経営診断のススメ|中小企業の経営診断の重要性

中小企業の経営診断とは?

中小企業の経営診断とは?

 

会社の健康状態を診ることを、「経営診断」といいます。

 

人間の身体と同じように、会社も定期的に健康状態を診断することで業績悪化という名の病気を予防することができます。

 

業績悪化が進行して赤字経営という自覚症状が出てからの治療(会社再建)は、経営者にも社員にも大きな痛みを伴います。

 

更に赤字経営という自覚症状を放置して、末期症状(債務超過等の倒産状態)まで業績悪化が進行してしまうと、会社生存の可能性は極めて低くなってしまいます。

 

 

経営診断は黒字経営であっても効果がある!!

 

経営診断は、過去・現在・未来の会社の経営課題を浮き彫りにします。

 

従って、経営診断は、黒字経営であっても様々な効果をもたらします。

 

例えば、黒字経営の段階で経営診断を行い、事前に赤字経営のリスクを摘み取ることができれば、大きな痛みを伴うことなく良好な経営状態を維持することが可能となります。

 

万が一、赤字経営の小さなリスクが見つかったとしても、それを除去するための的確な経営改善を事前に講じることができます。

 

更に、会社の強みを伸ばしたり、会社の弱味を改善したり、会社の成長発展に欠かせない経営改善を効果的に行うこともできます。

 

従って、会社の経営診断は安定経営に欠かせない大切な要素のひとつといっても過言ではありません。

 

中小企業の経営診断の主な手法と目的をご紹介いたします。

 

 

資産状況の経営診断

 

資産状況の経営診断は、「貸借対照表」を用いて分析します。

 

支払能力、自己資本、資本効率、安全性等を分析し、会社の経営基盤が盤石か否かを判定します。診断結果と適正指標を照合することで改善点と改善目標が明確になります。

 

また、資産査定(デューデリジェンス)を併せて行うことで、会社の真の資産状況(本当の体力)を把握することが可能となります。

 

 

損益状況の経営診断

 

損益状況の経営診断は、「損益計算書」を用いて分析します。

 

成長性、収益性、売上収縮、利益水準、経費バランス等を分析し、会社の収益体質が盤石か否かを判定します。診断結果と適正指標を照合することで改善点と改善目標が明確になります。

 

 

資金繰りの経営診断

 

資金繰りの経営診断は、「貸借対照表」と「損益計算書」を用いて分析します。

 

1年先までの資金繰りを予測し、資金の過不足を判定します。資金に余裕があれば投資計画の検討ができます。逆に、資金に不足があれば、事前に資金の調達計画を検討することが可能となります。

 

 

内部の経営診断

 

内部診断は、会社の内部状態を社員面談を通じて分析します。

 

会社の強みや付加価値の発掘、会社の深刻な問題点、経営者の能力評価、役職者や社員の能力評価等の情報収集を行い、経営体制、組織体制、管理体制が盤石か否かを判定します。

 

会社の成長原資(付加価値)が見つかれば、そこに経営資源を集中して更なる成長を狙うことが可能となります。会社の深刻な問題点や経営者等の問題点が見つかった場合は、問題点を是正するべく経営改善の手を事前に講ずることが可能となります。

 

なお、社員面談は第三者機関に依頼するしかありません。

 

なぜなら、一般社員は、経営者や経営幹部に対して、会社の強みや小さな問題点は意見できても、深刻な問題点や経営者の欠点、経営幹部の能力評価等々、経営批判に繋がる意見はできないからです。

 

 

経営診断の適正なペースは?

