の業績は経営者の意思決定の連続で決まっていくので、業績に対する経営者の責任は非常に重いものになる。

 

また、トップダウン構造にある多くの中小企業は、会社の業績が経営者の能力に比例する。

 

つまり、経営者の能力次第で業績が決まってしまうのだ。

 

言い換えれば、黒字経営も赤字経営も経営者次第ということである。

 

当然ながら、黒字経営は幸せを呼ぶが、赤字経営は不幸を呼ぶ。

 

経営者が関係者全員の幸せを叶えるには、会社の最高責任者という自覚を胸に、自分の使命に向かって全力を注ぐ覚悟が欠かせない。

 

 

経営者が会社の命運を握っている!?

 

経営者の使命は、黒字経営を持続し、なお且つ、利益を拡大し続けるところにある。

 

万が一、経営者の使命を忘れて赤字経営に転落してしまうと、行きつく先は会社の倒産である。

 

当然ながら、会社が倒産すると、関係者全員が一瞬で不幸になる。

 

会社の業績は経営者の能力に比例するので、次のような論理も成り立つ。

 

▶従業員の幸も不幸も経営者次第

 

▶関係者の幸も不幸も経営者次第

 

▶取引先の幸も不幸も経営者次第

 

家族や従業員に進んで不幸を運びたいと思っている経営者はいないと思うが、中小企業の実に70%(※1)が赤字経営に陥っているといわれている。

 

下表は中小企業の黒字経営に必須の管理会計(※2)導入率と赤字経営の比率を表したグラフである。

 

 

ご覧の通り、70%以上の中小企業が赤字経営に苦しんでいる。

 

なぜ、こんなにも赤字経営が多いのだろうか?

 

赤字経営の理由はさまざまあるが、中小企業においては「勘と経験に頼った行き当たりバッタリの経営に陥っている」という状況がもっとも多い理由として考えられる。

 

なかには、勘と経験だけで会社経営に成功している経営者もいるが、そうした才能を持っている経営者は100人や1,000人にひとりといった世界だ。

 

例えると、100m走か10,000m走か分らずにスタートを切っても一等賞をとれるような才能の持ち主である。

 

こんな才能を持ち合わせている経営者は、そうそういない。

 

勘や経験に確かな根拠を与える情報の代表例は「会社の数字」である。

 

会社の数字の理解が深まれば深まるほど、間違いなく経営者の経営力は向上する。

 

事実、会社経営で成功している経営者は数字に強い。

 

経営者にとって、儲からない赤字経営は苦痛以外の何物でもない。

 

しかし、ひとたび会社が儲かり始めると、会社経営の楽しさはどんどん広がっていく。

 

中小企業は経営者ひとりが強くなれば、業績が伸びる。

 

そのためには、経営者の最低限の務めとして、会社の数字を深く理解することが欠かせないのだ。

 

※1:国税庁が2014年3月に発表した「平成24年度分法人企業の実態」で、赤字法人は調査法人全体(約254万社)の70.3%となっている

 

※2:管理会計とは会社経理部や会計事務所(税理士事務所)が作成する決算書の数値を有益な情報に変換、管理、運用し経営力を高める会計手法のことである

 

 

経営者の本当の姿とは?

 

成長発展を目指す経営者は、関係者全員の幸せを一心に背負う覚悟が必要になる。

 

関係者全員を幸せにするには、黒字経営を持続し、なお且つ、利益を拡大し続けなければならない。

 

但し、注意も必要だ。

 

それは、利益を拡大するうえで、世間に迷惑をかけるような経営判断は極力避けるということだ。

 

法律の範囲内なら何でもOKという考え方は、会社の成長発展を目指す経営者の考え方ではない。

 

法律に頼らずとも正しい経営ができるような倫理観を持つことが何よりも大切なのだ。

 

また、しっかりとした倫理観を保つには、周囲に流されない胆力と精神力も欠かせない。

 

そればかりではない。

 

経営者は孤独とも戦わなければいけない。

 

社内はもちろん、家族であっても経営者の気持ちは理解できないものだ。

 

そもそも、経営者の立場にたっていないのだから、他者に経営者の気持ちは理解できない。

 

会社の最高責任者として全責任を背負い、孤独な立場に立たされる、、、

 

それが経営者の本当の姿である。

 

➡NEXT「経営ノウハウとは何か?」へ

 

 

 

おススメ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料経営相談