経営診断の異常値の見つけ方を徹底解説

中小企業の経営診断/異常値の見つけ方

中小企業の経営診断/異常値の見つけ方

 

中小企業の経営診断で発覚した異常値を見逃すと、大きな失敗に繋がることがあります。

 

とはいっても、会社の異常値を的確に見つけ出すスキルは誰しも持っているわけではありません。

 

また、会社には人間のように感情がありません。

 

例えば、人間には感情がありますので、痛い、熱い、辛い等々、感情で身体の状態を感知し、更には、痛い、熱い、辛い等々の体調の異変を、声に出して第三者に伝えることもできます。

 

一方、会社には感情がありませんので、自分の状態を感知する能力も自分の異常を第三者へ伝える能力も備わっていません。

 

会社の異常は、誰が感知しなければ、一生、表面化することはないのです。

 

会社の異常を感知する役目は経営者の仕事です。

 

当然ながら、会社が、痛い、熱い、辛い等の状況に陥っていても、経営者が感知せず、無視を続けていれば、会社は不健康になるばかりです。

 

経営者が日頃から会社を労り、会社の感情を感知する存在にならなければ、会社の健康は保てないのです。

 

それでは一体、会社の異常値を感知するには、どのような点に目を配っていれば良いのでしょか?

 

 

会社の異常値は全て「数字」にあり

 

経営者が会社の感情を感知する存在になるには、双方の意思疎通を図る共通言語が必要です。

 

会社と経営者の共通言語は、世界にひとつだけ、「数字」です。

 

会社と経営者が意思疎通するうえでの共通言語は数字しかありません。

 

こればかりは、世界共通です。

 

例えば、利益がマイナス、或いは、現金残高が枯渇気味に陥っていれば、会社は生死の境をさまようことになります。

 

この場合、経営者が数字を理解し、会社の異常を感知することができれば、生死の境から脱却することができます。

 

一方、経営者が数字を理解することができなければ、そのまま会社は死んでしまうかも知れません。

 

このように、共通言語である数字の理解度によって、会社経営の安定性が大きく変わってきます。

 

会社にとって、数字を理解しない経営者は、無慈悲な経営者ともいえます。

 

 

経営診断は継続性が重要

 

会社の異常値を感知するには、会社の数字の継続把握が欠かせません。

 

なぜなら、会社の数字を継続的に把握していなければ、異常を感知することも、異常に状況に応じて処方することも、適切に行うことができないからです。

 

従って、会社の異常値を感知するうえで最も重要なのは、経営診断の継続性です。

 

異常値を見つけ出すための出発地点である数値の継続把握の精度が高ければ、異常の感知能力も高まり、会社経営の安定性も自ずと高まります。

 

数値の継続把握の精度を高めるには、より高度な経営診断を実現する管理会計の導入が欠かせません。

 

何より、中小企業の適正指標は会社によって十人十色です。自分の会社に適した経営指標を見つけるには、画一的な経営診断では物足りません。

 

財務諸表のほか、顧客毎の収益データ、動向データを詳細分析し、有益な経営データに変換する管理会計の導入が必須なのです。

 

なお、自社に適した管理会計を構築するには、採用データとデータ分析の工夫が必要です。

 

そのためには、財務諸表のデータだけでなく、その他の経営データ(顧客毎の収益・動向等)など、拾える項目は全て広いあげて、データ化してみることが大切です。

 

例えば、顧客毎の売上と売上総利益の推移、来店客数の推移は、全体の売上に連動しています。また、売掛金や支払手形の推移は、現金残高(資金繰り)に連動しています。

 

全体の業績に関連している数値の把握度合いが高まれば高まるほど、会社の感情量が増加し、経営者の異常感知能力も高まります。

 

中小企業は、経営者が数字に強くなればなるほど、会社経営の安定性が高まります。

 

経営者にとって、英語やフランス語等の語学能力よりも、会社と経営者の共通言語である数字を理解する能力を磨く方がよっぽど重要です。

 

たとえ数字に弱い経営者であっても、数字に強い参謀役を側において、感覚的にでも数字を理解しようとする姿勢があれば、立派な経営者といえます。

 

一番重要なのは、何が大切かを理解することです。

 

➡NEXT「経営診断の効果を上げる経営目標」へ

 






 


人気記事ランキング


中小企業が衰退する原因は「現状課題の見落とし」に尽きます。逆に会社の現状課題に真剣に向き合っている中小企業は間違いなく成長しています。成長と衰退を分かつ重要ポイントを徹底解説しています。

中小企業の倒産原因である経営課題の見落としは、経営の成功を支える「経営の思考法」でカバーすることができます。中小企業経営者が身につけるべき思考法を事例を交えて徹底解説しています。

会社経営の正しい経営サイクルを理解し定着させている中小企業経営者は少なくありません。経営者がマスターすべき経営サイクルを実例を交えながら分かりやすく徹底解説しています。

⇒人気記事ランキングをもっと見る


トップページに戻る


経営カテゴリ一覧に戻る


経営カテゴリ:会社経営税務節税会計財務法務法律人事組織銀行融資資金繰り売上拡大利益拡大生産性改善経営管理経営戦略投資戦略管理会計財務分析経営診断倒産衰退

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 無料相談・お問合せ