経営コンサルが教える生産性向上策(1)

中小企業の経営者を支える経営ノウハウ情報局

会社の人時生産性を上げる10の方法(組織編)

会社の人時生産性を上げる10の方法(組織編)

 

中小企業の組織力と収益性を測定する経営指標として「人時生産性」があるが、この経営指標を有効活用している経営者は多くない。

 

じつは、中小企業は組織力の強弱で業績が決まるといって良いほど、社員の働き方が業績に直結する。

 

当然ながら、業績の良い中小企業は強い組織力で効率よく収益を上げる体制が出来上がっていて、さらに、現状に満足することなく、組織力を高める努力も継続されている。

 

人時生産性は、それらの努力の成果を測定することのできる経営指標なので、是非とも有効活用してほしいと思う。

 

⇒⇒おすすめ記事「人時生産性の計算方法と向上方法」はこちら

 

さて、会社の人時生産性を上げるには、最小の人員で最大の利益を生み出す体制づくりが欠かせない。

 

早速、すぐに活用できる会社の人時生産性を上げる10の方法(組織編)を解説していきたい。

 

 

少数精鋭体制を作る

 

中小企業は余裕を持った人員採用ができない。また、高い水準での人材教育も難しい。

 

こうした経営状況において人時生産性を上げるには、個の能力を磨いて少数精鋭の体制を作り上げなければならない。

 

少数精鋭体制は、すべての社員が、すべての仕事を高いレベルで遂行する能力がなければならない、というものではない。

 

仕事の領域を細分化していき、「この仕事ならこの社員に任せておけば安心」というレベルの仕事力を、一人ひとりの社員に身につけさせることができれば、自ずと個の能力が高まり、組織全体の力が、グッと上がる。

 

少数精鋭体制は、ひとりの精鋭社員が休むと会社の人時生産性が一気に低下してしまうという弱点があるが、社長自身がその社員をカバーする能力を身につけておけば、さほど人時生産性を下げることなく、一時しのぎができる。

 

何れにしろ、資本力の乏しい中小企業が大企業や競合他社との競争に打ち勝つには、少数精鋭体制を築き上げ、人時生産性を極限まで高める努力を継続しなければならない。

 

 

モチベーションを上げる

 

社員のモチベーションが上がると、人時生産性が上がる。

 

なぜなら、社員がいきいき働き始めると、仕事の質が、待ちの仕事から攻めの仕事に変わってくるからだ。

 

当然ながら、攻めの仕事はムダとロスが少なく、人時生産性が高いものになる。

 

中小企業で働く社員のモチベーションを上げる方法は難しくない。経営者と社員の関係性が良好であれば、社員は高いモチベーションを持続する。

 

経営者と社員が良好な関係性を築くためのコミュニケーションは、経営者の社員に対する時折りの労いや声掛け、差し入れなどで十分に効果が出る。

 

 

指示待ち人間を解消する

 

指示待ち人間とは、自らの意思が薄弱で、他人からの指示がないと動けないタイプの人のことである。

 

社員の自主性を尊重しすぎるのも問題だが、ある程度、指示がなくても仕事が遂行できる能力が社員に備わっていなければ人時生産性は上がらない。

 

なぜなら、指示を待つ社員と指示をする社員の間にタイムラグ(関連する二つの事の間に生ずる時間的なズレ)が発生すればするほど、人時生産性が低下していくからだ。

 

何といっても、指示を待つ時間は人時生産性をマイナスに引っ張る要素になる。

 

指示待ち人間の社員に自主性と自信を持たせるには、チェック体制と報連相(報告・連絡・相談)の徹底が不可欠である。

 

中小企業においては、仕事のチェック体制と報連相の環境作りは経営者の仕事だ。

 

 

社員の特性を活かす

 

人間には必ず一長一短がある。

 

そして、長所は伸びるが、短所は直らない、若しくは、酷くなるというのが自然の摂理である。

 

また、仕事においても、得手不得手というのが必ずある。

 

人時生産性を上げるには、社員の長所と得意分野を活かしきる適材適所が出来ているか否かが重要なポイントになる。

 

社員の特性を理解し、社員の特性を活かしきる適材適所は、少数精鋭体制の構築やモチベーションの向上、指示待ち人間の解消にも繋がる、人時生産性を高める有効な対策だ。

 

 

問題社員を排除する

 

中小企業に問題社員が現れると加速度的に人時生産性が低下していく。

 

なぜなら、中小企業のような小さな組織で問題社員がひとり現れると、癌細胞のごとく、他の社員へ悪い影響が伝染していくからだ。

 

経営者の説得(教育)や配置転換などの更生機会を与えたにも関わらず更生の兆しがない問題社員に対しては、社労士の先生に相談のうえ「解雇」などの対策をとって速やかに排除するのが得策だ。

 

➡NEXT「会社の人時生産性を上げる10の方法(収益編)」へ

 

 

 

無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」

 

本書は実務に活かせる労働生産性の改善手法に焦点を絞っていますが、実は様々な経営改善に応用できる経営ノウハウ書でもあります。小さな改善も継続すれば大きな改善に繋がり、会社に多大な利益をもたらします。確実に入手されることをお薦めします。

 

⇒⇒無料PDF「強い会社がやっている労働生産性を改善する30の法則」をダウンロードする

 

 

おススメ記事

 

 

 

 

 



 


人気記事ランキング
中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きる。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長している。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。
中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができる。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。
経営の専門家の立場から会社の業績が悪化する三大原因と共に、業績悪化を防ぐ実践的対策を事例を交えて分かり易く徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退
トップへ戻る