 

資産、損益、資金繰り、内部診断の他にも、会社経営に影響を及ぼす、経営方針(戦略・戦術含む)の適性診断、株主構成の適正診断、不正会計の調査等々の経営診断も重要です。

 

・資産、損益、資金繰りの経営診断は毎月ペース

 

・内部診断は3年~5年に1回のペース

 

で行うのが良いでしょう。

 

経営診断は会社の健康状態を計る目的のほか、客観的な会社評価の側面もあります。

 

定期的に経営診断を行うことが望ましいですが、毎回経営診断を外注していたらコスト高になってしまいます。

 

従って、経営者自身が正しい経営自己診断能力を身につけてることが大切です。そして、経営者自身で会社を自己診断し、自身の経営能力を省みることも、時には必要です。

 

足元を見つめる謙虚さがあれば、経営能力は益々磨かれます。

 

 

<<前の記事  次の記事>>

 

 

 

おすすめ記事

 


 


 


 




 


人気記事ランキングTOP3


社長!!その〇〇、大丈夫ですか?例えば、売上、利益、計画、見通し、お金、投資、人事、など等、経営の落とし穴は至るところに潜んでいます。経営者必見の失敗しない会社経営のノウハウをたっぷり紹介しています。

巷の書店などに出かけると様々な経営書が並んでいることに驚きます。中小企業の会社経営をする上で、すべてを鵜呑みにして受け入れることが出来るか否か?答えはノーです。その理由とは?

経営と数字は切っても切れない関係にあります。数字に強い経営者がどのようにして会社の数字を捉え、会社の数字を経営に活かしているか事例を交えて紹介しています。

人気記事ランキングをもっとみる⇒⇒

関連ページ

中小企業の清算貸借対照表/簡易資産査定
会社の資産査定の評価は清算貸借対照表で把握することが可能です。会社の体力を示す真の純資産を把握することもできます。清算貸借対照表の作成要領と共に結果判定のチェックポイントを紹介しています。
経営診断で分かる資産状況の問題点
資産状況を経営診断する場合は「貸借対照表」を用いて分析します。資産状況を診断すると、資本効率、支払能力、安全性等の項目についての適正度合いの判定ができます。失敗しない会社経営を支える診断方法と診断結果の判定方法を照会しています。
経営診断で分かる損益状況の問題点
損益状況を経営診断する場合は「損益計算書」を用いて分析します。損益状況を診断すると、成長性、収益性、経費水準等の項目についての適正度合いの判定ができます。失敗しない会社経営を支える診断方法と診断結果の判定方法を照会しています。
経営診断の前に理解すべき経営目標
経営診断の効果を効率よく会社の成長に結びつけるには正しい経営目標が必要です。経営目標がなければせっかくの経営改善努力は無駄となります。効率よく会社を成長に導くために必要な経営目標の一例を紹介しています。
中小企業の成長性分析と経営診断方法
中小企業の成長性を計る経営診断は長期的な会社経営を目指すうえで重要な診断となります。中小企業の成長性分析には「売上成長率」と「企業の果実」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の安全性分析と経営診断方法
中小企業の安全性を計る経営診断は安定経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の安全性分析には「自己資本比率」と「当座比率」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の労働生産性分析と経営診断方法
中小企業の労働生産性を計る経営診断は効率的な会社経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の労働生産性分析には「労働分配率」と「1人1時間当たりの付加価値」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の収益性分析と経営診断方法
中小企業の収益性を計る経営診断は長期的な安定経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の収益性分析には「売上総利益高営業利益率」と「付加価値金額」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業の経営リスク分析と経営診断方法
中小企業の経営リスクを計る経営診断は安定経営を実現するうえで重要な診断となります。中小企業の経営リスク分析には「売上総利益高経費率」と「1社あたりの売上占有率」の2つの経営指標を使います。夫々の計算方法と判定基準を分かりやすく紹介しています。
中小企業を成長させる管理会計のススメ
管理会計とは会社の数字を有益な情報に変換、管理、運用し、企業の経営力を高める会計手法のことです。管理会計は危機管理面でも優れた効果を発揮します。管理会計の概要と共に様々な導入メリットを紹介しています。
中小企業の経営診断/秘訣と効果
中小企業の経営診断の本来の目的と効果を理解しないと十分に効果を活かせないことがあります。そして、経営診断の効果を活かすには秘訣があります。経営診断の主な秘訣と効果を紹介しています。
中小企業の経営診断/異常値の見つけ方
会社と経営者が意思疎通するうえでの共通言語は世界共通、数字しかありません。従って、会社の異常値は数字で感知するしかありません。異常な数字を感知する秘訣と効果を分かりやすく紹介しています。

 
トップページ 全記事一覧 無料PDF冊子 無料経営講座 お問い合せ